So-net無料ブログ作成

お化けだぞ~♪ [お菓子]

12852.jpg12853.jpg
ハロウィン関連の市場規模は、バレンタインを抜いてクリスマスに次ぐ2位だそうです。私も色々買ってるわ~。あ、コスプレは買っていませんよ(笑)
今回購入したのは、可愛いオバケのパッケージに入ったお菓子。中は綿菓子なんです。丸められた様子は、まさしく「綿」でした。こんなのよく手芸店で買ってたな~!
童心に帰り、ムシャムシャ頬張って頂きました。・・・甘~~い(><)
ふわふわ感は足りませんでしたが、美味しく頂戴しました。
地域によって呼び方に違いがあるそうで、西日本は「綿菓子」、東日本は「綿飴」だそうです。Cotton Candyなのだから綿飴が直訳ですね。私は「綿菓子」って言ってました。
縁日で買うのが憧れで(笑)大人になってからも買ったりしてましたね(^^;
自宅用の簡易綿菓子機を買おうと思ったり!?今でも悩んでます。
原宿辺りでは、最近では大きくカラフルな色の綿菓子が流行していますよね。
ちょっと恥ずかしいけど、買いに行きたい自分がいます~(;´Д`)

今日は「ハロウィン」 [季節の行事]

12815.jpg10月31日は、万聖節(11月1日)の前夜祭「ハロウィン」です。キリスト教のお祭りのように思われがちですが、本来のハロウィンは西ヨーロッパ古代のペイガニズムに基づく死者の祭り及び収穫祭、とりわけケルト人の行うサウィン祭に由来するとされています。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で盛大に行われ、今日イメージするハロウィンの習俗は19世紀後半以降アメリカの大衆文化として広まったものです。
近年の日本では、バレンタインを追い抜き、クリスマスに次ぐ経済効果があるそうです。米国などでは、あくまでも31日がメイン行事であるにも関わらず、日本では10月に入るとハロウィン商品が店先に並び、週末は関連行事が目白押しですものね(笑)
そして「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと悪戯するぞ)」と子供達がお菓子をねだって近所を回る米国と違い、大人の仮装パーティーと化しています。渋谷では遂に歩行者天国になってしまったそうですね。
他者に迷惑を掛けない範囲なら「アリ」だとは思いますが・・・
さて、このブーム一過性なのか?日本独自の文化に発展して行くのか?どうでしょう?でも経済規模が大きいとなると、経済界、マスコミも一体となって盛り上げブームを作って行くのでしょうね。次のターゲットは何かなぁ?
日本のハロウィンが「大人の仮装パーティー」なら、普段ストレスの溜まっているおじさま方、こっそり変装プレイせずに、この日だけは特別に大手を降って外を歩いてみてはいかが?それはまだハードル高いかな?(^^;

初うさぎカフェ [鑑賞]

いつもカメラの勉強会は、SONYの体験会を利用していました。そこで撮った作品は、専用のサイトを利用して全国の参加者と話題を共有しています。
その中で共通の趣味を持った人は夫々サークルを立ち上げ活動もしています。
最近そんなサークルの一つに入る機会に恵まれ「うさぎカフェ」オフ会に参加しました。
12817.jpg12818.jpg
12821.jpg12822.jpg
12823.jpg12824.jpg
12825.jpg12826.jpg
うさぎって、結構素早く動き回ります。数匹はスペース内を自由に動き回り、ゲージに入っているウサギは扉を開けてお触り、写真撮影のみOKです。ゲージ内のウサギは比較的大人しいです。触っても嫌がりません。
12827.jpg12828.jpg
右の写真は今時流行りの「ドリル」写真です(笑)柴犬の『柴ドリル』が有名ですね。偶然撮れたものですが、見事に頭がドリル化していました。
12819.jpg12820.jpg
12829.jpg12830.jpg
12831.jpg12832.jpg
「お尻」特集。バニーガールの衣装そのままのポンポンうさぎ尻尾でした。
12833.jpg12834.jpg
12835.jpg12836.jpg
12837.jpg12838.jpg
色んな種類のウサギちゃんが居ます。家に帰って画像を見た夫が、「耳が立って白くて赤い目の兎が居ない」と呟きました。小学生の時に飼育小屋で飼っていたような白兎は、もはやペットとしては存在しないのでしょうね?垂れ耳、立ってても小さな耳の兎が多いように思います。体も小さく大人でも1kg前後とか。
12839.jpg12840.jpg
12841.jpg12842.jpg
可愛い~~♪顔をゴシゴシするウサギさん。でもボケています(笑)
12843.jpg12844.jpg
12845.jpg12846.jpg
ウサギさんは、くっついて団子になるのが好きみたい。動き回るのは素早いし、抱っこも嫌がるのでナデナデが限度ですが、モフモフが団子になって見ていて癒されます。
12847.jpg12848.jpg
何故か私のズボンをガジガジ齧る。洗濯したばかりでしたが何か臭うのでしょうか?手もね、差し出すと齧られちゃったのよ。それがまた可愛くて、もう好きにして~状態(笑)
12816.jpg1ドリンク付きだったので、ウィンナーコーヒーを選びました。ウサギ撮影用にハイキー設定にしていたので、ちょっと白飛びの珈琲になっています。
ウサギと触れ合えるスペースでは、ウサちゃんのウ●チがぽろぽろ落ちているので、踏んでも大丈夫なようにサンダルが用意されています。
また行きたくなった、うさぎカフェ体験でした。

栗ひよ子 [お菓子]

夫の出張のお土産に「ひよ子」を買ってきてもらいました(笑)
先の東京オリンピックの時に東京に進出し、すっかり「東京土産」の顔となっていますが、元々は福岡のお菓子です。
12811.jpg12812.jpg
12813.jpg12814.jpg
子供の頃は、頭から食べるか?お尻から食べるか?鯛焼きと同様の論争が起こっていました。私はお尻からガブリ(笑)
今回久しぶりに食べた「ひよ子」は、秋限定・福岡限定の栗味です。
熊本産の和栗と香川県産の和三盆糖仕上げだそうです。だからなのか?昔食べた印象より、餡の甘さがマイルドでした。中に黒い粒が入っていたのでツンツン取りだしたのですが・・・栞に「渋皮の一部で食べても問題ない」と、ちゃんと明記されていました。
今回たまたま真っ二つに切り分けたので発見しましたが、普段ガブリと齧るので昨今話題の虫が混入していたとしても分からずに食べてしまったことでしょう(笑)
久しぶりに食べたひよ子は、栗味を抜きにしても美味しかったです。
春には桜味も出ていたような?また春の出張時にリクエストしたいと思います。

ラデュレの10月のマカロン [ラデュレ]

▼マカロンボックス “シャ・キャラメル“ 税込 2,959円 (本体 2,740円)
12795.jpg12796.jpg
久しぶりにラデュレのマカロンBOXを購入しました。
ネコノミクスに貢献してしまいました(笑)中身は好きなマカロンを6個選べます。しかしラデュレのマカロン自体久しぶりだったので、つい欲張って購入してしまいました。箱に入らない分は、無料の簡易箱に入れて頂きました。
▼ハロウィン プラリネ・ショコラ ・オ・レ
12797.jpg12894.jpg
ヘーゼルナッツのミルクプラリネ入りのマカロン
ヘーゼルナッツの風味が香る美味しいマカロンでした。
▼トンカ
12798.jpg12895.jpg
ヴァニラとアーモンドのような香りのトンカ豆のクリーム入りのマカロン
以前トンカ豆を使ったクリームを食べたことはあったのですが、それとはまた違った印象の味でした。なかなか馴染みの無い風味なので新鮮です。
▼コニャック
12799.jpg12896.jpg
コニャック風味のクリーム入りのマカロン
「アルコールが入っています」と注意されたのですが、大丈夫酔いませんでした。ちょっとビターな大人の味でした。
▼ブロンド・サラダ ヴァニーユ・フレーズ
12800.jpg12897.jpg
イチゴとバニラ風味のクリーム入りのマカロン
イタリア人の人気ブロガー、キアラ・フェラーニとのコラボレーションにより、 彼女のファッションブログ「The Blonde Salad」からインスピレーションを得た限定マカロン。
あまりイチゴの風味は感じなかったのですが、味自体は美味しかったです。
▼マロン
12801.jpg12898.jpg
マロン風味のクリーム入りのマカロン
こちらも「アルコール使用」と注意されました。しか~し酔っても構わない!と言うほど美味しかったです。マロンコンフィが入っているのあな?もちろん酔いませんでしたよ。
▼レグリス
12802.jpg12899.jpg
甘草(カンゾウ)の甘い香りのクリーム入りのマカロン
知らない所で使われているそうですが、普段あまり耳にしない「甘草」。色は黒いマカロンコックですが、優しい感じの甘さです。
▼テ・マリーアントワネット
12803.jpg12900.jpg
ラデュレを代表する紅茶、テ・マリー・アントワネットが香るクリーム入りのマカロン。
ちょっと色はドッキリするブルーですが、味は美味しいです。
▼ピスタッシュ
12804.jpg12901.jpg
ピスタチオ風味のクリーム入りのマカロン。
ピスタチオの風味が濃厚で美味しいです。
▼ヴァニーユ
12805.jpg12902.jpg
マダガスカル産バニラが香るクリーム入りのマカロン。
バニラの香りが鼻孔をくすぐる美味しさです。

「薨去」という言葉 [日常]

12810.jpg本日、三笠宮様がお亡くなりになりました。御年100歳。ご冥福をお祈り申し上げます。
夕方点けたTVで知ったのですが、その夕方~夜まで見た各局ニュースの中では、殆どが「逝去」と言う言葉を使っていた中に「薨去(こうきょ)」を使っていたものがありました。天皇陛下に対しては「崩御」と言う言葉は知っていたものの、「薨去」は聞いた覚えが無く(過去に聞いていたとしても忘れていた)調べてみました(^^;
すべて「死ぬという言葉の尊敬語」ですが、相手により異なります。
『逝去』亡くなった方を敬う言い方。身内には使わない。
『崩御』天皇、皇后、皇太后、太皇太后の場合だけに使用。天皇だけとの見方も?
『薨御』皇太子、皇族の大臣などに使用。
『薨去』皇太子妃、 親王、親王妃の場合に使用。
最近、「陛下」「殿下」などの敬称も「さま」で統一したかのように報道される事が多いので疑問に思っていました。そっか~あの局(もしかしたらその番組だけ?)は敬意を払って相応しい尊敬語を使っていたのね。他は分かりやすい言葉に直していたのかもしれないけど、せっかく使える言葉があるのだから使って欲しかったな~と思ったのでした。
いえ、まぁ、言葉より、やっぱり悼む気持ちが一番大事だとは思います。
激動の時代を生きてこられた宮様、安らかにお眠りください。

バタフライピー [飲料]

12806.jpg12807.jpg
12808.jpg12809.jpg
皆様、「バタフライピー」と言うハーブをご存知でしょうか?
私はつい最近知りました(^^;
ブルーマロウの別名?と思ったのですが、別物らしいのです。
レモン果汁などの酸性を加えると、色が変化するのは同様のようです。
ブルーマロウより青味が深いように感じるのですが?比較してないので何とも言えません。味はクセも無く飲みやすいですが少々臭うかな?あまり気にならない程度ですが。
タイでは有名なハーブだそうです。アントシアニンが含まれているので目やアンチエイジングに効くとの触れ込みで、最近日本でも脚光を浴びているそうです。
私としては効能より、青い色が素晴らしい~(*´∀`)
お菓子作りでブルーを出すには着色料かブルーハワイなどを使っていたのですが、コレだったら簡単に綺麗なブルーが出せるので便利!来年はブルーゼリーやシャーベットをいっぱい作っちゃうぞ!(笑)

ハーゲンダッツの「バニラクッキーラズベリー」 [ハーゲンダッツ&アイス]

12770.jpg10月18日にハーゲンダッツより発売された「バニラクッキーラズベリー」。
『コクのあるバニラアイスクリームに、甘酸っぱいラズベリーソースを混ぜ合わせ、ほろ苦いチョコレートクッキーを散りばめました。様々な味わいや食感が楽しめる、食べ応えのあるおいしさです。』開発者の拘りとして『2013年、2014年に発売してご好評を頂きましたミニカップバニラクッキーラズベリー。3つの味わい、食感、華やかな彩りが織りなす、ひとさじで “3度しあわせ“ なあのおいしさを、今年も是非お楽しみください。』 ~HPより
何だか見たことあるな~?と思ったら、2年前にも発売されていたのですね。
私の苦手なクッキー入りなのですが、最近あまりフニャッとしていません(笑)企業努力なのか?私の好みが変わってきたのでしょうか?(笑)甘酸っぱいラズベリーソースは美味しいですね。しかし私だったら、先に紹介した「メープルカスタードクッキー」の方をリピートするかな?

※成分※
無脂乳固形分:7.0%
乳脂肪分:12.5%
卵脂肪分:0.8%
果汁・果肉:5.0%
※原材料※
クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、ラズベリーソース、チョコレートクッキー、卵黄、香料、安定剤(ペクチン)、植物レシチン(大豆由来)、(原材料の一部に小麦粉、卵白を含む)
※エネルギー・栄養成分※
容量:110ml
エネルギー:254kcal
たんぱく質:3.9g
脂質:15.4g
炭水化物:24.9g
ナトリウム:57~93mg
カルシウム:94mg

くらづくり最中「福蔵」 [お菓子]

12778.jpg12779.jpg
12780.jpg先日頂きものをしました。最中です。
『北海道十勝産の小豆を丹念に炊き込んだ自家製小倉餡に佐賀県産ひよく米でつきあげた「福餅」を入れて最上級の最中皮で包み込んだ調和のとれた極上の最中で蔵の街・川越を代表する銘菓です。』と栞に紹介されていました。かなり大きめの最中で、ずっしり重く食べ応えがあります。甘ったるくなく後味もスッキリしています。久しぶりに最中を食べましたが美味しいです~♪御馳走様でした。
川越はまだ行った事がないのですが、素敵な街並みだとか。
いつか行ってみたいですね。

今日は「霜降」 [季節の行事]

11385.jpg今日は二十四節季の一つ「霜降」です。
この頃から「一雨一度」といわれるように、雨が降るごとに気温が一度下がると言われています。日中は暖かさを感じますが、朝夕は肌寒くなりましたね。空気も乾燥しているせいか少々喉が痛いです(^^;
風邪もひきやすくなる時期なので、今から注意しておきたいですね。
霜降から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼びます。もうそんな時期なのですねぇ。昨年は26日でした。今年は何時吹くでしょうか?

やっと夏服を片付け秋冬物を出しました。
長期予報では、10月末までは少々暖かく11月前半は寒い。後半は例年並み。と言っていましたが、どうなんでしょうかね?秋が長く続いてくれないかな~(*´∀`)
メッセージを送る