So-net無料ブログ作成
検索選択

銀座の花 [鑑賞]

12962.jpg久しぶりに夜の銀座を散策。
カメラの体験会などでショーウィンドウは見ていたのですが、イルミネーションには気が回っていませんでした。ふと見ると、ダイナミックな花のオブジェのようなイルミネーションが!
色は少しアンバー系を入れたので黄味を帯びていますが、実際はホワイトです。これ一つだけで無く、通りには幾つも設置され街灯もお花になっていました。私以外にも沢山の方が写真を撮っていましたよ。銀座へ行く機会がある方はぜひ撮影を!
今だけなのか?常時この形態なのか分かりません(^^;
クリスマスを過ぎたら、また見に行ってみたいですね。

ダリ展 [鑑賞]

▼今回の図録(表紙:謎めいた要素のある風景)
12862.jpg只今国立新美術館で開催されている「ダリ展」へ行ってまいりました。ダリの回顧展は10年ぶり。前回行けなかったので、今回とても楽しみにしていました。
サルバドール・ダリはスペイン・カタルーニャ地方出身の画家。シュルレアリスムの代表的な作家として知られています。奇人変人としても!?(笑)あのお髭も特徴的ですよね。
金曜日の夕方に入館したので待ち時間無し、素敵な作品の数々を堪能致しました。
毎週金曜日は午後8時まで開館していますが、11月19日(土)より会期末まで土曜日も実施されるそうです。普段お仕事で行けない方も、この機会にぜひ足をお運びください。夕方~はゆっくり鑑賞できますよ。
12863.jpg12864.jpg
これは会場に設置されている「メイ・ウエストの部屋」。撮影可です。大きな鏡が設置されているので❝自撮り❞が出来ます。毎週見ているBS-日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で紹介されていたのでカメラ持参しました。
12865.jpg12866.jpg
こちらも同TV番組で紹介されていた「ガラガラ」。ダリの妻ガラに掛けたダジャレの(笑)ガチャポンです。巨大ガラガラを回すと卵が落ちてきて・・・中にガラの作品を模したピンバッチが入っています。私のは「ガラの三つの輝かしい謎」でした。元絵を知らなければ何が何だか分からないですね。JOJOキャラの口元に似ている?(笑)
12867.jpgまた恒例のポストカードを購入しました。毎回数枚購入していますが、使った試しがありません(^^;
マリー・アントワネットのようなポストカードならまだしも、ダリの絵では興味の無い人には?むしろ気持ち悪いと思われるでしょうね。
いいのです自己満足だから~(;´Д`)
12月12日まで開催。ダリワールドぜひご覧下さい!

初うさぎカフェ [鑑賞]

いつもカメラの勉強会は、SONYの体験会を利用していました。そこで撮った作品は、専用のサイトを利用して全国の参加者と話題を共有しています。
その中で共通の趣味を持った人は夫々サークルを立ち上げ活動もしています。
最近そんなサークルの一つに入る機会に恵まれ「うさぎカフェ」オフ会に参加しました。
12817.jpg12818.jpg
12821.jpg12822.jpg
12823.jpg12824.jpg
12825.jpg12826.jpg
うさぎって、結構素早く動き回ります。数匹はスペース内を自由に動き回り、ゲージに入っているウサギは扉を開けてお触り、写真撮影のみOKです。ゲージ内のウサギは比較的大人しいです。触っても嫌がりません。
12827.jpg12828.jpg
右の写真は今時流行りの「ドリル」写真です(笑)柴犬の『柴ドリル』が有名ですね。偶然撮れたものですが、見事に頭がドリル化していました。
12819.jpg12820.jpg
12829.jpg12830.jpg
12831.jpg12832.jpg
「お尻」特集。バニーガールの衣装そのままのポンポンうさぎ尻尾でした。
12833.jpg12834.jpg
12835.jpg12836.jpg
12837.jpg12838.jpg
色んな種類のウサギちゃんが居ます。家に帰って画像を見た夫が、「耳が立って白くて赤い目の兎が居ない」と呟きました。小学生の時に飼育小屋で飼っていたような白兎は、もはやペットとしては存在しないのでしょうね?垂れ耳、立ってても小さな耳の兎が多いように思います。体も小さく大人でも1kg前後とか。
12839.jpg12840.jpg
12841.jpg12842.jpg
可愛い~~♪顔をゴシゴシするウサギさん。でもボケています(笑)
12843.jpg12844.jpg
12845.jpg12846.jpg
ウサギさんは、くっついて団子になるのが好きみたい。動き回るのは素早いし、抱っこも嫌がるのでナデナデが限度ですが、モフモフが団子になって見ていて癒されます。
12847.jpg12848.jpg
何故か私のズボンをガジガジ齧る。洗濯したばかりでしたが何か臭うのでしょうか?手もね、差し出すと齧られちゃったのよ。それがまた可愛くて、もう好きにして~状態(笑)
12816.jpg1ドリンク付きだったので、ウィンナーコーヒーを選びました。ウサギ撮影用にハイキー設定にしていたので、ちょっと白飛びの珈琲になっています。
ウサギと触れ合えるスペースでは、ウサちゃんのウ●チがぽろぽろ落ちているので、踏んでも大丈夫なようにサンダルが用意されています。
また行きたくなった、うさぎカフェ体験でした。

夕景・夜景 [鑑賞]

12648.jpg12647.jpg
先日多摩川近くへ行く事があり、カメラを持って出掛けました。
丁度夕日がビルに沈むところが撮れました。
そして夜に同じ方向を。照明があったので少し移動しましたが、同じビル群です。
う~ん夜景は難しいですね(^^;
なかなかこんなに広い場所で撮影する事が無いので、また来る機会があったら練習したいと思います。流星群を見る時は寝ころんだら見つけ易いんだろうな~と思いました。

明治神宮御苑の睡蓮 [鑑賞]

12633.jpg12634.jpg
12635.jpg先日カメラの体験会で明治神宮へ行きました。
体験会が終わった後に、撮影会でご一緒した方々と明治神宮御苑へ入り、暫く散策しました。
南池(なんち)と呼ばれる池には睡蓮が咲いていたので撮影しました。少し離れていたので水影を撮る事はできませんでしたが、水面に映る雲と一緒に撮る事はできました。
12636.jpg12640.jpg
また四阿(あずまや)では、その作りの見事さに圧倒されました。数種類の葦?竹?を組み合わせ美しい屋根が作られています。観光客が沢山いらっしゃったので、真下へ行けませんでいたが、内側の造りはアーティスティックです!
そして人懐っこい小鳥さんにも出会いました。
老紳士の手に停まっていたいたのに・・・私のカメラのシャッター音で逃げて行ってしまいました。小鳥さん、和んでいらっしゃったご夫婦、そしてご一緒した皆さん、すみませんでしたm(_ _)m
とにかく蒸し暑い日で、その後ヘロヘロになりながら家路へと向かいました。
もっと涼しくなったら、ゆっくり散策したいと思います。
以前NHKの特集で見ましたが、代々木の杜は100年掛けて作られた人工のもの。
設計された方々の予想通りに育ったのでしょうか?植林に携わった皆様に感謝です。

清正井(きよまさのいど) [鑑賞]

12631.jpg12632.jpg
明治神宮御苑にある「清正井(きよまさのいど)」をご存知でしょうか?
私は昨日カメラの体験会に参加し、その井戸の事を初めて知りました。明治神宮自体初めての参拝でした。この清正井というのは栞によると『花菖蒲田を遡った木立の中に清水が滾々と湧き出しています。古くから江戸名井の一つに挙げられていました。ここが江戸初期には加糖家の庭園だったことから加藤清正が掘ったと言い伝えられています。湧き出る清水は、井戸水特有の冬温かく、夏冷たく、年間を通して15度前後です。清水は花菖蒲田を潤し、南池で淀んだ後池の水門から流れくだり、南参道に架かる神橋をくぐりぬけ、渋谷川の源流となります。最近まで茶の湯に使われていました。』とあります。
湧き出しているのだけど、静かで水面は静かで透き通った清水です。美しい。
嘗ては加藤家の下屋敷の庭園だったのですね。今NHKの大河ドラマに加藤清正が出ているので、ちょっと興味をそそります。イメージする井戸よりも湧き水に近い印象で、丸く囲われている範囲に手を入れる事はできませんが、その枠以外ならOK。触ってみるとヒンヤリ気持ち良かったです。
講師の先生曰く、都市伝説の範疇と前置きしたうえで、ここは明治神宮内でも最強のパワースポットらしいのですが、それも午後2時まで。それ以降はマイナスのパワーを貰ってしまうんだとか?信じる信じないはあなた次第です!だそうです(笑)
私は体験会に参加した方と一緒に行った(連れて行ってもらった^^;)のですが、2時に間に合うように急ぎ足で、なんとか13時40分頃に到着しました(笑)
私たちの後は10人以上並んでいたので、急いだ甲斐がありました。プラスのエネルギー貰えたのかな?こんな時だけ調子がいい?!
井戸には若い警備員さんがいらっしゃいました。昔と違い、不届きな輩も多くなりましたからね。暑い中お疲れ様です。この清流が渋谷川の源流だなんて…ちょっと不思議です。

岩合光昭写真展「ネコライオン」 [鑑賞]

12439.jpg5月25日~6月6日まで日本橋三越で開催されている『岩合光昭写真展・ネコライオン』を見に行きました。以前、渋谷の東急辺りで開催されていたと思うのですが?!多分見たのは初めてです。
この写真展では、ネコとライオンの同じポーズを並べて展示してありました。大パネルは迫力あります。
「あくび」「のび」「親に甘える子供」「お昼寝」「獲物を襲う」etc… 体が大きいか小さいかの違いだけで正に「ネコ科の動物」の仕草は一緒!と思える展示構成でした。
機会のある方は、ぜひご覧ください。
膨大な撮影枚数から選ばれているのだと思います。岩合さん本当に凄いカメラマンです。
12441.jpgこの猫は、映画「世界から猫が消えたなら」の公開に合わせ、映画に登場する猫のイヤホンジャック付マスコットだそうです。縁結びの神様・今戸焼招き猫発祥の地、浅草・今戸神社でご祈祷をしたお守りだそうで、300円の内100円が熊本へ寄付されるとの事でした。映画の事は全く知らず、可愛いから買ったのですが「レタス」って名前なのね(笑)キャベツもありました。犬派の私が今ではすっかり猫グッズを集めています。ネコノミクス恐るべし!

ルノワール展 [鑑賞]

12326.jpgオルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展
・国立新美術館
・2016.4.27~8.22
本日ルノワール展へ行きました。
本来休館日なのですが、休館日にゆっくり鑑賞出来る特別招待券を頂いたのです。今まで普通の招待券(無料)は頂いた事はありましたが、今回のような休館日に利用できるものは初めてでした。なんと音声ガイダンスも無料で貸し出されていたのです。
お天気が悪かったせいか?いつもの美術館の人出に比べると随分と少なくゆっくり、じっくり鑑賞する事が出来ました(*´ω`*)
ルノワール以外の絵画も展示されていまして、中のパステル画が非常に気に入ったのです。なので重たかったけど図録買っちゃった!

初来日の「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」や、45年ぶりに同時来日した「都会のダンス」&「田舎のダンス」などなど見どころいっぱいです。
若い頃はルノワールの裸婦を見て、「あのお腹はないよね~(笑)」と笑っていたのに、鏡を見ればそこにある日常です~(;´Д`)
8月下旬まで展示されますので、興味のある方はぜひご覧ください。

タンポポの世界 [鑑賞]

12283.jpg12284.jpg
つい先日、タンポポの綿毛を紹介しました。最近気になる存在です(笑)
今回モノクロで撮影したものを紹介します。ちょっとアートっぽいでしょ?
綿毛なんて子供の頃は、茎を摘んだらプ~ッと種を吹き飛ばして遊んでいました。
しかし大人になった今は摘めない。可哀想で摘めないのです(^^;
で、茎は付けたままプ~ッと吹いたのですが、飛んでくれませんでした。
仕方なく「写真を撮るだけ」に(笑)
今度綿毛が飛び散っているのを見つけたら、拾ってきたいと思います。
ぜひマクロレンズで綿毛をアップで写してみたいです。

桜はソメイヨシノだけじゃない! -2016(10) [鑑賞]

先日SONYの体験会で、神奈川県立フラワーセンター大船植物園へ行きました。
色とりどりの花は先に紹介しましたが、園内には数多くの種類の桜が植えられていました。初めて聞く名前のものもあり、その種類の多さにビックリです。これから咲くもの、まだ2~3分咲きのもの・・・様々で、ソメイヨシノは終わっても長く桜を楽しめるようになっていました。
HPで開花状況は確認出来ます。興味を持たれた方はご覧ください。
▼福禄寿(ふくろくじゅ)/大提灯(おおじょうちん)
12170.jpg12171.jpg
▼白妙(しろたえ)
12172.jpg12173.jpg
▼鬱金(うこん)/御衣黄(ぎょいこう)
12174.jpg12175.jpg
▼嵐山(あらしやま)/日暮(ひぐらし)
12176.jpg12177.jpg
▼千里香(せんりこう)
12178.jpgまだ沢山の種類がありましたが、回れなかった事と、まだ蕾で咲いていない桜もありました。
今は殆どがソメイヨシノで一気に咲いて散りますが、昔は咲く時期の違う山桜が次々に咲いて長く楽しめたんだろうな~と思います。
八重の桜も可愛いですし、今回「鬱金」「御衣黄」と言った緑系の花の色を知る事が出来ました。特に御衣黄は、開花して数日すると中心部が赤くなるそうで、その名前は古の貴人が着用した衣が黄緑色であったことに由来しているそうです。なんとも風流な・・・
そして「千里香」は、香りのする桜だそうです。え~気を付けて嗅がなかったので、どんな香りだったかは不明です。来年はちゃんと嗅ぎたいと思います(^^;
「嵐山」は背景を山に見立てて(笑)
ソメイヨシノも大好きですが、桜はシメイヨシノだけじゃない!他にも色々あるのです。もっと見つけて撮りたいと思いました。
メッセージを送る