So-net無料ブログ作成
検索選択
お稽古・お菓子 ブログトップ
前の10件 | -

ルピシア・釜炒り茶実演 [お稽古・お菓子]

◆日本一の匠による伝統の釜炒り茶実演
14957.jpgルピシア自由が丘本店が8月に10周年を迎えました。只今10周年の記念イベントが色々開催されています。
本日と明日は、全国茶品評会で農林水産大臣賞を15回受賞した釜炒り茶の名人、興梠洋一さんによる釜炒り茶実演が開催されるので行ってきました。
釜炒り茶の製法は、15世紀前半に中国から九州に伝わったとされ、大きな鉄釜でお茶の葉を「炒って」作る、とても香りの良いお茶です。現在の日本茶の主流はお茶の葉を「蒸して」作る製法です。釜炒り茶は、全体の僅か数%しか作られておらず、殆どが生産地の九州で消費されてしまう、滅多にお目に掛れない貴重なお茶なのです。
14959.jpg14960.jpg
14965.jpg14966.jpg14967.jpg
14961.jpg14962.jpg
興梠さんは、宮崎・熊本地方に伝わる昔ながらの青柳式釜炒り茶作りを実演。会場には秋の新芽を持ち込み、生葉から釜で炒り上げ、手揉みを目の前で見せて下さいました。
14958.jpg14963.jpg
釜炒り、手揉みを繰り返し、水分を飛ばし形を整えていきます。
今回のデモは30分ほどだったので、作業はまだ途中。実際は長時間を掛けて、サンプルの様に仕上げていきます。煎茶と比べると形状の違いが良く分かります。
デモ後、希望者は少し釜炒りn体験をさせて頂きました。
軍手を填めて釜に茶葉を押し付け、散らす~を繰り返し水分を飛ばすのです。
14964.jpg14968.jpg
デモの途中、試飲させて頂きました。そのお茶のお供に、興梠さんの奥様のお手製漬物を頂きました。とても美味しかったです、御馳走様でした。
通常機械化されている釜炒り茶ですが、今回特別に手炒り、手揉みの釜炒り茶が販売されました。なので購入(笑)『古式 青柳釜炒り茶:20g1080円』ですが、なかなか手揉み茶を頂く機会はないですからね。
あ、先日煎茶の手揉み茶も購入していましたね。5g500円也~(^^;
それでもどちらも中国茶に比べれば安いわ~(*´∀`)
福岡に居た時は、釜炒り茶飲んでいました。サッパリしていて美味しいの。
100g1000円くらいだったけど、それは機械で作られたものよね。
皆様も機会があれば、ぜひ一度釜炒り茶飲んでみて下さい。
煎茶とはまた違った風合いです。
興梠さん、ルピシアスタッフの皆様、貴重な体験をありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クオカスタジオ・やみつき食感!湯種で作るもちもちミニ食パン [お稽古・お菓子]

◆やみつき食感!湯種で作るもちもちミニ食パン
モチモチ食感を楽しもう!毎日食べたいミニ食パンを作りましょう。
しっとり、もちもちの湯種食パンはサンドイッチやトーストにピッタリ。前日に種を作っておくだけで、本格的な湯種パンができます。国産小麦「キタノカオリ」で作る食パンはシンプルな材料を使い、粉の甘さを際立だせる絶品レシピです。手捏ねで生地を仕込んだらパウンド型に入れて焼き上げていきます。湯種を使った生地はとても繊細なので、やさしく成形しましょう。「湯種」は、食感だけでなく、でんぷんの老化を遅らせてくれるのでしっとり柔らかさが続きます。
ぜひこの機会に「湯種」の扱い方をマスターしてくださいね。
14930.jpg14934.jpg
14931.jpg今回の「湯種」生地は、初めて耳にする言葉。
『しっとり、もちもち』と私の好きなキーワードが出てきたので興味津々で受講しました。
粉に熱湯を掛けて練るだけの湯種。簡単さと効果の素晴らしさにビックリです。良い事尽くしの湯種パン!ハマリそうです(*´∀`)
唯一難点は、膨らみが弱くなるので長く発酵させる事でしょうか?それとデリケートな生地なので形成時に優しく扱う事。
せっかちでガサツな私には不向き?(笑)
レッスンでは粉200gを捏ね、パウンド型でミニ食パンを。残り生地にかのこミックスを混ぜて豆パンを作りました。
▼試食
14932.jpg14933.jpg
試食は、先生が作って下さった焼きたてのものを頂きました。
謳い文句のように、本当にふわふわもっちり
砂糖も大して入っていないのに甘いのです。普段粉には無頓着で、あまり気にしていなかったのですが、今回キタノカオリ買って帰っりました。
▼持ち帰り
14935.jpgパウンド型のミニ食パンと、豆パン2個。これで粉200g分です。大して捏ねが上手くない私でも、そこそこふわふわ、もちもちの食感になりました。他の方に比べると、若干膨らみは弱かったです。形成時ギュッギュッと引っ張っちゃったから~(;´Д`)
普段パン生地は機会任せ。手捏ね経験の少ない私なので、パンの中級レッスンはちょっとハードルが高いです。今回の生地は、ホームベーカリー等、機械を使って捏ねてもOKと講師もご推奨(笑)私の場合、手捏ね経験が無いので寧ろ練習した方が良いのかな?
粉も買ったし、ぜひ家でも湯種パン作りたいと思います。

先生、丁寧な御指導ありがとうございました。御一緒した皆様お疲れさまでした。
レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。
因みにこのレッスンは9~10月まで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ペギーポーションさんの桜のシュガーアート製作デモ [お稽古・お菓子]

◆ペギー・ポーション氏による桜のシュガーアート製作デモンストレーション
14907.jpg14908.jpg
只今日本橋三越で「英国展」が開催されています。
そのイベントの一環で、シュガーアートの第一人者ペギー・ポーションさんのデモを拝見する事が出来ました。A、B2パターンに分かれ運良く両方受講する事が出来ました。
今回はフラワーペーストを使った桜のデモンストレーションです。
14909.jpg14910.jpg
14911.jpg14912.jpg
14913.jpg14914.jpg
14915.jpgワイヤーを使って桜の蕊から作ります。解説を聞いていると昔パーパーフラワーを作っていた時のやり方と同じようで懐かしくなりました。花弁や葉はペーストに色を着けて型で抜き、シリコン製の型を使ってリアルに筋などを付けた後で色を施します。
蕾、花、葉夫々のパーツが出来たら、一枝になるようにテープで巻いて固定し仕上げます。
▼購入本
14860.jpgこちらの2冊が、前回訪れた時に購入した本です。
運悪く、私の前に購入した方まではサインが頂けたのですが、私の時は休憩中だとかでサインを頂く事が出来ませんでした。それならば今日買えば良かった。
どうしてこうタイングが悪いのでしょう~(;;)
全員にサインが書かれた色紙を配られたのですが、やっぱり本にサインの方が良いぞ!

ポーションさん、日本橋三越のスタッフの皆様、ありがとうございました(*´∀`)ノ
毎年英国展は日本橋三越で開催されているみたい。また来年も来たいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

UCC・美味しい日本茶とコーヒーを楽しもう 第2弾! [お稽古・お菓子]

◆美味しい日本茶とコーヒーを楽しもう!!第2弾
 ~手もみ茶や焙煎工程からくる味わいを学んでみよう~
9月10日10時00分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
14866.jpgセミナーを通じ、ご家庭でも美味しい日本茶や、コーヒーを楽しんで頂けることを目指します。現在、多くの場面で日本茶が注目されています。2013年12月に和食がユネスコ無形文化遺産に登録された事から、和食には欠かせない日本茶が、コーヒーと同様に海外からの注目を集めています。製法や規格などの基礎的な内容から、日本茶やコーヒーの美味しい淹れ方をポイントを踏まえ実習していただきます。
講師は前回に続き、全国手もみ技術競技大会チャンピオンで根本園6代目の根本茶師と、ハンドドリップ日本チャンピオン、UCCの土井氏でした。
14867.jpg14868.jpg
14869.jpgまずは、茶葉と茶葉を蒸したもの。手揉み作業途中のもの、完成品のサンプルを見せて下さいました。この茶葉は10日間ほど日除けをした被せ茶だそうです。
青臭い蒸されただけの葉が、水分を飛ばしながら揉まれる事で段々と色、香りを変化させ、形も針のように整ってきます。茶葉は天候により30~60秒蒸すそうですが、この「蒸し」で味が決まるそうです。
▼手揉み茶の試飲
14870.jpg14871.jpg
14872.jpg14873.jpg
14874.jpg小ぶりの湯飲みに茶葉を入れ、香りを立たせる為に90℃位のお湯を数滴茶葉に掛けます。この時香りを嗅ぐと、お茶の良い香りが楽しめます。1煎目は水を掛け(茶葉3gに対し水30ml)5~10分ほど掛けてゆっくり茶葉が開くのを待ちます。2煎目、3煎目を飲むなら茶葉が開き切る前に頂きます。2煎目は60℃、3煎目は80℃のお湯が適温とされています。
水出しは玉露の様に甘く濃厚な味わい。2、3煎目も美味しく味わえました。
茶葉は食べる事も出来ます。
14875.jpgお茶も珈琲の様に焙煎をして仕上げます。珈琲用のロースターでは量的に無理なので、焙烙を使って茶葉の焙煎を見せて頂きました。炒る度に香ばしい良い香りが辺りを漂います(*´∀`)
参加者も焙烙を回して焙煎体験をしました。
なので、ちょっと焙煎しすぎる結果に(笑)
水色が緑から黄色に変化しています。
▼焙煎前
14876.jpg14877.jpg
▼焙煎後
14878.jpg14879.jpg
▼お洒落なティードリッパーで水出し茶
14880.jpg14881.jpg
14882.jpg14883.jpg
2時間ほど掛けて氷水で冷茶を準備して下さっていました。
茶器は本来は紅茶用なのかな?ハリオのティードリッパーラルゴです。
前々から興味があったので実物を見て益々欲しくなりました。物欲が~(;´Д`)つ➉
ボタンを押すと、下に置いたサーバーにダーッとお茶が落ちる仕組み。
14884.jpg14885.jpg
今回お茶の話、体験ばかりで、このまま終わってしまうのか?と思ったら!最後に2つの珈琲の飲み比べがありました。
この2つは何方も同じベトナム産のアラビカ豆。ただ焙煎の温度、時間が違うのだそうです。2人の焙煎師がイメージする珈琲の味を、どっちが好みか?で挙手しました(笑)
元々私は深煎りが好きだったのですが、このUCCのセミナーで酸味系のもの、浅炒りのものを飲む内に・・・酸っぱいのが苦手じゃなくなったかも?不思議だ~(;´Д`)
焙煎は只決まった温度、時間を守ってするのではなく、焙煎師の「想い」が加わっているのだと改めて知る機会となりました。奥が深いわ~(*´∀`)
今回も貴重な体験、お話をありがとうございました。
▼お土産
14886.jpg14890.jpg
お土産に根本園の煎茶を頂きました。
可愛いお洒落なパッケージに30gの小分け。ちょっとずつ色々飲みたい女子向けかな?パッケージ毎に香り、色、濃さの表示が書いてあるので、好みの物を選びやすいです。
▼お買い物
14887.jpg14888.jpg
14889.jpg前回、茶器を販売して欲しいと要望があったそうで、蓋無しの急須を用意して下さっていました。以前本で、この急須で氷水出し茶を淹れてあったのを見て欲しかったもの。茶濾し部分も取り外しが出来洗える優れものだそうです。なので購入(笑)2000円也。
また今回試飲させて頂いた手揉み茶も小分けで販売されていたので2つ購入しました。5g500円也。
自宅でプチ贅沢!貴重な手揉み茶を堪能させて頂きます。

11月末~12月頃に第3弾が予定されているそうです。詳細は未定とのこと。
都合が合えば、また参加させて頂きたいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ユイミコさん新刊本出版記念スペシャルデモ [お稽古・お菓子]

14850.jpg14852.jpg
大人気和菓子ユニット、ユイミコさんの新刊『ユイミコ謹製抜き型付き 初めての和菓子』発売を記念して、自由が丘クオカでデモンストレーションが開催されました。
立ち見なら、どなたでも無料で見る事が出来ましたし、着席の場合(限定20名)は、本代1620円のみで見る事が出来ました。型付きのレシピ本にも興味があったので、私は着席で拝見しました。年齢的に足腰が(笑)
14853.jpg14854.jpg
14855.jpg14856.jpg
今回のデモは、著書の中のレースの羊羹でした。
薄く敷いた羊羹を型で抜き容器の側面に貼り付けているのですが、見栄え良くとっても可愛かったです。型で抜いた羊羹は飾りとして使えます。
デモでは本に書いてないテクニックも紹介してくださいました。
本には他にも色々可愛いレシピが掲載されています。その紹介はまだ後日!
そしてこのレシピ本の肝はユイミコ謹製抜き型です。
これから和菓子を始めよう!と言う方にはお薦めです。ステンレスや真鍮の型に比べてプラスチックの型はとてもリーズナブルなのです。
私は持っている型もあったのですが、このお値段ならと購入しました。
同梱されている型は桜の花びら金魚モミジの6種です。
組み立てれば6個の型を収納できる厚紙付きです。
この型抜きは、和菓子だけでなく、洋菓子にも応用できますから嬉しいですね。
終了後には、本に両氏のサインを頂きました(*´∀`)
そしてこのデモ、日本テレビの取材が入っていました。オンエアいつだろう?
帰ろうとしたら、日テレの報道局の方からインタビューを頼まれたのですが、顔、名前が出るそうなのでお断りしてしまいました。TV局の方ごめんなさい。
実はもう随分前に、やっぱり日テレのインタビューに出た事があるのよ。
私ですらそのオンエアを見ていなかったのに、複数の方から「TVに出てたでしょ」って言われて。ニュースの中のほんの一瞬のインタビューなのに!いや~世の中って狭い!って思いました(笑)それ以来モブ以外はお断りを。

ユイミコさん、クオカスタッフの皆様ありがとうございました。
この型、レシピ本を使って作ってみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ペギーポーションさんのアイシングクッキーデモ [お稽古・お菓子]

◆ペギー・ポーション氏による3種のアイシングクッキー製作デモンストレーション
只今日本橋三越で「英国展」が開催されています。
そのイベントの一環で、シュガーアートの第一人者ペギー・ポーションさんのデモを拝見する事が出来ました。たまたまHPを覗いて知ったので本当にラッキーでした。
ポーションさんは素敵な笑顔で、丁寧に教えて下さいました。
14832.jpg14833.jpg
14834.jpg14835.jpg
テーブルには色々なお道具が。シュガーアートは詳しくないので興味津々です。
14836.jpg14837.jpg
ロイヤルアイシングの作り方、色の混ぜ方から教えて頂きました。
14838.jpg14839.jpg
シリコンの型にシュガーペーストを詰めて作るお花。クッキーに貼り付けます。
14840.jpg14841.jpg
本日のデモで作って頂いた作品。一番大きな蝶は10cm以上はありそうな大きさです。
14842.jpg14843.jpg
ドットや雫など模様を作る色々なテクニックも教えて頂きました。
14844.jpg14845.jpg
シュガーペーストで作った花は、筆に色粉を付けて細部まで彩色して仕上げます。
14831.jpg
この本は、もう随分昔にアマゾンで購入したもの。
表紙のあまりの美しさにポチリました。
当時も今もシュガーアートには疎く、このイベントに申し込んだ後、本の著者がポーションさんだと知りました(^^;
今回2冊の本も販売されていました。アマゾンで買った方が安いのかな~と思いつつも、買ってしまいました。シリコンの型も。本はサインを頂けず残念でした(;;)
クッキーの型はちょっとお高め。悩み中です。後日ケーキのデモにも参加の予定なので、それまでに決心を(笑)

ポーションさん、日本橋三越のスタッフの皆様、ありがとうございました(*´∀`)ノ
シュガークッキー作ってみたい!と思えました。難しそうだけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クオカスタジオ・カシスとバニラのムースケーキ [お稽古・お菓子]

◆まるでパティスリー!!カシスとバニラのムースケーキ
甘酸っぱいカシスを使って、華やかなムースケーキを作りましょう!
カシスのムースの中にクリーミーなバニラのクリームを中に忍ばせて、見た目も華やかな手の込んだムースケーキを作ります。スポンジは焼成済みのスポンジを使用しますので、デコレーションやムース作りに集中できます。カシスのムースはアングレーズとイタリアンメレンゲをベースにしたムース作りで、イタリアンメレンゲは講師のデモンストレーションで作り方をお伝えします。
14825.jpg14826.jpg
カシスムースの中に、スポンジ生地とバニラのムースを仕込みアクセントにフランボワーズ片を散らしています。仕上げに表面にカシスで模様を描きグラッサージュで艶を付けています。スポンジ生地は市販品を利用。カシスムース用のイタリアンメレンゲは講師がまとめて作られたので、比較的簡単に作業する事が出来ました。
これがコルドンならスポンジ生地からイタメレまで全部作って洗い物まで済ませる(笑)
飾りのチョコも講師が御用意を。至れり尽くせりのレッスンでした。
カシスは大好きなので美味しく可愛いケーキを教えて頂いて大満足でした。
バニラムース用のバニラは、昨今のバニラ不足の事情もありペースト+オイル代用でした。私もバニラビーンズ欲しいけど、高いし頻繁に使わないので今回使用したペーストとオイルを購入しました。
▼持ち帰り
14827.jpg14828.jpg
型崩れしないように、セルクルの内側にムースフィルムを貼り付けて作業しました。
なので家に帰りもう一度固めてフィルムを外しカットしました。
比較的綺麗にカットする事が出来ました。
カシスの酸味とバニラの程良い香り、甘味が相まってパクパク完食致しました。
写真撮影の為にカットしていなかったら、スプーン片手にホール食いしたかも?(笑)

先生、丁寧な御指導ありがとうございました。御一緒した皆様お疲れさまでした。
レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。
このレッスンは9~11月まで開催されますよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京ガス料理教室「芳醇な香り贅沢クグロフ」 [お稽古・お菓子]

今回初めて東京ガスのお料理教室に参加しました。
切っ掛けは、以前お料理教室で隣の席の方が「先日、東京ガスのお教室に参加した」と言うお話を伺ったからです。もう随分昔に渋谷の東京電力のお教室には通った事があったのですが、東京ガスでも同様の教室があるとは知りませんでした。
抽選方式なので、希望するもの全てに参加できる訳ではありませんが、お値段もリーズナブルだし、とりあえず幾つか応募してみました(*´∀`)
運よく今回抽選に当たり、初めて参加させて頂くことになりました。
◆芳醇な香り贅沢クグロフ
・チョコレートフィグケーキ
・クレープシュゼット~イチジク添え~
14802.jpg14803.jpg
14804.jpg14805.jpg
タイトルは『芳醇な香り贅沢クグロフ』と付いていますが、それだけではなく「クレープシュゼット」も実習試食しました。
クグロフはカカオパウダーではなく、クーベルチュールチョコレートと生クリームでガナッシュを作り、バター生地に混ぜて焼きました。中にはコニャックに漬け込んだドライイチジクが入っています。厳密に言えば、イースト生地の所謂クグロフではなく、クグロフ型で焼いたチョコレートケーキですね(^^;
クグロフは持ち帰り用に、一人一台。クレープシュゼットは試食分を夫々焼きました。ソースを作ったり絡めたりは代表が。でも殆スタッフの方がお手伝いくださいました。
撮影用のディスプレイも凝っておりました(*´∀`)
▼試食
14806.jpg14807.jpg
各自作ったクレープシュゼットと、先生がご用意されたクグロフを試食に頂きました。クレープシュゼットにはバーナーでキャラメリゼしたイチジクを乗せています。
オレンジ風味のソーズと合う~♪とっても美味しかったです。
作ったクグロフは、即ラップに包み箱に締まったので、後日ご紹介いたします。
先生、スタッフの方々、ご一緒した皆様ありがとうございました。

グループ作業ですが自分の物は自分で作りますし、スタッフの方がサポートして下さるので、作業に不慣れな方でも十分楽しんで頂けると思います。
興味を持たれた方が東京ガス料理教室で検索し、最寄りの教室へお申込下さい。
※作業中の写真撮影はNG。完成作品のみ撮影可となります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クオカスタジオ・濃厚クリーミーなマンゴープリン [お稽古・お菓子]

◆濃厚クリーミーなマンゴープリン
14748.jpg夏限定のレッスンが今年も登場!特別なマンゴープリンをお教えします
オールインディアマンゴーショーで優勝した農園で作られたピューレを使って、芳醇な香りの贅沢マンゴープリンを作ります!つるんとした鮮やかなマンゴーの層の下にはココナッツのジュレを流し、よりトロピカルな印象に。さらにライムをに効かせた、透明のジュレをトッピングすれば涼やかな仕上がりです!プリン、ジュレともにゼラチンの合わせ方を変えて配合していますので、ゼラチンの基本的な扱い方も学ぶことができますよ。夏の鉄板レシピ!ぜひ覚えてくださいね。
14743.jpg14744.jpg
14745.jpg14746.jpg
14747.jpg底に白いココナッツのジュレを流し固め、マンゴーとココナッツのプリンを流します。上にマンゴーの果肉を並べたら仕上げにライムのジュレとミントの葉を飾ります。マンゴーは濃厚で美味しいアルフォンソマンゴーを使用しています。それだけでも美味しいのに、ココナッツのジュレやライムのジュレを合わせて、味や食感の変化が楽しめる贅沢な一品になりました。
▼持ち帰り
14749.jpg14750.jpg
各自5個作り持ち帰りました。
英字が入った可愛いパッケージは蓋も付いています。
今度姉の所に作って持って行こうと買って帰りました(^^;
でもココナッツのジュレはパスするかも!?マンゴー缶しかない~。

先生、丁寧な御指導ありがとうございました。御一緒した皆様お疲れさまでした。
レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。
因みにこのレッスンは今月まで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クオカスタジオ・夏のショコラスイーツ [お稽古・お菓子]

◆ショコラのスペシャリストによる特別レッスン!『夏のショコラスイーツ』
14695.jpg14696.jpg
14697.jpg14698.jpg
前回クオカスタジオ自由が丘でのレッスン新感覚!トマトのシフォンケーキを紹介しました。今回はショコラのスペシャリストを招いての特別レッスン!でした。
テーマは夏のショコラスイーツです。
講師は、パティシエの世界大会 ”クープドモンド ドゥ ラ パティスリー” に日本代表キャプテンとして参加されるなど国内外のコンクールで輝かしい受賞歴をお持ちの鍋田幸宏シェフ。今回の為にオリジナルのレシピを考案して頂きました。
▼ヴェリーヌ・ショコラ(実習あり)
ヴァローナのエクストラビターを使ったジュレにガナッシュモンテを絞り、食感のアクセントにシュトロイゼルショコラを散し、軽い食感のエキュームカフェを乗せています。仕上げはパールショコラ、金箔で飾ります。
今回ムースよりも口当たりを良くする為に、ゼラチンでなくジュレデセールを使用しています。添加物の力を借りて(笑)トロッとした口当たりです。ガナッシュモンテはエキュームカフェを乗せるので外見上は隠れてしまいますが、食べると味と食感の違いを感じることが出来ます。エキュームカフェはゼラチンを使って固めた珈琲味の泡です。
料理では昨今、お醤油などを泡にして使うのだとか。今度試してみよう!
▼ケックショコラオランジュ(デモのみ)
14701.jpg14702.jpg
しっとりしているのに口当たりが軽いショコラ生地にフランス産のオレンジピールを合わせたスイーツ。
パウンドケーキは、シュガーバッタ法で作ることが多いのですが、これはバターと砂糖に空気を含ませる手間が掛かりません。材料を混ぜ合わせるだけ!焼き上げたケークにシロップを染み込ませた後は、溶かしたパータグラッセにアーモンドダイスを加えたグラッサージュショコラを回し掛けしています。
▼試食
14703.jpg夏場は濃厚なチョコレートは敬遠しがちですが、ヴェリーヌは口当たりが軽くとても美味しかったです。色々な食感が楽しめるのも良いですね。作るには少々手間は掛かりますが(^^;
ケックショコラは、思っていたよりシットリしていました。オレンジを他のものに替えても美味しそうですね。イチジクなど挙げていらっしゃいました。
▼持ち帰り
14704.jpg14705.jpg
ヴェリーヌ4個は実習したものを持ち帰りました。ケックショコラは、シェフがご用意下さったミニサイズをお土産として頂きました。
鍋田シェフは、今後ご自分のお店を出される予定だそうです。
どこに出来るのかしら?とても楽しみです。

鍋田シェフ、丁寧な御指導ありがとうございました。
御一緒した皆様お疲れさまでした。
レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - お稽古・お菓子 ブログトップ
メッセージを送る