So-net無料ブログ作成
検索選択
季節の行事 ブログトップ
前の10件 | -

今日は「キスの日」 [季節の行事]

14099.jpg今日は「キスの日」だそうですヽ(○´З`)○´З`)ノ
1946年5月23日は、日本で初めてキスシーンが登場する映画、佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされた日なのだそうです。
当時は映画製作もGHQの検閲下にあり、民間情報教育局(CIE)のコンデが、完成した脚本がその前に見せられたものと違うことを指摘した上、接吻場面を入れることを要求したからだそうです。
主演の大坂史郎と幾野道子がほんのわずか唇を合わせただけだったそうですが、それでも話題を呼び映画館は連日満員になったそうです。
終戦が1945年8月15日ですから、1年経たない間に映画は上映されたのですね。
戦時中の苦しい抑圧から開放され、皆さん平和を噛み締められたことでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「小満」 [季節の行事]

13770.jpg今日は二十四節気の一つ『小満』です。
あらゆるものが生命力に満ちあふれる頃。 太陽の光を浴び万物がすくすく成長していく季節だそうです。
秋に蒔いた麦などが順調に育っているのを見てほっと一安心(少し満足)したからだとも。
最近暑いですねぇ。全国各地で真夏日を観測し7月中旬の気温だったそうです。
これからの気温も暑くなるのでしょうか?
日焼け止めは塗っていますが、腕や手先が既に日焼けしています(><)
この暑さ、もう少し続くそうなので熱中症などお気を付けくださいね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「復活祭(イースター)」 [季節の行事]

13887.jpgイースターとは、キリストが死後3日目にして甦ったことを記念し、春の自然の甦りを祝うお祭りです。復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして、盛大に祝うのです。ウサギも見られますね。イースターの日取りは、325年の第1ニカイア公会議で「春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定。しかしこれでは、時差の関係で春分の日が場所によって異なり、イースターの日付も異なってしまう為、春分を3月21日に固定して計算されているそうです。 それで今年は4月16日となりました。

日本では、まだ今一つ認知度が低い『復活祭』。
英語ではイースター(Easter)、フランス語ではパック(Pâques)と呼ばれます。
近年、イースター商戦に力を入れる百貨店や菓子メーカーが出てきているなどイースターはクリスマスやバレンタインデー、ハロウィンに続く第4のイベントとして注目を集めているそうですが、定着するかどうかは未知数だそうです。
ですが昨年よりも今年の方が「イースター」の文言をよく耳にします。
卵探し(エッグハント)のイベントを親子を対象に各地で催されているようですしね。
私は子供のころTVアニメで見たトムとジェリーで、ヒヨコちゃんが濁声で「イースターおめでとう!」と言うフレーズが今も鮮明に思い出せます。卵にカラフルな装飾をすることに憧れを抱いたものでした。日本のアニメを見て育った世界中の子供達が日本のカルチャーに興味を持つ事と一緒でしょうね。

殆どの日本人はキリスト教徒ではないのですが~(^^;
宗教はさて置き「春の自然の甦りを祝う」ことは万国共通だと思います。
兎に卵、ふんわりカワイイ物が好きな日本人には商機があるのかもしれません!
来年は今年以上に「イースター」が活発にプッシュされているかも?!ですよ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「清明」 [季節の行事]

13770.jpg今日は二十四節季の一つ『清明』です。
「清明」とは「清浄明潔」の略で、自然界の万物が生き生きとして、明るく清々しいことを言います。植物の芽は少しずつ成長し何の草であるか見分けがつくようになってくる頃です。
靖国神社のソメイヨシノは先日満開になったそうですが連日の肌寒さで近所の桜はまだこれからです。それでも日々蕾が大きくなっているのは、やっぱり春ですねぇ~♪
今年は入学式の辺りも満開の桜で迎えられるのではないでしょうか?
新入生、新社会人の皆様、これから頑張ってくださいね~♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「ポワソン・ダブリル(4月の魚)」 [季節の行事]

13711.jpg4月1日は、世界的にエイプリル・フールですよね。
フランスでは「ポワソン・ダブリル(4月の魚)」と言って、魚の形をしたチョコレートやパイを食べる習慣があります。何故「4月の魚」と呼ぶようになったかは諸説あります。
例を挙げると、16世紀半ばにフランス国王シャルル9世が1年の始まりを4月1日(3月25日とも?)から1月1日に変えたことがきっかけと言う説。人々は昔からの習慣に馴染みがあり、国王への反発心もあって、4月1日に「嘘の新年」の贈り物を続けたそうです。

またこの時期はカトリックの「四旬節」に当たり、食事を厳格に節制して肉を食べず魚ばかり食べるので、それが由来となっているという説があります。 ここで言う魚は鯖のこと。鯖はあまり利口ではなく、この時期になると誰でも簡単に釣ることができるので4月1日に鯖を食べさせられた人をからかって「4月の魚」と呼んだからということです。

起源は所説あれど、現在「魚の形をしたチョコレートやパイを食べる」事が習慣化していますし、子供たちは魚を描いた紙を背中にこっそり貼り付ける悪戯をするそうです。
日本では「エイプリルフール」の方が有名ですよね。
何か嘘つかれましたか?私としては嘘を吐くより、美味しいお菓子を食べてせいぜいお魚を背中に貼る悪戯の方が良いかな?その姿で電車に乗りたくは無いけれど(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「春分の日」 [季節の行事]

10045.jpg本日3月20日は、二十四節季の一つ「春分」です。
定気法では、太陽が春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が0度となった時で、3月21日頃。 暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日の方は春分日(しゅんぶんび)と呼びます。春分日、秋分日は、昼と夜の長さが一緒と言いますが、実際は昼の方が長くなります。
それが何故かと言いますと天文学的には太陽の中心が水平線に来た時を指しますが、日の出は太陽の端が水平線に掛かった瞬間を、日の入りは太陽が水平線に完全に没した瞬間を言うので其々太陽の半径分の時間のズレが生じるからなのだそうです。
多少の誤差があるとはいえ、昼夜がほぼ同じになりました。
う~ん夕方暗くなるのが遅くなった感はありますね。
東京の桜の開花予想は23日だそうで周りはすっかり春めいてきました。
何か新しいことを始めたい?気持ちばかりが先行します(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「ホワイトデー」 [季節の行事]

11946.jpg今日はホワイトデー。
お返しは頂かれましたか?私は貰えませんでした。
何種類もあげたのにぃ~(;;)
先日銀座三越へ行った時は、平日にも関わらず多くの男性が列を成していました!特に列が長かったのがジャン=ポール・エヴァン、あめやえいたろう。
店内の混雑ぶりに嫌気が差して早々に退散しました。
さてホワイトデーの始まりは諸説あり、今朝のTVでは「全飴協説」を紹介していました。福岡だと圧倒的に「石村萬盛堂」のマシュマロデーからなんですけどね(笑)
だだ子供の頃は本命にだけお返しをし、お返しが無かったら振られた~だったような?
今の様に全員に「義理返し」するのは商戦に乗せられちゃっているのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「世界女性デー」「サバの日」「ミツバチの日」etc… [季節の行事]

7362.jpg今日は「世界女性デー」だそうです。婦人デーとも。始まりは1910年にコペンハーゲンで開催された国際社会主義会議で『この3月8日という日を、政治的自由と平等のために戦う女性の日に』と提唱されたことから。その後、世界的に女性解放運動の気運が高まったのを受けて1975年に国連が3月8日を「国際女性デー」と定めたそうです。しかし起源は諸説あれどアメリカが有力だそうです。
そしてこの「国際女性デー」は男性が女性にミモザの花を贈ることから「ミモザの日」と言われることもあります。特にイタリアでは「Festa della donna(フェスタ デッラ ドンナ)」と呼ばれ、女性をお祝いするのだそうです。
以前TVで、お爺ちゃんが妻へとミモザの花束を買っているのを見ました。
日本では普段花を贈る習慣があまりないので、ちょっと羨ましくなりました。

13594.jpg今日は「鯖の日」だそうです。「さ(3)ば(8)」の語呂合せですね。青森県八戸市が制定したそうです。
八戸には「八戸前沖鯖」なるブランドの鯖があるそうです。脂肪分も多く美味しいそうですが、知名度的に今一つ・・・なのでブランド力を上げようと色々企画されているそうです。
そんなに美味しい鯖なら食べてみた~い~♪
私の一番好きな魚は「鯖」。次いで鰯、鰺、秋刀魚など光物が続きます(笑)
関東の回転寿司では生の鯖寿司が無いのが悲しい(;;)
実家に帰ると「胡麻鯖」を作ってもらっていたのが懐かしい。
なんでも太平洋側で獲れる鯖は、鮮度が落ちるとアニサキスによる食中毒になりやすいのだとか。日本海側では、その危険性が落ちる為生で食べる料理が多いのだそうです。
夫が青魚を臭いと嫌うので、結婚してからは食べる回数がグッと減りました。
今は水煮缶も出ているのでお一人様分で作ってみようかなぁ。

8680.jpgそして今日は「ミツバチの日」でもあります。
近年蜜蜂が世界的に激減しつつあり、蜂群崩壊症候群と呼ばれています。原因としては特定のダニ、病原体、電磁波、ネオニコチノイド系農薬、ストレス、地球温暖化などが疑われていますが未だにハッキリした事は分かっていないそうです。
養蜂の他に農作物の受粉の為に活用されている蜂。最近ではその代わりをドローンにさせよう!なんてアイディアもあるそうです。元々ドローンの名の由来は蜂の羽ばたき音だとか。確か働かない雄蜂もドローンだったような?メカのドローンは働き者のようですね(*´∀`)

他にも「鯖寿司の日」「ビールサーバーの日」「サヤエンドウの日」など色々な記念日でもあります。由来やイベントなど調べるのも楽しいですね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「啓蟄」 [季節の行事]

13591.jpg今日は二十四節季の一つ「啓蟄」です。
土の中に籠っていた虫が動き始める頃です。
「啓」は穴を開くという意味、「蟄」は虫などの小さな生き物が冬に土の下で縮こまっているという意味があるのだそうです。
まだ肌寒い日が続きますが、三寒四温で段々と温かくなってきているように思います。
昼夜の寒暖差が激しいので着て行く服に困ってしまいます。
また建物に入ると暑いし、出ると寒いし~(^^;
もう少し暖かくなれば「何か新しい事をしたいな~♪」と、私の中の好奇心の虫が動き始めそうです(笑)毎度の事ですが、三日坊主で終わりませんように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「桃の節句」 [季節の行事]

13579.jpg昔の日本には五つの節句『人日(じんじつ)・上巳(じょうし)・端午(たんご)・七夕(たなばた)・重陽(ちょうよう)』があり、当時この行事は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事でした。その中の一つ「上巳の節句」が後に「桃の節句」となります。 平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、その薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展してゆきます。室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。
子供の頃は、五人囃子まで付いた大きな雛壇を毎年飾っていました。
どの位置に何を配置するのか?毎年頭を悩ませていました(笑)
しかし折角のお雛様たちがネズミに齧られてからは飾らなくなり、今では飾る場所も無いのでお内裏様とお雛様のみになりました。5月の鯉のぼりもそうですが、都会の狭いマンション暮らしでは飾れないのが現実ですね(;;)
お雛様も今では現代風にアレンジされ、金髪、目元パッチリ付け睫毛etc…安いお値段ではないのに需要があるからビックリです。手描きする職人さんの腕も凄いけど!
伝統や技術が断絶するよりは現代風に姿を変えても継承される方が良いのかな。
これから5年後、10年後の変化が楽しみでもあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 季節の行事 ブログトップ
メッセージを送る