So-net無料ブログ作成
検索選択

カヌレ型 [雑貨]

13903.jpg以前カヌレの本を紹介しました。
お菓子作りを始めた頃は全然カヌレに興味が無く、作るどころか食べることもあまりしませんでした。道具収集が大好きな私なのに、カヌレの型は欲しいとも思わなかったのです。ところが近年になって突然カヌレが気になるようになりまして(笑)型を買おうかどうしようか1年くらいず~~っと悩んでいました。
そうする内にカヌレの本まで出てしまい今回やっと型を購入しました。
本を買ってから随分と間が空きましたけど(^^;
型は銅製。トールサイズで通常サイズより背が高めになっています。
この型を使うと市販品のように高さのあるお洒落なカヌレが出来るのだそうです。
まだ作っていませんが、ぜひ作ってみたいと思います。
外はカリッと、中はふんわり。出来るかな~(*´∀`)

マドレーヌ型 [雑貨]

13899.jpg13900.jpg
先にマドレーヌのレシピ本を紹介しました。
以前持っていたマドレーヌ型はホタテ型だったので、新たにシェル型を購入しました。
当時はシェル型はつまらない、ホタテ型の方がお洒落で可愛い!と思っていたのです。
今はどちらも可愛いと思えるようになりました。年齢のせいですかねぇ~(^^;
このマドレーヌ型は、出来ればCHIYODAの物が欲しかったのですが人気商品で手に入らず他社さんのものです。「型離れが良い」とされているので期待しています。
ダメ元でCHIYODAの型は抽選に申し込んでいますがいつ入手出来るでしょうかね?
とりあえずプレーンのマドレーヌから作ってみたいと思います。

クリーム入りのマドレーヌ、ケーキみたいなフィナンシェ [本の紹介]

13575.jpg●クリーム入りのマドレーヌ、ケーキみたいなフィナンシェ
・菖本幸子 著
・主婦と生活社
・80ページ
・1400円(税別)

著者は菓子研究家、フードコーディネーターの菖本幸子さん。
昨年末リニューアルしたピエール・エルメの青山店で頂いたコンフィチュール入りのマドレーヌが忘れられず、この本を見つけて速攻で購入しました(笑)

※パリのマドレーヌとフィナンシェ
※材料について
※道具について
基本のマドレーヌ
※風味を変える
チョコレート
キャラメル
抹茶
アールグレイ
パンデピス風
※くだものを加える
ばらとラズベリー
オレンジのココナッツ風味
ゆず
※コンフィチュールを入れる
ミルクジャム入り
アプリコットのジャム入り
ラズベリーのジャム入り
※リキッドを入れる
はちみつ入りのバニラ風味
タイム風味のキャラメル入り
黒蜜入りの抹茶風味
※クリームを入れる
レモンクリーム入り
グレープフルーツクリーム入り
マロンクリーム入り
※ガナッシュ入れる
ガナッシュ入り
コーヒーのガナッシュ入り
ホワイトチョコのガナッシュ入り
※サレ(塩味)にする
トマトとオリーブ
ベーコンと玉ねぎ
マッシュルームとくるみ
カレー
チーズ
基本のフィナンシェ
※風味を変える
チョコレート
アッサム
※くだものを加える
いちじく
ベリー
りんご
※ナッツを加える
ピスタチオ
ナッツとメープル
※くだものフィナンシェ・デセール
いちごとミックスベリーのマリネ
マンゴーとクリームチーズ
いちじくとマロンクリーム
いちごとピスタチオ
※チョコレートのフィナンシェ・デセール
アーモンドとミルクチョコのクリーム
洋梨とバニラのアイスクリーム
チョコミント
オレンジのマリネとホワイトチョコのクリーム
※スパイスとハーブのフィナンシェ・デセール
キャラメルのジンジャー風味
バナナのソテーとスパイスのきいたチョコクリーム
※大人のフィナンシェ・デセール
ティラミス風味
抹茶とグリオットのキルシュ風味
※フィナンシェ・サレ
ベーコンとグリル野菜
サーモン
玉ねぎとクミン
かぼちゃとコーン
ジェノベーゼ
ラタトゥイユ風

クリーム入りは今パリで流行りなのだそうです。
先にも書いた様に、以前食べたコンフィユールたっぷりのエルメのマドレーヌのようなものが作れるのか?と期待したのですが、ちょっと違いました。ま、大きさが違うので仕方ないのでしょうね(^^;
マドレーヌ・サレについては、見栄えがちょっと良く無く違う型の方がよさそうです。
フィナンシェは、デセールに仕上げるアイディアなどとても良いです。こちらのサレは生地の砂糖を減らしておりちょっと作ってみたいかも!と思いました。
基本のマドレーヌ、フィナンシェは詳しく説明されています。各レシピについては見開き1ページに完成画像もう1ページに作り方。又は1ページに完成画像と作り方が併記されています。お菓子作りを始めたら、クッキーの次に進むのがこのマドレーヌとフィナンシェの2種ではないでしょうか?基本の味に飽きた方にも参考になると思います。
興味を持たれた方は、本屋さんでご覧ください。

エニスモアガーデンのパウンドケーキ [本の紹介]

13675.jpg●エニスモアガーデンのパウンドケーキ
・エニスモアガーデン 著
・文化出版局
・84ページ
・1400円+税

代官山にあるパウンドケーキ専門店エニスモアガーデンのレシピ本です。ベーキングパウダーを使っていないのが特徴です。

※基本のパウンドケーキ
※ボトムの作り方と敷き方
※基本の材料と道具
※「エニスモアガーデン」の誕生秘話
【具を混ぜる】
バナナ
ドライフルーツ
りんご
ラムレーズン
アップルジンジャー
いちじく
レモン
黒豆
トマトバジル
オニオン
にんじん
抹茶かのこ
キャラメルコーヒー
黒糖ほうじ茶
アールグレイ
クルミ
メープルピーカン
黒糖ピーナッツ
白ごまみそ
クランベリーチーズ
ブルーチーズ
チョコスパイス
【具をはさむ】
レモンンクリーム
チーズ
トマト

和栗
【ペーズトを混ぜる】
黒ごま
さつまいも
かぼちゃ
カカオ
クランベリーチョコ
※お店では急速冷凍します!
※この本で使う具・トッピング
※パウンドケーキは手みやげにぴったり!

初めて買いに行った日、迷子になって辿り着けなかった思い出があります(笑)
さて、ベーキングパウダーを使用していないので皆様がイメージする盛り上がった山形のパウンドケーキとは違うと思いますが、生地はしっとりで美味しいです。
この本は家庭で再現出来るようにアレンジされた内容になっているそうです。
内容は、基本となるプレーンの作り方は写真を多用し丁寧に解説されています。
各レシピは、断面を見せた完成画像が数ページ続き、次いでその作り方各1ページずつ文章のみで記載されています。基本が分かればさほど難しくはないので初心者の方でも大丈夫だと思います。
山形の見栄えの良いパウンドケーキを希望される方には向きませんが、ベーキングパウダーは使用したくないわ!と添加物不使用のお菓子作りを希望される方にはお勧めです。
興味を持たれた方は本屋さんでご覧ください。

FLOWER SWEETS~エディブルフラワーで作る大人のスイーツ [本の紹介]

13673.jpg●FLOWER SWEETS
 エディブルフラワーで作る大人のスイーツ
・袴田尚弥 著
・誠文堂新光社
・96ページ
・1400円+税

本屋でこの表紙を見て心惹かれました!中もお洒落なスタイリングです。著者の袴田尚弥さんは食のトータルプロデュースを手掛けられ、雑誌や広告を中心に御活躍です。

※はじめに
PART1:GIFT
ひまわりとクルミのパウンドケーキ
ナデシコとシロツメクサ、ラベンダーはちみつのブルーベリーマーブルケーキ
キクとディルのスコーン
ラベンダーとパッションフルーツのレアチーズケーキ
フラワーキャンディー
バラとラベンダーとラズベリーのホワイトトフィー
バナナとココナッツ、ナデシコの焼きドーナッツ4種
ドライローズのグラノーラバー
四つ葉のクローバー、ココナッツ風味のアーモンドクッキー
バラとりんごのジャム、チェリーのストロイゼルクーヘン
フラワーソルトのチーズクッキー
ルバーブとベリー、フラワーシュガーの型なしタルト
バラとベリーのピンクマシュマロ
※ギフトラッピングアイディア
PART2:TEA TIME & DESSERT
紅茶マフィン カラフル
カモミールとカレンデュラのパンナコッタ
ひと口ぷるるん花ゼリー
桃のデザートスープとフレッシュミントのアイス
アップルロゼとココナッツのムース
レモンクリームのハワイアンブランチのパンケーキ
バラとラズベリーのジャムとクリスタルシュガーフラワーのフォンダンショコラ
桜の抹茶どら焼き 白あんクリームと黒あんクリーム
センティッドジュエルとりんごのコブラー マスカルポーネ添え
オレンジとマリーゴールド、カレンデュラのひと口パイ
いちじくとぶどうのコンポート
6種のフラワーカルピス アイスキャンディー
エディブルフラワードリンク
 自家製フラワーグリーンティー&ブラックティーミックス
 自家製ローズ&フルーツティー
 キクとジャスミンティー
2種のジュレドリンク
ラベンダー&ベリーコンポートのジュレ
ローズとラベンダーのジュレ
グレープフルーツのフラワーマルガリータ
※エディブルフラワースイーツ Q&A
PART3:ANNIVERSARY
フラワーデコレーションケーキ
いちじくと赤ワインのローズチョコボール
いちごとラズベリーのピンクカシスケーキ
いちごと白バラのパブロバ
ビオラとハイビスカスの実のチョコレートクグロフ
ジンジャークッキーオーナメント
3種のバラジャム
 バラのジャム
 バラとりんごのジャム
 バラとラズベリーのジャム
※花図鑑
※エディブルフラワー Q&A
※エディブルフラワーファームを訪ねて
※おわりに

中身もとってもスタイリッシュなデザインです。
エディブルフラワーは使ってみたいけど、近所には置いて無く探すのが大変。
最近ネットで購入することも出来ると知りました。今度お取り寄せしてみようかな。
各レシピは見開きの1ページに完成画像、もう1ページに作り方が記載されています。
ポイントとなる部分には小さな画像も添えて解説されていますが基本文章中心です。
どれも難しい手順のお菓子ではないので初心者さんでも大丈夫だと思いますが、寧ろこの本の肝はスタイリッシュな演出。エディブルフラワーを如何にお洒落に飾り付けるかだと思います。なので『基本のお菓子作りは出来るけど、お洒落にアレンジしたい』と言う方に見て頂きたいです。写真集のような美しいお菓子たちは必見です!
興味を持たれた方は、本屋さんでご覧ください。

ロッテのジェラートマイスター「とちおとめ」 [ハーゲンダッツ&アイス]

3月20日に発売されたロッテのジェラートマイスター「とちおとめ」の紹介です。
13853.jpg国際ジェラートコンテスト入賞者が手がける、舌触り滑らかな、 素材を活かした、本格ジェラートです。果汁原料は全て国産とちおとめであり、素材の味わいを引き出した口あたりなめらかなジェラートに仕上げました。練るとなめらかになり、より美味しく楽しめる本格ジェラートです。

イチゴの風味が鼻をくすぐる美味しい苺ジェラートでした。
ジェラートだけど乳製品は少しも入っていませんからね。
本当によく作っていると思います。添加物は見なかったことにしよう(^^;

種類別:氷菓
原材料名:いちご果汁、砂糖、粉あめ、いちご果肉、異性化液糖、レモン果汁、植物油脂/安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(野菜色素、紅花黄)、乳化剤
いちご果汁・果肉30%含有
内容量:120ml
エネルギー:126kcal
たんぱく質:0.3g
脂質:0.5g
炭水化物:30.2g
食塩相当量:0.003mg

京菓子司・紫野源水の『桜の有平糖』 [お菓子]

13856.jpg13857.jpg
13858.jpg13859.jpg
13862.jpg京菓子司 紫野源水の『桜の有平糖』を購入しました。毎年3月中旬頃に三越の「菓遊庵」で販売されます。 1箱に花6輪と葉2枚が入っています。
栞には『茶席の菓子としてなくてはならない菓子となっている有平糖は、飴とは異なって南蛮菓子として渡来した、砂糖菓子』と解説されています。
とても繊細で撮影後は湿気でベトベトしていました。
本物の桜同様、美しさは一瞬のようです。
桜が咲いたら並べてみたのだけど・・・出来るかな?

ソニーの「αcafeオフ会」新宿御苑でさくら撮影会 -2017(1) [お稽古]

今日はSONYサークルのオフ会に参加しました。いつもお世話になっている講師の方々と一緒に新宿御苑で桜の撮影会、その後ランチもご一緒出来ました。
13715.jpg13716.jpg
園内の染井吉野はまだ蕾でしたが、早咲きの陽光、大島桜など既に満開でした。
13717.jpg13718.jpg
13719.jpg13720.jpg
青空や濃いピンクの陽光を背景に白い大島桜を撮る練習。高価なレンズだと背景が蕩ける様にボケるそうですが。ま~高いレンズは腕を磨いてから。買う余裕も無いし(笑)
13721.jpg13722.jpg
13723.jpg13724.jpg
メジロちゃんと初遭遇しました。 横浜緋桜?陽光?だったかな?濃いピンクに鶯色のメジロちゃんが何匹も花の蜜を吸いに来ていました。もうテンションMAX!桜を撮りに来たのにメジロ撮りに替わっていましたよ(笑)
でも暫くするとヒヨドリが来てメジロちゃんは逃げてしまいました。
連写機能を使わずに、ま~よく撮れたわ!ビギナーズラックですね(*´∀`)b
13725.jpg13726.jpg
13727.jpg13728.jpg
13729.jpg13730.jpg
陽光。染井吉野に比べると色が濃く、とってもキュート!逆光で花弁が透けてとっても綺麗なのです。望遠レンズでマクロレンズの様にアップで撮りました。
風に揺れてピントが定まらず苦労しました(><)
vivid仕様で撮っていましたが、最後はエアリーに変えて。う~ん難しい!
撮影の後は皆さんとランチへ。大人数だったので全員とのおしゃべりは出来ませんでしたが同テーブルの方々とは女子会のように楽しく過ごす事が出来ました。
機会を与えてくださったサークル関係者様ありがとうございました。
桜はまだこれから。毎年腕を上げたいと思います。

白い桜餅 [お菓子]

先日緑色の桜餅を紹介しましたが、今度も白色の桜餅を口福堂さんで見つけました。
店舗が違うからなのか?ここでは白とピンクの2色が販売されていました。
13695.jpg13696.jpg
餡は白餡とのこと。白い道明寺(お値段からすると糯米かもしれない)に桜の塩漬けが映えて可愛らしいです。味はもちろん美味しかったですよ。白餡って少し黄味がかったものが多いのですがでした。断面も白で美しい!
13693.jpg13694.jpg
一般的な関西風の桜餅です。道明寺粉を使うので道明寺とも言われたりします。道明寺粉は高いので廉価版として糯米が使われる場合もあります。食べ比べると違うけど一方だけ食べると分からないかも~(^^;安くて美味しければOK!
九州では関西風がスタンダード。町の小さな和菓子屋さんにも並びます。
子供の頃は、桜の香りが嫌だったりもしましたが今では葉まで食べる好きようです。

ラ・パティスリー・デ・レーヴのケーキ再び! [お菓子]

久しぶりに新宿駅ナカ(NEWoMan)のラ・パティスリー・デ・レーヴへ行きました。春らしいフレジエもありましたが、以前気になったものを購入してしまいました(^^;
13686.jpg13687.jpg
▼スリーズ
13688.jpg13689.jpg
りんごの形にも見えますが名前がスリーズ(サクランボ)なのでサクランボでしょう。中はグリオットが入りフォレノワールのような感じでした。表面のチョコレート?のコーティングがパリパリで硬く食べ辛かった以外は味も美味しかったです。ヘタの部分は差し直し跡が!(笑)
▼リモンタ・マロン
13690.jpg13691.jpg
モンブランは別にあったので、わざわざ別にマロンの名を付けたお菓子が気になりました。中身が想像出来なかったので、お店の方に尋ねると「マロンクリームが入っています」との返答。一応マロンが名前に付いているので、それは分かっていたのだけど~。
食べると甘~いカチカチのメレンゲの外にマロン風味の甘い~いバタークリームの層でコーティングされていました。表現は悪いのですが「ゲロ甘」と言う言葉がピッタリ。砂糖の塊を食べているかのように只々甘くて、もう罰ゲームのようでした。コレ絶対日本人にウケないと思う・・・こんなことならモンブランにしておけば良かった(><)
次にここのケーキを買って同様に失敗したら、足が遠のいちゃうかな~(;´Д`)
メッセージを送る