So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

ピエール・エルメのクッキングセミナー「イスパハン」 [お稽古・お菓子]

◆Cooking Seminar “Ispahan”
14074.jpg5月23日19:00~開催された、ピエール・エルメのクッキングセミナーに参加しました。
場所は青山店の2FにあるHeaven。
リニューアルして初めて行きましたが、すっかり様変わりしていました。Mieleのキッチン家電が美しい!リフォームしたら欲しい~(;´Д`)
今日の講師は、リシャールさん。社長自らデモをしてくださいました。昔イクスピアリで拝見して以来久しぶりです。
14075.jpg14076.jpg
受付を済ませると、事前に席が決まっており案内されました。定員25名。カウンター席は14名程で、他はテーブル席でした。今回はデモンストレーション形式なので、デモ中は皆でカウンター席を立って囲む形になりました。以前と違って2時間立ちっぱなしではなかったので助かりました。
ウエルカムドリンク(シャンパンorミネラルウォーター)を頂き、マカロン・イスパハンとボンボンショコラも頂きました。下戸な私はミネラルウォーターのガス無しで。
◎タルト・ミニョット・イスパハン
14077.jpg14078.jpg
14079.jpg14080.jpg
14081.jpg14082.jpg
14083.jpg14084.jpg
アイス、サブレ、クレームダマンド、ソースetc…各パーツを作り組み立てます。
アシェット・デセールの醍醐味ですね。わくわくします~(*´∀`)
アイスはリシャールさんがサーブされたのですが、スプーン1本1回掬いで盛り付けられました。丁度昨日受けたUCCの食セミナーで、石川シェフが「ベテランになると1回で掬えます」と仰っていましたが翌日にその神業を見ようとは!流石三ツ星出身!
イスパハンには必ず付いている薔薇の花びらも添え、雫を付けて出来上がりです。
14085.jpg14086.jpg
底のサブレは直径12cm.結構なボリュームでお腹一杯になりました。
味は薔薇とライチ尽くしで美味しかったです。ただね、サブレがフルーツの水分を吸って、ふにゃ~となって少々食べにくかったのが残念(^^;
14087.jpg14088.jpg
食後には、カクテル・イスパハンを頂きました。私はノンアルコールの方を。
そしてチュイルココ(ココナッツのチュイル)とサブレ ア ロリーブ ノワール(黒オリーブのサブレ)、イスパハンとピスターシュのマカロンも頂きました。
お腹一杯でしたが、ちょっと無理して完食しました。あ~幸せ~(*´∀`)ノ
エルメのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

サブレやチュイルは、以前紹介した「ピエール・エルメが教える焼き菓子ブック」に掲載されていました。デセールの底生地、サブレブルトンも載っていましたよ。
14089.jpg14090.jpg
ピンク色の可愛いライチ入りクレームダマンド。これだけでも十分美味しい!デセールではコンフィチュールを塗り、ひっくり返してサブレの上に乗せていました。
14091.jpg14092.jpg
マカロンのお土産を頂きました。
アンフィニマン・ローズ、ショコラアメール、アンフィニマン・シトロンだと思います。この日は、営業時間を延ばしてくださったので、帰りに商品を購入する事が出来ました。なのでヴィエノワズリーなど購入しました。それはまた後日ご紹介します。
久しぶりにギュウギュウの満員電車で帰りました(;;)

今日は「キスの日」 [季節の行事]

14099.jpg今日は「キスの日」だそうですヽ(○´З`)○´З`)ノ
1946年5月23日は、日本で初めてキスシーンが登場する映画、佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされた日なのだそうです。
当時は映画製作もGHQの検閲下にあり、民間情報教育局(CIE)のコンデが、完成した脚本がその前に見せられたものと違うことを指摘した上、接吻場面を入れることを要求したからだそうです。
主演の大坂史郎と幾野道子がほんのわずか唇を合わせただけだったそうですが、それでも話題を呼び映画館は連日満員になったそうです。
終戦が1945年8月15日ですから、1年経たない間に映画は上映されたのですね。
戦時中の苦しい抑圧から開放され、皆さん平和を噛み締められたことでしょう。

新正堂の和菓子 [お菓子]

先日ネットで「切腹最中」なるものが紹介されているのを読みました。
お店の名は新正堂、新橋にあるようです。
丁度UCCのセミナーに参加する予定があったので帰りに寄ってみました。
なんと!最初にUCCへ行く時に迷子になって通った道でした(笑)
14062.jpg14063.jpg
14064.jpg14065.jpg
ネットで紹介されていた看板商品の「切腹最中」と「景気上昇最中」、「生どら焼」の『コーヒー』と『黒ごま』を購入しました。
▼生どら焼「黒ごま」「コーヒー」
14066.jpg14067.jpg
珈琲にも日本茶にも合うソフトで口当たりの良いケーキ感覚のどら焼。素材の良さに加え全て手作りですので一味も二味も違った美味しさです。アイスクリームのようにも召し上がれます。
あまり甘くなくペロッと食べられちゃうお味でした。昔母が手作りしてくれたクリームのような懐かしい味でした。次は凍らせて食べてみようかな?
最中はまだ食べていないので、後日ご紹介いたします。

UCC・石川シェフによる『食』 セミナー [お稽古・料理]

◆UCCコーヒーアカデミー特別セミナー◆
世界食べ歩紀行 コーヒーmeets 『食』 セミナー(東京)
5月22日13時00分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
コーヒーアカデミー中平講師と世界を旅する巷で話題の出張料理人、food-trip代表のシェフ・アマチュアカメラマンの石川進之介氏によるコラボレーション演出でした。
14049.jpg14059.jpg
講師の石川進之介氏。低音ボイスが素敵な気さくでおしゃべり上手(もちろんお料理も!)な方でした。TVなどでもご活躍で、各種イベントや商品開発も精力的に活動されているそうです。詳細はfood-trip公式HPオンラインプロフィールをご覧ください。
14060.jpg14061.jpjg
上の2点はUCCの公式HPからの画像。左の画像、右側がUCCの中平講師。
右が今回教えて頂くお料理です。

◎food-trip MENU
① マスカルポーネチーズと生ハムの白和え
② ゴーダーチーズとケイパーベリー・ベーコンのピンチョス
③ トリュフ玉のような「あんこ玉」
14050.jpg14051.jpg
14052.jpg14053.jpg
2班に分かれて調理実習をしました。
マスカルポーネチーズに刻んだ生ハムとイチジクを入れ、クネル型にして盛り付けます。甘くて美味しいです。スプーン2本でのクネル型は久しぶりだったのですっかり手つきを忘れていました(笑)
ピンチョスでは「ケイパーベリー」なるものを初めて見ました。あのスモークサーモンのお供のケッパーは蕾。これは果実なのだそうです。流通量も少なく蕾より高価だそうです。3種を一気に口に含むと複雑な味に(*´∀`)b
こし餡の中にマカダミアナッツを忍ばせ、ココアを塗しています。一見「洋」に見えて食べると「和」なサプライズデザートです。
14054.jpgUCCの中平講師が、上記の3品に合う珈琲を厳選してくださいました。
①ケニア産:ングルエリ
②インドネシア産:トゥルーブルー
③ブラジル産:タデウ
単独で飲んでも美味しいですが、食事と合わせると・・・あら~味が円やかに変わるぅ~♪試しに違う珈琲で合わせると、酸味や雑味を強く感じたりと違う味わいになるのです。
流石!厳選されただけのことはあります!
最近では珈琲もワインの様に扱われていますが、まさしく食事毎に珈琲も替える時代が来たのかもしれません。私も食事(和食)に珈琲なんですが、安物の珈琲でお茶代わり。そこまで深く味わいを気にしていませんでした。
下戸の私には、ワインより珈琲とお食事との関係が興味深いです。
14055.jpg14056.jpg
お土産を頂きました。石川シェ監修のパスタソースだそうです。
それと北九州の筍の里、合馬(おうま)の天然水だそうです。カリウムの含有率が高く美容に良いと言われる成分「シリカ」や「サルフェート」も含まれているそうです。
そんな水源があったとは!?初耳でした、へぇ~。
14057.jpg14058.jpg
それと左のカードは、food-trip提携店やイベントで特典が受けられるものだそうです。そしてシェフお勧めの京都の塩。袋入りは完売してしまったので、タブレットを購入しました。塩は結構好きで色々集めていますもの、嬉しい~(*´∀`)

次回、秋にも第2回目を開催予定だそうです。夜開催の希望が多かったそうなので夕方開催が濃厚です。興味を持たれた方はUCCの特別セミナーをチェックしてくださいね。
石川シェフ、中平講師、サポートの赤羽根さん、ありがとうございました。
UCCのスタッフの皆様、今回もお世話になりました。

今日は「小満」 [季節の行事]

13770.jpg今日は二十四節気の一つ『小満』です。
あらゆるものが生命力に満ちあふれる頃。 太陽の光を浴び万物がすくすく成長していく季節だそうです。
秋に蒔いた麦などが順調に育っているのを見てほっと一安心(少し満足)したからだとも。
最近暑いですねぇ。全国各地で真夏日を観測し7月中旬の気温だったそうです。
これからの気温も暑くなるのでしょうか?
日焼け止めは塗っていますが、腕や手先が既に日焼けしています(><)
この暑さ、もう少し続くそうなので熱中症などお気を付けくださいね。

ソニーの「αアカデミー」4 [お稽古]

◆さいとうおりの写真講座 テーブルフォトレッスン
第1回目:ブラックティーを美味しく撮るレッスン
4月から新体制に変わったソニーのデジカメレッスン。プロの先生に教えて頂く有料レッスンも1回完結から複数回のレッスンへと変わりました。以前教えて頂いた、さいとうおり先生のレッスンも3回シリーズとなりました。
14046.jpgF値開放厳禁(笑)の、おり先生のレッスン。
普段開放三昧の私としては気の引き締まるレッスンです。もちろん新しい試みなので勉強になります。
まず最初はティーカップに注がれた紅茶を各自撮影するのですが、教室内の照明の関係で影が出来ない。
なのでライトもセッティングされた紅茶を急遽囲み撮影する事になりました。
14047.jpg14048.jpg
11名で一つの被写体を撮影するとなると…。
順番待ちしていても時間が気になってしまい1、2枚撮ったら次の方に譲っていました。次第に全員で囲み撮影になり身動きも撮れなくなって~(^^;
ティーカップの中に影を落とすのですが、それ以外の影が入っても移動できなくて残念でした。ま~皆同じ条件だから仕方ないですね。
上の画像、右には余計な影が入ってしまいました。
教えて頂いた点に注意を払いながら自宅で復習したいと思います。
あ、そうすると余計な物が写ってしまう~(笑)
今までカップに入った飲み物の「どこ」にピントを当てて良いのか分からなかった疑問が解消出来ました。もしかしたら、もっと基礎から勉強しないといけないのかも!?
「暈せばいい!」と思っていたテーブルフォトが、一転して「絞ってエッジを効かせる」撮り方に変わり、とっても楽しいです。
丁寧にご指導くださった、さいとうおり先生ありがとうございました。
御一緒した皆様お疲れさまでした。また来週~ (*´∀`)ノ

クオカスタジオのスイーツレッスン・抹茶と白ごまのムースケーキ [お稽古・お菓子]

◆まるでパティスリー!!抹茶と白ごまのムースケーキ
久しぶりにクオカスタジオ自由が丘にてスイーツレッスンを受けました。
『香り高い抹茶パウダーと白ごまペーストを使用した2層仕立てのムースケーキに、抹茶のグラサージュをかけて仕上げます。新緑の季節にぴったりな和風のムースケーキに、チョコレートとごまで作ったクランチが食感のアクセント。』
上記解説のように「抹茶と白ごまのムースケーキ」を作りました。アントルメは約1年ぶりです。その1年前のレッスンは「抹茶のオペラ」でした。抹茶好きな私(笑)
14004.jpg14005.jpg
14006.jpg14007.jpg
14003.jpg今回のレッスンの肝はグラッサージュ掛け。久しぶりですっかり要領を忘れていました。先生の解説を聞きながら、昔のレッスンを思い出しました。
またグラッサージュのレシピが違うので、ムースケーキ表面の仕上がりが随分違いました。
グラッサージュ掛けの時は失敗しないように、先生が側に付いて丁寧に教えてくださいました。
14008.jpg14009.jpg
14010.jpgこのレシピ、とっても切り分けやすかったです。もちろん先生は綺麗に切り分けられていますが、自宅でもほぼ失敗無く切れました。ムース部分が面白いようにプニョ~ンと綺麗に切れるのです(笑)かと言って硬いわけでも無く、絶妙なゼラチンの量でした。
もう少し抹茶風味が強くても良いかな?と思いましたが美味しかったです。自宅でも作ってみたいです。
14011.jpg14012.jpg
私は気に入ったのですが、胡麻のムース部分が夫に不評でした。ミルク臭いらしい。白胡麻のペーストと生クリームなんだけど・・・そんなに甘くないのにぃ。なので、その殆どを私が一人で食べました。軽い口当たりなので、ペロッと食べられました(*´∀`)v
このケーキは、5~8月開催予定なので興味を持たれた方は受講されてみては?

レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ
メッセージを送る