So-net無料ブログ作成
検索選択
お稽古・お菓子 ブログトップ
前の10件 | -

ピエール・エルメのクッキングセミナー「イスパハン」 [お稽古・お菓子]

◆Cooking Seminar “Ispahan”
14074.jpg5月23日19:00~開催された、ピエール・エルメのクッキングセミナーに参加しました。
場所は青山店の2FにあるHeaven。
リニューアルして初めて行きましたが、すっかり様変わりしていました。Mieleのキッチン家電が美しい!リフォームしたら欲しい~(;´Д`)
今日の講師は、リシャールさん。社長自らデモをしてくださいました。昔イクスピアリで拝見して以来久しぶりです。
14075.jpg14076.jpg
受付を済ませると、事前に席が決まっており案内されました。定員25名。カウンター席は14名程で、他はテーブル席でした。今回はデモンストレーション形式なので、デモ中は皆でカウンター席を立って囲む形になりました。以前と違って2時間立ちっぱなしではなかったので助かりました。
ウエルカムドリンク(シャンパンorミネラルウォーター)を頂き、マカロン・イスパハンとボンボンショコラも頂きました。下戸な私はミネラルウォーターのガス無しで。
◎タルト・ミニョット・イスパハン
14077.jpg14078.jpg
14079.jpg14080.jpg
14081.jpg14082.jpg
14083.jpg14084.jpg
アイス、サブレ、クレームダマンド、ソースetc…各パーツを作り組み立てます。
アシェット・デセールの醍醐味ですね。わくわくします~(*´∀`)
アイスはリシャールさんがサーブされたのですが、スプーン1本1回掬いで盛り付けられました。丁度昨日受けたUCCの食セミナーで、石川シェフが「ベテランになると1回で掬えます」と仰っていましたが翌日にその神業を見ようとは!流石三ツ星出身!
イスパハンには必ず付いている薔薇の花びらも添え、雫を付けて出来上がりです。
14085.jpg14086.jpg
底のサブレは直径12cm.結構なボリュームでお腹一杯になりました。
味は薔薇とライチ尽くしで美味しかったです。ただね、サブレがフルーツの水分を吸って、ふにゃ~となって少々食べにくかったのが残念(^^;
14087.jpg14088.jpg
食後には、カクテル・イスパハンを頂きました。私はノンアルコールの方を。
そしてチュイルココ(ココナッツのチュイル)とサブレ ア ロリーブ ノワール(黒オリーブのサブレ)、イスパハンとピスターシュのマカロンも頂きました。
お腹一杯でしたが、ちょっと無理して完食しました。あ~幸せ~(*´∀`)ノ
エルメのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

サブレやチュイルは、以前紹介した「ピエール・エルメが教える焼き菓子ブック」に掲載されていました。デセールの底生地、サブレブルトンも載っていましたよ。
14089.jpg14090.jpg
ピンク色の可愛いライチ入りクレームダマンド。これだけでも十分美味しい!デセールではコンフィチュールを塗り、ひっくり返してサブレの上に乗せていました。
14091.jpg14092.jpg
マカロンのお土産を頂きました。
アンフィニマン・ローズ、ショコラアメール、アンフィニマン・シトロンだと思います。この日は、営業時間を延ばしてくださったので、帰りに商品を購入する事が出来ました。なのでヴィエノワズリーなど購入しました。それはまた後日ご紹介します。
久しぶりにギュウギュウの満員電車で帰りました(;;)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ルピシアティースクール「工夫茶器」 [お稽古・お菓子]

◆ルピシアティーレッスン【いれ方】中国茶・台湾茶(工夫茶器)
今日は午前中に自由が丘のルピシア本店にティーレッスンを受けに行きました。工夫茶器を使った中国茶・台湾茶春の淹れ方を習いました。
以前、台湾茶の試飲会で工夫茶器を使ったお茶の体験をしました。最近茶器が欲しくなりまして(笑)淹れ方や茶器について習ってから茶器を探そうと思い受講しました。
14016.jpg14017.jpg
14018.jpg14019.jpg
・黄金桂:キンモクセイに似た華やかな香り、軽やかな口あたりの福建省の烏龍茶。
・水仙:香ばしい香りと、すっきりした渋みが特徴の烏龍茶。
・阿里山:台湾の名産地、阿里山の烏龍茶。高山茶の澄んだ香りと華やかな余韻。
夫々違った味わいがあり美味しかったです。
先生が淹れ方を教えて下さった後、各自工夫茶器で淹れました。
茶壺の蓋にある穴を塞がないように茶海に注ぐのが難しかったです。
普段は日本茶、珈琲を良く飲みますが、烏龍茶も良いですねぇ。
阿里山の烏龍茶は、先日行ったグランマルシェで購入していました!茶壺は持っているけど、茶海、茶船(茶盤)は持っていないので、やっぱり欲しくなりました~(;´Д`)
先生丁寧に教えて下さりありがとうございました。
ご一緒した皆様、お世話になりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クオカスタジオのスイーツレッスン・抹茶と白ごまのムースケーキ [お稽古・お菓子]

◆まるでパティスリー!!抹茶と白ごまのムースケーキ
久しぶりにクオカスタジオ自由が丘にてスイーツレッスンを受けました。
『香り高い抹茶パウダーと白ごまペーストを使用した2層仕立てのムースケーキに、抹茶のグラサージュをかけて仕上げます。新緑の季節にぴったりな和風のムースケーキに、チョコレートとごまで作ったクランチが食感のアクセント。』
上記解説のように「抹茶と白ごまのムースケーキ」を作りました。アントルメは約1年ぶりです。その1年前のレッスンは「抹茶のオペラ」でした。抹茶好きな私(笑)
14004.jpg14005.jpg
14006.jpg14007.jpg
14003.jpg今回のレッスンの肝はグラッサージュ掛け。久しぶりですっかり要領を忘れていました。先生の解説を聞きながら、昔のレッスンを思い出しました。
またグラッサージュのレシピが違うので、ムースケーキ表面の仕上がりが随分違いました。
グラッサージュ掛けの時は失敗しないように、先生が側に付いて丁寧に教えてくださいました。
14008.jpg14009.jpg
14010.jpgこのレシピ、とっても切り分けやすかったです。もちろん先生は綺麗に切り分けられていますが、自宅でもほぼ失敗無く切れました。ムース部分が面白いようにプニョ~ンと綺麗に切れるのです(笑)かと言って硬いわけでも無く、絶妙なゼラチンの量でした。
もう少し抹茶風味が強くても良いかな?と思いましたが美味しかったです。自宅でも作ってみたいです。
14011.jpg14012.jpg
私は気に入ったのですが、胡麻のムース部分が夫に不評でした。ミルク臭いらしい。白胡麻のペーストと生クリームなんだけど・・・そんなに甘くないのにぃ。なので、その殆どを私が一人で食べました。軽い口当たりなので、ペロッと食べられました(*´∀`)v
このケーキは、5~8月開催予定なので興味を持たれた方は受講されてみては?

レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

UCC・和菓子体験と和菓子に合うコーヒーを見つけよう! [お稽古・お菓子]

◆UCCコーヒーアカデミー特別セミナー◆
和菓子体験と和菓子に合うコーヒーを見つけよう!
 ~練り切りで「ひとひらと春山」を作りましょう!~
13820.jpg13821.jpg
4月10日14時00分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
講師は和菓子教室「アンネルネ・マチエル」主催の鳥居満智栄氏。
※上記2枚の画像は告知HPから流用したものです。
以前著書を紹介していました。こんな形でお会いできるとは!
◎CONTENTS
①レシピ説明
②デモストレーション
③実習
④コーヒーの説明と共に出来上がりをご試食、歓談
13823.jpg用意されている練切生地に着色する所から実習は始まります。半分をピンクに染め、漉し餡を包餡して丸く整えた後、桜の花びら形に変形し完成させます。
残りの生地はピンクとブルーに半分ずつ染め分け、同じこし餡を包餡した後茶巾絞りで形を整えます。
桜の花びらの形をした「ひとひら」を二個。茶巾絞りの「春山」を二個作りました。
包餡は暫くぶりだったので、いつの間にか我流に戻っていました(^^;
先生に指摘を受けつつ、以前お教室で習った時のことを思い出していました。
初心忘るべからず…昔のレシピを引っ張り出して復習したいと思います。
13822.jpg13824.jpg
参加した皆さんの作品を並べてパチリ。食用色素で染めるのは個人の裁量だったので、各人色合いが違います。もちろん花びらや茶巾絞りも個性が出て同じものはありません。
和菓子屋さんでも、同じモチーフでも随分違いますものね。
内一つを試食し、残りは持ち帰りました。
試食時には、6種類の珈琲を飲み比べ好みの味にブレンドします。
本日ご用意頂いた珈琲は・・・
①コロンビア産エルミラドール(ウオッシュド)
②ルワンダ産フイエマウンテン(ウオッシュド)
③ベトナム産レ・タン・アン(ウオッシュド)
④エチオピア産ゴティティ(ナチュラル)
⑤ブラジル産タデウ(パルプドナチュラル)
⑥ニカラグア産マンマミーナ(ウオッシュド)
以前紹介したチョコレートの回でも6種類の珈琲を試飲して好みの味にブレンドしたのですが、今回はその時程ブレンドする時間もなく、ちょこちょこ試飲をして和菓子を食べきった感じでした(笑)種類に因っては、和菓子の甘さで珈琲の酸味が協調されてしまうことも。苺大福などフルーツ系の和菓子なら良いのでしょうけど(^^;
普段私はエスプレッソや濃いローストの珈琲と合わせてたので、高級なストレートの珈琲と合わせるのは難しいな~と思いました。もちろんUCC講師の方のアドバイスは頂きましたが、結局は自分で好みを探すしかないのかな?和菓子と珈琲奥が深いです。

丁寧にご指導下さった鳥居先生、UCC講師、ありがとうございました。
同席した皆様お世話になりました。楽しかったですね(*´∀`)
秋にもこちらのセミナーで開催される予定だそうですよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

リンツ・チョコレート テイスティングセミナー [お稽古・お菓子]

自由が丘店で開催された「チョコレート テイスティングセミナー」に参加しました。
申し込み受付と同時にすぐ満席になる人気のセミナー。やっと申し込み出来ました。
13784.jpg13785.jpg
1Fで受付を済ませるとウエルカムチョコレートドリンクを頂きます。それを持って3Fのセミナー会場へ向かいます。テーブルにはレジメと資料が用意されていました。
13786.jpg13787.jpg
13788.jpg13789.jpg
左の画像のカカオポッドはイミテーション。右の乾燥したものは本物です。
13790.jpg13791.jpg
本日のテイスティングは以下のチョコレート8種類。
・エクセレンス 70% カカオ
・エクセレンス 85% カカオ
・エクセレンス 90% カカオ
・エクセレンス 99% カカオ
・エクセレンス オレンジ・アーモンド
・エクセレンス シーソルト
・エクセレンス エクストラクリーミー
・エクセレンス ホワイトバニラ
*マカロン
最後にマカロンを頂きました。ガルニチュールはエクセレンス70%だそうです。
チョコレートのテイスティングは、以前クオカの「cuoca厳選100種のチョコレート食べ比べ」を紹介していました。40分で100種類のテイスティングは無謀でした(笑)
今回のように8種類だとジックリ味わいを堪能できました。
エクセレンスは70%しか食べた事がなかったので、85、90、99は新鮮でした。意外と90が美味しかったです。フレーバーではオレンジ・アーモンドが美味しい!即買って帰りました(笑)ホワイトバニラ、シーソルトも美味しかったです。
13792.jpg帰りにお土産を頂きました。
クリエーションの「ムースミルク」とリンドールの「ミルク」です。また本日限定の購入商品10%offチケットも頂きました。なのでつい(笑)買ってしまいました。後日紹介しますね。
これからセミナーを受講予定の方は、お買い物は受講後が良いですよ(*´∀`)b
受講費3000円でこの充実した内容でした。
リンツのスタッフの皆様ありがとうございました。

余談ですが・・・講師の方に見覚えが。
なんと10年ほど前に通ったル・コルドン・ブルーで通訳をして下さっていた方でした。久しぶりのお会い出来て嬉しかったです。多方面でご活躍されているようです。
セミナーに興味を持たれた方は、リンツHPをご覧のうえお申込み下さい。
大体毎月1日の22時~翌月のセミナーの申込受付が始まります。要確認のこと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

UCC・菊地シェフによるスイーツセミナー・4 [お稽古・お菓子]

◆UCCコーヒーアカデミー特別セミナー◆
レザネフォール 菊地シェフによるスイーツ実演とコーヒーのマリアージュ
4月2日13時30分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
13752.jpg講師はパティスリー レザネフォールのオーナーシェフの菊地賢一氏。菊地シェフの特別セミナーは今回で4回目の参加。昨秋は旅行と重なり参加出来なかったので約1年ぶりです。以前参加した時の様子はこちらをご覧下さい。1回目2回目3回目
恵比寿と銀座の2店舗を切り盛りされてお忙しいのにデモンストレーションを披露して下さいました。
今回は以前と比べてスイーツのデモはあまり無く時間も90分と短くなっていました。
今回もフレンチプレス(カフェプレス)による抽出実習もあり、自分達で淹れた珈琲を、シェフ特製スイーツと共に頂きフードペアリングを楽しみました。
◎CONTENTS
1.旬の食材を使ったスイーツ
  ①ベリーのシュー・ア・ラ・クレーム
  ②抹茶とホワイトチョコのムース
2.カフェプレス抽出実習
3.スイーツとコーヒーのマリアージュ
  ①パナマ『ハートマン農園』“ゲイシャ”ナチュラル
  ②パナマ『エスメラルダ農園』“ゲイシャ”ウォッシュド
4.「飴細工の技」デモンストレーション
5.ブレイクタイム
  +お土産
13755.jpgベリーのシュー・ア・ラ・クレーム
サクサクの食感のシュー生地と、甘酸っぱいベリーのシャンティとカスタードクリームがマリアージュ。
パナマ・ハートマン農園“ゲイシャ”ナチュラル
クランベリーや赤ワインを思わせるスパイシーで上品な酸味。アフターテイストに甘味が残る。
シュー生地の中にはカスタードクリームと生クリームを混ぜたリッチなディプロマットクリームが入っています。そこにブラックベリー、ワイルドストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーの4種類のベリーを乗せ、上に苺のクレームシャンティイを絞っています。カットしたシュー生地の蓋部分はセルクルで丸く綺麗に抜くのがポイントだそうです。流石プロの仕事だ~。
盛り付けの苺は菊地シェフが信頼の於ける高知県の生産者さんから取り寄せたもの。パッションフルーツやコリアンダーなど数多くの素材をミックスして作ったベリー系スイーツに合うソースを添えて頂きまます。
食感も味もとても美味しかったです!が、フォークとナイフではちょっと食べ辛いかな?一応食べ方のマナーは知っているけども(^^;
合わせる珈琲は、UCCの担当者さんと吟味を重ねて選んだパナマ産の「ゲイシャ」ナチュラル。ゲイシャは最近人気ですが、パナマ産のものの方がより香り豊かだそうです。
ストレートで飲むと酸味を強く感じますが甘酢っぱいベリー系のスイーツと合わせると、その嫌な酸味が嘘の様に感じなくなります。これがマリアージュなのね!(笑)
13756.jpg抹茶とホワイトチョコムース
口どけのよいホワイトチョコレートムースと抹茶の香りとコク。春らしい爽やかな柑橘の香りが口に広がります。
パナマ・エスメラルダ農園“ゲイシャ”ウオッシュド
ベルガモットのような広がりのある明るい酸味。透明感があり爽やかな後味。
ホワイトチョコレートムースの上に抹茶を掛け、併せて栗、大納言小豆、マロンクリーム、アーモンド、柚子ソルベが盛りつけられ和風でまとめられています。
和素材をお洒落に盛り付けるだけでも華やかになりますね。もちろん味も極上でした!
合わせる珈琲は、こちらもUCC担当者さんと選ばれたパナマ産の「ゲイシャ」ウオッシュド。先に紹介した「ナチュラル」と「ウオッシュド」は、実を収穫した後の処理の違いで風味も変わるそうです。以前ハワイのコナで見学した農園はウオッシュドだったな。
ウオッシュドの方が爽やかな酸味だそうです。和素材との相性も良かったです。
菊地シェフはホテルで修行されていたので、アシェットデセールも手慣れたもの。
このセミナーの為だけのデセール、なんて贅沢なひと時でしょう。
13753.jpg13754.jpg
試食の合間に、菊地シェフの飴細工のスペシャルデモンストレーションを拝見しました。飴細工では国内外で受賞歴をお持ちなのです。引き飴のリボンと吹き飴のリンゴを見せて頂きました。以前引き飴は実習した事がありました。もう熱さとの闘い!
シェフは平然と作業されていました。プロのパティシエ、パティシエールには垂涎もののデモでしょうね。貴重な体験でしたがギャラリーが素人で申し訳ないわ~(;´Д`)
13757.jpg13758.jpg
お土産には、菊地シェフのお店パティスリー・レザネフォールの人気の焼き菓子の詰め合わせを頂きました。本タイプのパッケージが可愛いの♪中身は後日紹介します。
私も時々手土産に利用させて頂きますが「可愛い~♪」の声を頂きます(*´∀`)
今回、スイーツに関することだけでなく、修業時代のお話などプライベートなお話も聞けて楽しかったです。最後にお写真も撮らせて頂きました。
それが一番上の写真です。イェ~イ!のポーズも決まってます(*´∀`)b
菊地シェフ、UCCのスタッフの皆様、今回もありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ルピシア・ティーレッスン [お稽古・お菓子]

◆ルピシア・ティーレッスン【アレンジ:おもてなしのティーレシピ】
今日は午前中に自由が丘のルピシア本店にティーレッスンを受けに行き、春のフルーツティーを2種類習いました。苺の湯圓(タンユエン)とホットベリーティーです。
13535.jpg13536.jpg
13537.jpg13538.jpg
ホットベリーティーは、薄切りにした苺をティーポットに入れジャスミンティーを注ぎました。ティーカップにも薄切りの苺を添えています。下部をVの字に切りハート型に!
ストレートと、好みでミルクを入れました。ミルクを入れると少しピンク色になります。
苺についてのレクチャーもあり面白かったです。
13539.jpg13540.jpg
苺の湯圓(タンユエン)は、白玉団子を甘いシロップに浮かべて頂く、中国・台湾で親しまれている伝統的なスイーツだそうです。今回白、緑(抹茶)、ピンク(苺)の白玉団子を作り、レモングラスと甜茶のブレンドティーに砂糖を入れてシロップにしたものを注ぎました。ピンクの白玉は桜型に抜いてあります。白木耳とクコの実もいれると中華らしくなりました。
白玉は事前に作ってあったので茹でるだけだったのですが、色々作業が出来て有意義な60分でした。自宅でもぜひ作りたいと思います。
講師の先生、同席した皆様ありがとうございました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

UCC・ショコラティエ 江口シェフのセミナー [お稽古・お菓子]

◆UCCコーヒーアカデミー特別セミナー◆
江口シェフのオリジナルチョコレートと オリジナルブレンドのマリアージュ 世界でひとつの贈り物を作ろう
13497.jpg2月11日13時00分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
講師はパティスリー&カフェ デリーモのシェフショコラティエ&パティシエの江口和明氏。
UCC講師による珈琲の解説、江口氏からチョコレートについて解説を受けた後、チョコレートやコーヒーのテイスティングをしてオリジナルブレンドとマンディアンを作りました。出来上がったものはデモーリのロゴが貼られた瓶に詰め、たった一つの贈り物として持ち帰りました。なんとも贅沢なセミナーでした(*´∀`)
・コーヒーとスイーツのマリアージュ
・チョコレートの基礎
・産地別チョコレートのテイスティング
・江口氏チョイスのスペシャルティチョコレートの紹介
・チョコレートにあうマイブレンドコーヒーづくり
13498.jpg13499.jpg
座席には珈琲豆、チョコレートに関するレジメが。珈琲もチョコレートもフードペアリングによって味が変わることを試飲、試食して実感します。
13500.jpg13501.jpg
テイスティングに用意していただいたチョコレートは5種。プラス、カカオマスとカカオバターも付けて頂きました。カカオバターは手がツルツルになると話題に(笑)
68%ガーナ産カカオ(ニアンボ)、66%エクアドル産カカオ(カライブ)、64%ドミニカ共和国産カカオ(タイノリ)、62%ブラジル産カカオ(マカエ)、35%ブロンドチョコレート(ドゥルセ)。多分どれもヴァローナ社のだと思うけど?
ブロンズチョコレートは近年スイート、ミルク、ホワイトに続く「第4のチョコレート」と言われ人気です。江口シェフのお店でも店名を冠したスペシャリテがあります。
13504.jpg13505.jpg
13506.jpg本格的なカッピングは初めて体験しました。
が・・・現在体調不良で鼻と味覚が機能していません。酸味と苦みは分かるものの風味が全く感じとれませんでした・゚・(つД`)・゚・
なので味を確かめて粉をブレンドするのですが、レジメの解説文を参考にブレンドしました。とにかく酸味より苦みを優先しました。
粉は一杯分200円で販売されているドリッパーをビリビリ破いて、一人10袋(12gx10)使ってブレンドしました。内20gをマンディアン用に分け更に細挽きにします。
13502.jpg13503.jpg
マルコナ産アーモンドをキャラメリゼした後、溶かしたブロンズチョコレートを加えて混ぜ固まりだした頃に先ほど用意した極細挽きの粉を塗します。キャラメリゼ時に、普通くっつき防止にバターを加えるのですが、江口シェフはカカオバターを加えられました。カカオバターはバターと違いカビ無いそうです。知らなかった!
13507.jpg13508.jpg
出来たブレンドコーヒーは瓶に詰めます。2瓶出来ました。マンディアンも瓶に詰めます。ブレンドコーヒーとマンディアンを箱に詰め、リボン掛けをしてオリジナルのギフトとして持ち帰りました。もう一瓶分の珈琲は自分用にだそうです。結局マンディアンも二瓶分くらい出来たので、別途パウチに入れて持ち帰りました。
食べた夫曰く「珈琲の風味が凄くする~♪」だそうです。
私は鼻が治ってからゆっくり食べることにします。暫くおあずけですね~(;´Д`)
13509.jpg2月13日までバレンタイン特別企画として「コーヒービーンズ&チョコレートショップ」が開催されています。江口シェフのオリジナルチョコとスペシャルティコーヒーを購入したり飲んだり出来ます。
せっかくなのでアーモンドの入ったミルクチョコに合わせたスペシャルブレンドとマグカップを購入しました。マグは緑をもう一個購入しています。
江口シェフ、UCCのスタッフの皆様、今回もありがとうございました。
お値段以上にお得なセミナーでした。

ただ悔やまれるのは、体調不良で鼻が全く利かなかったこと。
先日熱が下がって治るのか・・・と思ったら、何のことはない通常の風邪モードに突入しました。鼻詰まり咳が苦しい~最近の寒暖の差が原因でしょうかね?
皆様もお気を付け下さい。このセミナー体調万全で参加したかったわ~(;´Д`)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クオカスタジオのスイーツレッスン・チョコレートタルトのデモ [お稽古・お菓子]

今日は朝から自由が丘のクオカにて開催された「エコール・ヴァローナ シェフ・パティシエに教わるチョコレートのタルト」に参加しました。
教えて頂くのは、タルト2種とマカロン1種です。
13389.jpg13390.jpg
講師はエコール・ヴァローナ東京のシェフ・パティシエ、境智子氏。
2007年にエコール・ヴァローナで受講した時に教えて頂いていました。今回のレッスンはデモで実習はありませんが、ヴァローナ・オリジナルのセルクル(直径15cm)がお土産に付きます。実はこのセルクル、前々から興味があって欲しかったのです!
会場には色々なサイズのセルクルが!四角も、小さいサイズもある~欲しい~!他サイズはエコール・ヴァローナでしか入手できないようです。残念(><)
▼タルトレット・アヴェラナ
13391.jpg13392.jpg
13393.jpg13394.jpg
13395.jpg13396.jpg
カカオの風味とミルク、ローストした香り高いヘーゼルナッツを絶妙なバランスで配合した「アゼリア」を使用したタルトレットです。 サクサクのヘーゼルナッツサブレに、アゼリアのガナッシュ・モンテとクレムー、シュトルーゼルなど、さまざまなテクスチャーを組み合わせて、アゼリアの美味しさを昇華させた逸品です。エコール・ヴァローナオリジナルのタルトリングを使用して焼き上げます。
今回使用のタルトリングは、フォンサージュが要りません!底生地、側面生地をサイズで抜き貼り付けるだけなのです。タルトの食感を損なわないように極力生地に触らないそうです。またタルトリングに穴が開いている為、生地の水分が蒸発しやすくサクサクの食感に焼きあがるのだそうです。以前ドゥマールでお菓子作りを習っていた時に、穴開きの天板やシルパンにその働きがありました。実際タルトを食べると、生地はサクサクでアゼリアもとっても美味しかったです。
▼タルトレット・グアナラ
13397.jpg13398.jpg
ドライフルーツを彷彿とさせる心地よい苦みのブラックチョコレート、「グアナラ」を使用したタルトレットです。 シンプルながらもショコラの味、香り、色をストレートに楽しめる一品。 レッスンでは誕生30周年を迎えたグアナラのヒストリーを交えながらその魅力をご紹介いたします。
この生地は、口でホロホロ、サクサク溶けるような繊細な食感でした。そしてそれ以上に滑らかで口解けが良かったのがグアナラのクリームです。絶品でした!!
▼マカロン・アヴェラナ
13399.jpg13400.jpg
アゼリアのヘーゼルナッツの風味に爽やかなフルーツの酸味を合わせたマカロン。ショコラとフルーツの組み合わせをお愉しみいただきます。
ちょっと酸味のあるフルーツのガルニチュールでした。星型の口金で絞ったマカロンはコロンと可愛く、マカロンリスとはイメージがちょっと変わりますね。
13401.jpg13402.jpg
13403.jpg13404.jpg
13405.jpg13406.jpg
とにかく今回、フォンサージュが要らない!と言う事に衝撃を受けました!!
ドゥマールのシルパン状のタルトレット型も生地をポンと置くだけで何もしなくて良かったのですが、それ以来の衝撃です(笑)穴開きだから出来るのか?普通のタルトリングやセルクルでも出来るのか?気になるところです。
サクサクのタルトが美味しくて、お土産のタルトリングを使って久しぶりにタルト作ってみたくなりました~(*´∀`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

cuoca厳選100種のチョコレート食べ比べ [お稽古・お菓子]

13342.jpg今日は夕方から、自由が丘のクオカにて開催された「cuoca厳選100種のチョコレート食べ比べ」に参加しました。随分昔に数回参加した事がありましたが、クオカスタジオが出来てからは初めてでした。
MAX25名。有料だから着席でゆっくりテイスティング出来ました。今回頑張って100種全部試食してみましたが、50分は短すぎ~(><)
13340.jpg13341.jpg
今回興味のあったスイートチョコレートを吟味していたら、ミルクやホワイト、フレーバーは時間が足りなくなってしまいました。最後にに回したホワイトチョコをテイスティングする時は一気に食べたら味が分からないくなってしまいました~(;´Д`)
来年参加出来たら、狙いを定めてジックリ味を吟味したいと思います。
とりあえずお目当てのスイートチョコレートは吟味できたので、これから購入する時の参考にしたいと思います。いつもヴァローナかカカオバリーなんだけど(^^;
クオカオリジナルのチョコレートもあり、砂糖不使用やテンパリング不要の便利なものも!また苺や抹茶が最初から加えられたチョコもありました。明治からは「濃いレモン」なるレモン味のチョコが出ていましたが・・・酸っぱ~~い!!私には無理(笑)日々進化していますねぇ~(*´∀`)
使用したチョコレート違いのガトーショコラを試食させて頂きましたが、3つを食べ比べると、やっぱり微妙に味が違いました。面白いですね。
クオカ様、素敵なイベントをありがとうございました。
同席した皆様、お世話になりました。楽しかったですねヽ(*´∀`)ノ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - お稽古・お菓子 ブログトップ
メッセージを送る