So-net無料ブログ作成
季節の行事 ブログトップ
前の10件 | -

ボージョレ・ヌーボー解禁 [季節の行事]

15445.jpg本日11月の第3木曜日は、ボージョレヌーボー解禁日です。
午前0時から販売されている所もあり深夜から楽しまれた方もいらっしゃるのでは?
私は下戸なので、毎度の事ですが関係無い話です(^^;
寧ろ新茶の季節が待ち遠しい(笑)
付き合い上、ワインを飲みたいとは思うのですが、体が受け付けてくれないので仕方ありません。昔し仕事をしていた頃は、酒席で拒めず辛い思いをしました。駅のトイレで吐いてるうちに終電を逃した事が何度も~(;´Д`)
今は拒める風潮が強く、よい時代になったなぁ~と(*´∀`)
もしかしたらノンアルのものもあるのかしら?
いやもうそれは葡萄ジュース(笑)
飲める方は、飲み過ぎに注意して新酒の味をお楽しみ下さい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「鍋の日」&「もつ鍋の日」 [季節の行事]

1758.jpg今日は「鍋の日」だそうです。
この日が立冬になることが多いことから、食品メーカーのヤマキが制定したそうです。
お鍋が恋しい季節ではありますが、日中はまだ暖かかったり。我が家ではもう少し先かな?
最近お鍋の素の種類が増えましたね。こんな味もあるの!?とスーパーへ行く度に驚いています。また一人用のプチサイズもあり、便利な世の中になりました。

そして今日は「もつ鍋の日」でもあります。
こちらは、社団法人日本畜産副産物協会が2011年に制定したそうで、この日が立冬になることが多い事と、「い(1)い(1)もつな(7)べ」の語呂合せだそうです。
「モツ」は?とツッコんじゃいかんのでしょうねぇ(^^;
もつ鍋と言えば、会社勤めをしていた頃に食べに行っていました。
肉嫌いの私はもちろんモツは食べられず野菜のみ食べていました(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「立冬」 [季節の行事]

15355.jpg今日は二十四節気の“立冬”です。
秋分と冬至の中間にあたり、この日から立春の前日までが『冬』となります。立冬の「立」は新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで大きな季節の節目となります。各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を『節分』と言いますが、節分には「季節を分ける」意味もあるそうです。
朝晩は肌寒くなりましたが日中は20 ℃を超えるような陽気でしたね。
外出するには嬉しいのですが、あまり秋らしくなく冬に突入しそうです(^^;
そのせいなのか?紅葉の色付きが今一つ鮮やかでないように思います。
これから美しく色付いてくれるでしょうか?
またお肌の乾燥が気になりますね。(そういうお年頃^^;)
しっかり保湿し、これからの季節に対応したいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「十三夜」 [季節の行事]

11271.jpg今日は「十三夜」です。
十五夜の月に対して「後(のち)の月」と呼ばれ、十三夜は「日本独自の風習」と言われているそうです。
一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代に開かれた観月の宴が風習化したものとも言われています。
丁度食べ頃の大豆や栗などを供えることから、この夜の月を豆名月、又は栗名月とも呼ばれます。
江戸時代、遊里では十五夜と十三夜の両方を祝い、どちらか片方の月見しかしない客は「片月見」または「片見月」で縁起が悪いと言われていたそうですよ。
皆様、ご覧になられましたか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「紅茶の日」&「犬の日」 [季節の行事]

13580.jpg11月1日は「紅茶の日」です。
江戸時代後期、伊勢国(現在の三重県)の船頭、大黒屋光太夫が海で遭難しロシアに漂着。1791年11月に女帝エカテリーナ2世に謁見した際、お茶会に招かれ紅茶をいただいたという逸話に由来します。この話を基に日本紅茶協会が1983年(昭和58年)に11月1日を「紅茶の日」と定めました。
光太夫は、遭難から女帝に謁見し帰国の許可を得て根室に上陸するまで10年の時間を要しました。帰国後は江戸・小石川の薬草園に居宅をもらって生涯を暮らしたそうです。
鎖国中だった為、不自由な生活を強いられたのかと思えば、比較的自由だったそうです。
15324.jpg
そして、11月1日は「犬の日」でもあります。
『犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日』としてペットフード工業会等6団体が1987年に制定しました。
近年は猫人気に圧され気味ですね~(^^;
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「万聖節」 [季節の行事]

15323.jpg昨日はハロウィン。日本では昨今大盛り上がりです。
しかし本来の意味を知る方は少ないのでは?
11月1日の諸聖人の日は、カトリック教会の祝日の一つで全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」と呼ばれていました。
アイルランドやケルトの習慣では、諸聖人の日の前の晩は「ハロウ・イブ」と呼ばれ、キリスト教伝来以前から精霊たちを祭る夜でした。19世紀に移民によってアメリカ合衆国に持ち込まれたこの習慣が「ハロウィン」です。
「ハロウィン」は「ハロウ・イブ」がなまったものだそうです。
アメリカでは現在、このハロウィンの方が盛大に開かれ、諸聖人の日には、もともとアメリカ国内にてカトリック信徒が少ないせいもあって、これといった行事は催されていないそうです。
日本ではカトリック信徒どころかキリスト教徒でさえないのにこの盛り上がりです。
現在でもゾロアスター教やユダヤ教の流れを汲む(と言われている?)お祭りも開催されています。他国のお祭りを取り込む気質は国民性なのでしょうね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「ハロウィン」 [季節の行事]

11333.jpg10月31日は、万聖節(11月1日)の前夜祭「ハロウィン」です。キリスト教のお祭りのように思われがちですが、本来のハロウィンは西ヨーロッパ古代のペイガニズムに基づく死者の祭り及び収穫祭、とりわけケルト人の行うサウィン祭に由来するとされています。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で盛大に行われ、今日イメージするハロウィンの習俗は19世紀後半以降アメリカの大衆文化として広まったものです。
日本では近年、独特のハロウィン文化が根付いてきているようです。
「ハロウィン=仮装」が定着しつつありますね。そしてクリスマス、バレンタインに並ぶ商戦となっております(^^;
かく言う私も今年初めてハロウィンパーティーに参加してちょびっと仮装しました。
数年後に凄い事になっていたらどうしよう~(笑)

ハロウィンがこんなに盛り上がる前、郷里のお菓子屋さんで販売されていた期間限定のパンプキンパイを毎年楽しみにしていました。懐かしいな~(*´∀`)
今も販売されているみたいで嬉しい。
私としては仮装より、ハロウィンスイーツや料理の方が大いに興味あります。
皆様は仮装派?食べる派?どうでもいい派?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「霜降(そうこう)」 [季節の行事]

15233.jpg今日は二十四節気の一つ「霜降」です。
この頃から「一雨一度」といわれるように、雨が降るごとに気温が一度下がると言われています。
台風一過。風はやや強めながら、今日は午後から快晴でした。久しぶりに秋らしい空でした。
10月に入り雨や曇りがちだったお天気も、この後一週間は傘マークが消えたようです。しか~し、太平洋上には次なる台風の卵が発生しそうだとか!?気が抜けませんね(^^;
そして、そろそろ風邪やインフルエンザが流行りだす頃。
睡眠、栄養を摂って備えたいですね。あ、栄養は摂り過ぎかも~(;´Д`)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「きのこの日」 [季節の行事]

15325.jpg今日は「きのこの日」だそうです。
「きのこの山」じゃありませんよ(笑)
きのこの消費拡大と生産振興を図る為、きのこに対する正しい知識の普及、啓蒙活動を積極的に推進して、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法の浸透を図るために、日本特用林産振興会によって1995年5月に制定されました。
10月はきのこが最も多く取り扱われる月であり、冬場の鍋需要を前に消費拡大の為のイベント等の実施に最も適した月。15日は一般に月の中日で慌ただしくなく消費者に対してきのこの良さをアピールするのに適していると思われる。
等の理由から、10月15日が選ばれたそうです。
『日本特用林産振興会』色々な業界団体があるのですねぇ(^^;
きのこは大好きなので大歓迎です。
高級品のトリュフや松茸より、椎茸が一番好きだったりします。
なんて財布に優しい味覚なんでしょう(笑)
近年色々な品種がスーパーの店頭に並び嬉しい反面、料理はマンネリ化なのよねぇ。

日本特用林産振興会のサイトを見ると、きのこアドバイザーなる資格も。
昔の人は、食用か毒性かを自らの体で試していたはず。その勇気のお陰で今の私たちは安全にキノコを食べる事が出来ているのですよね。名も無き勇者に感謝です(-人-)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「トマトの日」 [季節の行事]

15322.jpg今日は「トマトの日」だそうです。
トマトの栄養価値や美味しさをアピールし、トマトを使った料理の普及をはかり、人々の健康増進に貢献することを目的として、平成17年に一般社団法人全国トマト工業会が制定したそうです。
10月は食生活改善普及月間であり「ト(10)マト(10)」の語呂合わせから10月10日になったそうです。
トマト、美味しくなりましたねぇ。今では甘くてスイーツにもなる時代です。
子供の頃のトマトは酸っぱくて青臭くって、あまり好きではなかったのだけど、今はどれを食べても美味しいもの!品種改良のお陰ですね。
そんなトマト好きになった私でも、トマトジュースはちょっと苦手。
市販のトマト100%のジュースは無塩、加塩を問わず苦手なのです。
自宅で生のトマトをジュースにする分は構わないのにね、何故でしょう(^^;?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 季節の行事 ブログトップ
メッセージを送る