So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は「復活祭(イースター)」 [季節の行事]

13887.jpgイースターとは、キリストが死後3日目にして甦ったことを記念し、春の自然の甦りを祝うお祭りです。復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして、盛大に祝うのです。ウサギも見られますね。イースターの日取りは、325年の第1ニカイア公会議で「春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定。しかしこれでは、時差の関係で春分の日が場所によって異なり、イースターの日付も異なってしまう為、春分を3月21日に固定して計算されているそうです。 それで今年は4月16日となりました。

日本では、まだ今一つ認知度が低い『復活祭』。
英語ではイースター(Easter)、フランス語ではパック(Pâques)と呼ばれます。
近年、イースター商戦に力を入れる百貨店や菓子メーカーが出てきているなどイースターはクリスマスやバレンタインデー、ハロウィンに続く第4のイベントとして注目を集めているそうですが、定着するかどうかは未知数だそうです。
ですが昨年よりも今年の方が「イースター」の文言をよく耳にします。
卵探し(エッグハント)のイベントを親子を対象に各地で催されているようですしね。
私は子供のころTVアニメで見たトムとジェリーで、ヒヨコちゃんが濁声で「イースターおめでとう!」と言うフレーズが今も鮮明に思い出せます。卵にカラフルな装飾をすることに憧れを抱いたものでした。日本のアニメを見て育った世界中の子供達が日本のカルチャーに興味を持つ事と一緒でしょうね。

殆どの日本人はキリスト教徒ではないのですが~(^^;
宗教はさて置き「春の自然の甦りを祝う」ことは万国共通だと思います。
兎に卵、ふんわりカワイイ物が好きな日本人には商機があるのかもしれません!
来年は今年以上に「イースター」が活発にプッシュされているかも?!ですよ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る