So-net無料ブログ作成
検索選択
お稽古・料理 ブログトップ
前の10件 | -

ネスカフェ Smart Life トークショー [お稽古・料理]

▼開始後は撮影禁止だったので、始まる前にステージを撮りました
10456.jpg本時お昼の 時から開催された、『ネスカフェ Smart Life トークショー ~美味しくて、ちょっとお得なトークショー~』に参加しました。
ネスカフェから届くメルマガで参加募集があり、抽選で当選したようなのです。
2月末にネスカフェ原宿が装いも新たにグランドオープンしたそうで、今回のイベントもこちらで開催されました。原宿に行くのは久しぶりだったのですが、迷わずに辿り着けました(^^;

さてイベントの内容は・・・
家庭でワンコインで作れる、シェフクオリティのワンプレートランチレシピ実演レクチャー。ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタによる、家庭でカフェのクオリティが楽しめるコーヒー体験
松本明子さん、AKINAさん、愛加あゆさん、チャンカワイさんと、イタリアンの巨匠、落合務さんをスペシャルゲストとしてお迎えしたトークショーでした。
イメージしていたものとは違い、マスコミ向けに用意されたトークショーに「一般人が招待された」的な位置づけでした。ま~それでも落合シェフの料理を拝見できたので、それだけでも大変ありがたかったです。
落合シェフのワンプレートランチ実演では、鶏のトマトクリーム煮、空豆のリゾット、グリーンサラダの3品が披露されました。
▼鶏のトマトクリーム煮
10457.jpg10458.jpg
嬉しい事に、試食させて頂きました。が、鶏のトマトクリーム煮が・・・
肉が苦手な私には衝撃が!しかし残すわけにもいかず少しだったので完食しました。
トマトクリームソースは絶品でした。パンがあれば、拭き取りたいくらいに(笑)
食後は、ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタで淹れたコーヒーの試飲でした。
ゲストの方々は、口々に「美味しい~」「良い香り~」と絶賛されていたのですが、普段から豆を挽いて淹れて飲んでいる者の感想は、「えっ、え~」という感じでした(笑)
クンクンしても、ちっとも珈琲の良い香りがしない、味もう~ん・・・(´・ω・`)

ま~ネスカフェゴールドブレンドはインスタントコーヒー。
そう言えば、ネスレは珈琲業界に喧嘩を売って(笑)インスタントコーヒーではなく『レギュラーソリュブル(可溶性)コーヒー』という名称に替えたのでしたね。
インスタントコーヒーは:コーヒー抽出液を乾燥させて粉末にしたもの。
レギュラーソリュブルコーヒーは:コーヒー抽出液に微粉砕したコーヒー豆の粉を混ぜて乾燥させたもの。
この製法に変えたことで、淹れたての香りと味わいを実現したのだそうです。
この名称を使用する事でネスレ日本は、全日本コーヒー公正取引協議会、全日本コーヒー協会、日本インスタントコーヒー協会、日本珈琲輸入協会の4団体を退会することを発表しました。ま~一消費者にとっては、業界云々より、美味しいものが手軽に飲める方が重要な訳でして(^^;

レギュラーコーヒーに比べれば、味も香りもまだまだだと思います。
ですが、マシンを使うことにより「エスプレッソタイプコーヒー」「ブラックコーヒー」「ブラックコーヒー(マグサイズ)」「カプチーノ」「カフェラテ」の5種類がボタン一つで楽しめます。クレマが立ち美味しそうに感じますし、1杯20円のコストはお得と感じるかも?ネスプレッソは85円~なので。
味の好みや、予算は其々なので、選択肢が広がるのは良い事だと思います。
これから色々支出を抑えようとすれば、嗜好品も削らなくちゃいけませんからね。

退出時に、お土産を頂きました。
お土産がある事は告知されていたのですが・・・まさか・・・
10454.jpg10455.jpg
会場でも使用されていた、「ネスカフェバリスタ TAMA」とコーヒーのセットを頂きました。まさかマシンが丸ごととは・・・!
これから予定もあったのですが、この荷物を持っては行けないので断りを入れて自宅へ帰りました。嬉しいを通り越して正直~(;´Д`)
我が家には既に通常のコーヒーメーカー、ネスプレッソマシンの2台があり、3台目のコーヒーマシンは・・・夫に叱られそうです。
まだ箱に入ったままなので、開けた時には味のご報告などしたいと思います。

ネスレ日本のスタッフの皆様、今日はありがとうございました。
カフェのスイーツに興味津々なので、何れ立ち寄りたいと思います。
同席した皆様も、ありがとうございました。

伊勢丹<うおがし銘茶>日本茶飲みくらべ [お稽古・料理]

<うおがし銘茶>色・香り・苦味 日本茶飲みくらべ
~きいろい日本茶いかがでしょうか~
数種のお茶と、それぞれに合うお菓子やお茶請け、お酒をご提案します。会場を区切り、それぞれのお茶に合った世界観を演出。飲み終わると、次のブースへと移動する体験型のセミナーです。お茶に精通した<うおがし銘茶>スタッフがお茶をいれながら、お客さまの目の前でお茶の新しいいただき方を説明します。合わせる食材は地下食品フロアでお買いあげいただけるものです。
10103.jpg上記の趣旨の基、伊勢丹新宿店にて「うおがし銘茶」主催の『日本茶飲みくらべ』が開催されました。
事前にネットで申し込み、先着順(11:00~、13:00~、14:30~、16:00~、18:00~各回24名:1人1080円)で受講できました。
会場へ入ると、趣向の異なった4つのブースが設けられていました。
▼産地別飲みくらべ
10104.jpg鹿児島産の「一楽」(右)と静岡産の「にゅう。」(左)を飲み比べます。「一楽」は、高級煎茶の部類で旨味とコクがあります。対する「にゅう。」は、玄米茶のように香ばしいお茶です。
お茶に合うお菓子も用意され、「一楽」には賚果 源吉兆庵の「春の餅」、「にゅう。」には王様堂本店の「燻製おかき ひじきじゃこ」でした。
▼茶きっといこうぜ~上質な苦みをお伝えします~
10105.jpg10106.jpg
まずは、先の講座で使った「一楽」の茶葉を細かくし、珈琲用のエスプレッソマシンで抽出します。普通に淹れた物と違い、グッと濃く、苦い味になっています。しかしエグ味などは無く、これはこれでなかなか良いかも?!お茶請けには「トーキョーチョコレート」の『島塩とキャラメルのチョコレート』が選ばれました。
10107.jpg10108.jpg10109.jpg
次にボルドーの「シャトーピエライユ」が・・・お茶の講座なのにワイン?
旨味と渋み・・・共通するものがあります。そして次に「一楽」を水出しにした物を頂きました。玉露ほどの甘さはありませんが、とってもまろやかで甘い味です。
注がれたお茶のボトルは・・・お店で販売されている「水出し用の茶器」です。注ぎ口近くに茶漉しが付いているので、茶葉を入れたまま“ワインのように”カッコよくグラスに注ぐ事が出来ます。・・・帰りに買ってしまいました~(^^;
▼お茶のカンタンな極意
10110.jpg私も時々利用している「しゃん」を使って、「お茶のカンタンな淹れ方」を習いました。
本店は築地ですから、「早く」お茶を出さなければならず、お湯を冷まさずに直ぐ注ぐ事が出来るように工夫されているそうです。今まで習った、お茶の淹れ方とは違います!いや~目から鱗でした(笑)
興味のある方は、HPをご覧ください。
▼お茶屋のお茶漬け
10111.jpg10112.jpg
最後のブースでは、なんと!お茶漬けを頂きました!
画像左は、ティーパックの「お茶当番」を使い、「京つけもの 大安」の『お茶漬け 壬生菜』に春らしい桜の花の塩漬けをのせたもの。画像右は、焙じ茶の「はいから」を使い、「つきじ宮川本廛」のうなぎと木の芽を乗せたものです。
どちらもアッサリとした味で、サラサラと食べられます(*´∀`)<色も綺麗~
普段あまりお茶漬けを食べないので、とっても新鮮でした。
10113.jpg10114.jpg
参加の記念に、お茶の淹れ方レッスンで使った「湯冷まし」を頂きました。
それに加え、受講証明の4つのスタンプが押されたチケットを持って店舗へ行くと、「一楽」の5g入り試供品まで頂く事ができました。
これだけの内容で1080円なのですから、ちょっと申し訳ない気持ちです~(;´Д`)
だから・・・という訳ではありませんが、「一楽」を購入して帰りました。
水出し用のボトルも買ったし、もう少し暖かくなったら試してみたいと思います。もちろんその前に、本日習った「カンタン」なお茶の淹れ方も試してみたいと思います。

講師の先生方、スタッフの皆様、本日はお世話になりました。
ご一緒した皆様も、ありがとうございました。

クオカのseasonal ciao! Lesson【ナン&カレー】 [お稽古・料理]

数年ぶりに、クオカ自由が丘店の“ciao! レッスン”に参加しました。
いつの間にか、参加型のレッスンに変わっていました(^^;
手荒れが長引き、なかなかお稽古に参加出来ない状態なのですが、今回ちょっと調子が良くなりかけたので?思いきって参加してみました。
7672.jpg7673.jpg
7671.jpg今回参加したレッスンは、「ナン&カレー」です。
2時間半という限られた時間内で、粉から捏ねてナンを作りました。発酵させている間に、特製カレースパイスも作りました。そして試食時には、そのスパイスで作った、ひよこ豆のカレーとラッシーも一緒に出して頂きました。
他の皆さんは、辛い!と、仰っていたのですが、私はち~っとも辛くありませんでした。
私って、相当辛い物が苦手なんですけど~(^^;
7674.jpg7675.jpg
クオカで販売されている、GABANの「手作りカレー粉セット」です。
レッスンでは、これを全部袋から出して混ぜ合わせ、大匙1のサラダ油を入れたフライパンの中で、5分程炒り完成させました。この間、クオカ店内は「カレー屋さん」になったハズ(笑)
同封されているスパイスは・・・
・ターメリック
・クミン
・コリアンダー
・チンピ
・フェネグリーク
・フェンネル
・シナモン
・カイエンペッパー
・ガーリックグラニュー
・ジンジャー
・ディル
・オールスパイス
・カルダモン
・クロープス
・スターアニス
・セイジ
・タイム
・ナツメグ
・ブラックペッパー
・ベイリーブス
其々微粒パウダーになって小袋に入っているので、袋を破いて混ぜ合わせます。
全部混ぜ合わせると、100gくらいでしょうか?一応20人分と書かれていますが?(笑)
20種類を全部買い揃えると、かなりの金額になるし計量しないといけませんが、これだと袋を破って混ぜ合わせるだけなので、かなり便利な商品だと思いました。
なので、1袋分持ち帰ったにも関わらず、もう1袋買って帰りました(笑)
我が家、月に3~4回はカレーを食べるのよ~(;´Д`)
7676.jpg本日お持ち帰りのナンです。
引き延ばして焼いたつもりなのですが・・・
ナンと言うより、九州で言う「天ぷら」の様な形状になってしまいました(^^;
肉厚でフカフカでした。形を整えるのも大切な事なんですね~と、改めて思いました。これはこれで美味しい。
こんなにナンを持ち帰ったので、今日の晩御飯は急遽「カレー」になりました(笑)
普段、市販のカレールーを使うのですが、今夜は特製スパイスを使ってみました。
味は文句なく美味しい!(*´∀`)Ъ<味に深みがありますね~
ただ・・・小麦粉が切れていたのでトロ味が付かずシャバシャバに(笑)
カレースープにナンを浸して食べた状態でした(´・ω・`)<トホホ・・・
次は、トロ~リしたカレーを作るぞっと(`・ω・´)ゞ

御指導下さった田中先生、同席した皆様、お世話になりました。

2012.7.26 AM10:30-13:00

岩田屋コミュニティカレッジ1日講座・お正月料理 [お稽古・料理]

以前、岩田屋コミュニティカレッジの1日講座に参加した「ジョルジュマルソーのデザートレッスン」を紹介しました。
今回参加したのは、コミュニティカレッジでお料理講座を担当していらっしゃる、石橋一代先生が講師の『博多の母の味・博多雑煮とお正月料理』です。
6256.jpg6257.jpg
6258.jpg6259.jpg
6260.jpg6261.jpg
今日教えて頂いたのは「博多雑煮」「黒豆のぶどう煮」「数の子亀甲漬け」「照ごまめ」「伊達巻き」「紅白なます」「抹茶羹」「がめ煮(筑前煮)」の8品でした。
博多雑煮は、博多阪急のセミナー、中村調理製菓専門学校のお料理教室でも習い、3回目です。
最近、物覚えが悪いのですが・・・3回目なので、お正月には自分でも作れそうです(笑)
今回、蒲鉾の飾り切りも色々教えて頂き、以前紹介した「ハトシロール」の回で習った、蒲鉾の飾り切りと合わせて、お正月用に頑張ってみたいと思います。
膳の中央の海老は、口頭でのみの説明でしたが、オーソドックスな醤油炊きより、う~んと華やかになります。これは真似てみたいと思います(*´∀`)
▼試食
6262.jpg6263.jpg
6264.jpg各班に分かれ、「博多雑煮」「がめ煮」「紅白なます」を実習しました。
「黒豆」「数の子」「抹茶羹」「ごまめ」「伊達巻き」は、時間の都合上、先生のデモのみで、試食を頂きました。
お雑煮は、アゴ出汁が濃くて、美味しいです。
「アゴ」と言うのは、九州以外では聞き慣れない名前だと思いますが「トビウオ」の事です。
長崎で良く獲れるそうなのです。
以前紹介した事がある、種子島近海で獲れるトビウオの「さつま揚げ」も美味しいです(笑)
時々使うアゴ入り出汁は、「味の兵四郎」や「茅乃舎」のパック式を使っていましたが、この時期は「焼きアゴ」がお店に出回るので、一から出汁を取ってみたいと思います。

講師の石橋先生、岩田屋コミュニティカレッジのスタッフ様、素敵な講習会をありがとうございました。ご一緒した班の皆様、お世話になりました(*´∀`)<オイシカッタデスネ

あ~2012年まで、あと約2週間ですね。早いわ~~(;´Д`)

2011.12.18 PM1:00-3:30

中村調理製菓専門学校の『おせち料理教室』 [お稽古・料理]

博多阪急の「阪急うまか研究所」のセミナーで時々ご指導を受けている、中村調理製菓専門学校の先生方。今回その中村調理製菓専門学校で、「おせち料理」と「クリスマス料理」の講習があり、私は“おせち料理”の方に参加しました。
開催日時が違ったら、2種類共参加したかったのに~(´・ω・`)
▼盛合せ                 ▼博多雑煮
6202.jpg6203.jpg
最近、御節料理は作る物では無く、買う物に代わってきているのだとか・・・
昔ながらの御節料理は、お正月の数日間お店が休みなので、その間食材が痛まない様に味濃く作る様になっています。味が濃過ぎて、若い人には人気がないし(笑)今は元日から食材が手に入るように時代が変化してきました。
なので、味は薄めで現代風にアレンジされたお料理を今回教えて頂きました。
もちろん、博多雑煮も教えて頂きました。
講師は、「阪急うまか研究所」のセミナーでも、教えて頂いた事がある山片良先生です。
山片先生のセミナーは、以前こちらに紹介しています。
「博多雑煮」は、つい先日「養殖鰤料理」の回でも教えて頂き、紹介しています。
どちらも大変参考になりました。鰤入りのお雑煮、とっても美味しかったです(*´∀`)Ъ
▼合鴨ロース照り焼き         ▼柚香数の子
6209.jpg6208.jpg
「合鴨ロース照り焼き」は、合鴨の生臭さ(皮の脂が原因とのこと)の取り方や、火の通し方を習いました。私は肉嫌いなので食べないし、夫も鴨はあまり好きではない風でした。残念~(^^;
「柚香数の子」は、口頭での説明とデモのみでした。
薄味で美味しかったです。この味なら作って見ても良いかも?柚子風味美味しいです!
▼穴子鳴門巻き             ▼織部椎茸
6207.jpg6206.jpg
「穴子鳴門巻き」は、穴子を巻いて揚げ、タレを絡めています。
濃い目の味ですが、とっても美味しかったです(*´∀`)Ъ
穴子が安く手に入ったら、作ってみたい一品です。あ、でも油で揚げるのは~(´・ω・`)
「織部椎茸」は、椎茸にすり身を入れて蒸した「裏白椎茸」に、青のりを振掛け鉄串で焼き目を付けました。和菓子でもよく見掛ける「織部」を、椎茸でどの様に表現するのか興味津々だったので、大変勉強になりました。これは作ってみたいですね~(*´∀`)
▼ささ身八幡巻き             ▼ミンチ寄せ
6205.jpg6204.jpg
「ささ身八幡巻き」は、私肉嫌いで、ささ身も嫌で食べていなかったのですが・・・
これは美味しかったです。恐る恐る口に入れてみると・・・今まで食べた事のあるささ身の味や食感と違うのです!牛蒡ともとっても合っていました。これも作ってみたいですね~。
「ミンチ寄せ」は、牛挽肉を使い、真中に生麩を入れて蒸し上げ、タレに絡ませています。
う~ん、玉葱もパン粉も入っていないので(笑)肉々しい味がして私はダメでした~(´;ω;`)
肉好きの方には喜ばれるかも?ちょっと手間は掛りますが、目を惹く一品です。
▼挽茶富士羊羹
6210.jpg「挽茶富士羊羹」は、学校の創立者、中村ハル氏考案の一品だそうです。富士山の形をした型に、淡雪を少し垂らし固め、抹茶を溶いた牛乳羹を流して作ります。
雪を戴いた綺麗な富士山が再現されました。
考案当時のまま、数十年も変わらぬレシピだそうです。私は今食べても十分美味しいと思いましたよ(*´∀`)Ъ
ただ、この型がもう無いのだそうです。合羽橋にも無いのかしら?機会があったら探してみたいですね。
▼試食用
6211.jpg6212.jpg
「博多雑煮」「柚香数の子」「挽茶富士羊羹」は、デモのみでしたが、他は各班に分かれて作りました。1班は3~4名の少人数での実習でした。また各班に1名ずつ在校生の方がサポートに付いて下さり、お手伝いやアドバイスなどをして下さるのです。
ちょっと忙しかったですが、とても充実した内容でした(*´∀`)
今回教えて頂いた事を元に、お正月や夫の弁当用に(笑)色々作ってみたいと思います。

講師の山片先生、アシスタントに付いて下さった皆様、中村調理製菓専門学校の皆様、素敵なお料理教室をありがとうございました。同じ班の皆さんもお世話になりました。
さすがにこの歳になると、1年、2年通うのは無理ですが、単発でお教室をやって下さると嬉しいな~(;´Д`)<コルドンミタイニ…

余談ですが・・・
天神で地下鉄を乗り換えて薬院で降り、歩いて学校を目指しました。
が・・・平尾方面へ歩いていたつもりだったのに、大丸のビルが見えて来る~(;´Д`)
私、逆方向へ歩いて天神へ戻っていたのですね(´;ω;`)
それからUターンして、正しく平尾方面へ向かいました。
夫曰く「最初に天神から歩いて行けば間違う事もなかったのに( ´,_ゝ`)プッ」ですって・・・
う~ん・・・言われなくても、私もそう思ったわよ~(;ー'`ー)

2011.12.10 AM10:00-14:00

ル・クルーゼのクッキングスクール [お稽古・料理]

マリノアシティ福岡に、ル・クルーゼが出店しています。
キッチンを備えた、広いショールームになっています。
先日たまたまTVを見ていたら、ここのお店とクッキングスクールの紹介をしていました。
なので、早速申し込みをしました(^^;
MAX12名なのですが、殆どの方が同じTV番組を見ての参加でした(笑)
お店の方も、TV紹介前は、2~3人と毎回少なかったそうですが、放送後はどのクラスも満席でキャンセル待ちもあるので、来月も同じメニューで開催されるそうなのです。
やっぱりTVの力ってスゴイですね!
3437.jpg3438.jpg
クッキングスクールは、デモを見た後で試食となり、参加費は無料です。
終了後に商品を勧められる事もないので、興味を持たれた方は、お店にお問い合わせ下さい。
9月、10月の内容は・・・
『ココット・ロンドで炊く白米』
『TNSフライパンで簡単ピリ辛ジャージャー丼』でした。
白米炊飯は、以前友人宅で作りました。
当時「ル・クルーゼの会」なんて作って、皆でクッキングしていたのですよ(笑)
友達から白米や玄米の炊き方を習ったのですが、自宅ではつい炊飯器をポチリと・・・(^^;
あまつさえ、高級炊飯器が欲しい~と、思っているし(笑)
今回、水が沸騰してから約10分で出来ました。(その後10分程蒸らしますが)
和食のお料理教室では、羽釜で毎回ご飯を炊くのですが、こちらは火力の調整が必要なのに対し、ル・クルーゼ鍋は、沸騰後は一定の火力でOKでした。IHのタイマーを使えば、炊飯器並みの手軽さです。
もう一品のジャージャー丼は、「TNSフライパン」を使っての調理でした。
昔のル・クルーゼのフライパンは、全然興味なかったのですが、この商品はかなり使い勝手が良さそうでした。ネットで安く買えるといいのだけど~(^^;直営店のみお取り扱いかなぁ?
お味の方は、すごく美味しかったです。それに、この可愛い盛り付け方!
ストーンウェアも丸ごとセットで購入したくなっちゃいます~(;´Д`)ラブリ~

先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。
またぜひ足を運びたいと思います。

IHクッキングセミナー(日本料理) [お稽古・料理]

*ブログを始める前の、過去のレッスンをまとめています。
今回ご紹介するのは、渋谷の電力館で開催されたIHクッキング教室です。
デモを見ながら実習し試食します。2006年2月9日に開催された日本料理レッスンです。

◆烏賊と海老のぬた、白魚道明寺揚げ・天豆挟み揚げ、金目鯛信州蒸し
2777.jpg日本料理・いわぶち 岩渕弘之氏の指導の下、日本料理3品を作りました。
この量を、3時間で作って試食まで終わるのかな?と、心配したのですが・・・何とかなるものですね。
烏賊と海老のぬた~分葱・湯葉・紅蓼:分葱、海老、烏賊、湯葉を其々処理し、辛子味噌で合えています。
白魚道明寺揚げ、天豆挟み揚げ・味塩:道明寺粉をてんぷらの衣にして揚げています。とてもサクサクでした(*´∀`)
天豆は、空豆の事。海老のすり身を挟んで、白魚同様に道明寺粉を衣にして揚げています。
金目鯛信州蒸し~分葱・つみのり・七味・出汁:茹でて俵状にまとめた茶そばを、金目鯛の切り身で巻いて蒸しています。盛り付けた後、出汁を張っています。

本格的な日本料理で、美味しさと見た目の美しさに感激しました。
IHは、てんぷらの油があまり跳ねないので、こう言う実習をすると欲しくなりますねぇ~。
で、卓上IHヒーターは購入しましたけど、なかなか使わない~(^^;<アマダナ製デス
「ぬた」は、辛子の入った酢味噌の事だそうです。お料理用語を知らない事を実感しました(笑)


※ご参考までに・・・
日本料理いわぶち:東京都江戸川区瑞江2-6-18 ソフィアⅡ 3F
         03-5666-5035
         平日昼(ランチは弁当30ケが出れば、それで終り)11:00~14:00
         平日夜 17:00~22:00
         日曜夜 17:00~22:00
         休業日 木曜日・祝日

パン基礎講座(10) [お稽古・料理]

*ブログを始める前の、過去のレッスンをまとめています。
今回ご紹介するのは、ジャン=ポール・チェボー・クッキングステュディオの「パン基礎講座」です。
第十回目は、2008年3月16日でした。

◆プチ・パン・オ・クマン、パン・ソウシス、パン・ア・ライユ
2549.jpg2486.jpg
十回目は、プチ・パン・オ・クマン、パン・ソウシス、パン・ア・ライユでした。
プチパン・オ・クマンは、ライ麦を加えた生地の表面に、クミンを付けています。ちょっと臭い(笑)刺激的な味と辛味でした。
今回、分からずにドバーッと表面に付けてしまいました。少し控えめがよかったですね( `Д´)
パン・ソウシスは、中にマスタードとソーセージを入れ、表面に粗挽きの胡椒を塗しています。
そして、同じ生地で中にカレーを入れた物も作りました。これも美味しかったです!
パン・ア・ライユは、生地に大蒜の擂り卸しを混ぜ、表面にも飾りとしてスライスを乗せています。
発酵させている時から大蒜の香りがプンプンしていました(笑)美味しいけど、かなり強烈です(笑)

そして今回のおやつは、新宿高島屋でホワイトデー用に作られていたマカロンを頂きました。
薔薇、小豆、山葵、生姜の4種類です。小豆は言われてみても私は?でしたが、山葵は香りが鼻から抜けて、ちょっと新鮮な味でした。毎回のおやつ後馳走様でした~(*´ω`*)

今回で、基礎コースが終了しました。アッという間の1年でした。
チェボー先生、奥様、そしてクラスの皆様、1年間ありがとうございました。
またの再会を楽しみにしています(* ´∀`)人(´∀`* )

精進料理(19) [お稽古・料理]

*ブログを始める前の、過去のレッスンをまとめています。
今回ご紹介するのは、鶴見大学の生涯学習セミナーで催された「精進料理」です。
2008年2月21日の第20回目のレッスンです。
◆二月のお品書き
2537.jpg

【平椀】生麩、人参、菜の花
【膳皿】疑製豆腐、長芋、オレンジ
【中皿】大根炒め煮
【小皿】小松菜、舞茸おひたし
【坪椀】生麩饅頭
【猪口】蓮根しんじょ
【香皿】香菜
【汁椀】味噌汁
【親椀】白飯(湯葉)

今回で、今期も最後の回となりました。総持寺の厨房での実習でした。
生麩は、強力粉から捏ねてグルテンを作り、一からの手作りです。
丸めて茹で、出汁を煮含ませたものと、更にそれを油で揚げた2種を食べ比べます。とっても贅沢♪
人参は、千切りにして味付けています。とても食べ易い味でした。硬さの加減が絶妙です。
菜の花は、茹でて濃い目の味付けでした。先月の芥子浸しとは、また違った味を楽しめました。
疑製豆腐は、木綿豆腐を海苔に盛って鰻の蒲焼に見立てています。
長芋は、濃い目の出汁に漬け込んだ後オーブンで香ばしく焼き目を付けます。
大根炒め煮は、油で炒めた後出汁を煮含ませています。仕上げには刻んだ大根葉を散らします。
小松菜、舞茸おひたしは、其々湯がいたものを出汁に浸しています。刻んだ柚子がアクセントに。
生麩饅頭は、作ったグルテンに餅粉と蓬を混ぜて更に捏ね、生地を作ります。
餡を包んだ後、蒸し器で蒸し上げています。
蓮根しんじょは、摩り下ろした蓮根に、高野豆腐、片栗粉を混ぜて油で揚げています。
モッチリして美味しい!これは、我が家で定番になりつつあります(笑)
白飯(湯葉)は、市販の乾燥湯葉を戻し、味を付けたものを炊き込んでいます。

今回は普段は入れない、お寺の厨房での実習なので、いつもより手間の掛かるものがメニューに選ばれていました。確かに手間は掛かるけど、最近問題になっている食の安全の事を考えると、こういった食生活が望ましいのでしょうね。たま~~にしか実践しないけど、頑張らねば!
講師の小金山泰玄師先生、スタッフの皆様、クラスの皆様ありがとうございました。
2010年現在、小金山先生は総持寺を去られ、静岡県藤枝市の観音寺“水月庵”にて、精進料理を振舞われているそうです。お近くの方は、ぜひ足をお運びください。

鶴見大学の生涯学習セミナーに興味のある方は、こちらをどうぞ。
総持寺HP内に、精進料理のレシピも掲載されています。興味をもたれた方は、こちらをどうぞ。

パン基礎講座(9) [お稽古・料理]

*ブログを始める前の、過去のレッスンをまとめています。
今回ご紹介するのは、ジャン=ポール・チェボー・クッキングステュディオの「パン基礎講座」です。
第九回目は、2008年2月17日でした。

◆パンドゥミオレザン、パンオフロマージュブラン、赤ワインのパン、ルヴァン
2548.jpg九回目は、パンドゥミオレザン、パンオフロマージュブランでした。それにサプライズとして、赤ワインのパン、とルヴァンを使ったバゲットでした。
このルヴァンは中級で習うそうなのです。
なので今回は、先生が作られた生地を形成しただけでした。

パンドゥミオレザンは、レーズンたっぷりの生地をパウンドケーキ型に入れて焼きました。私好みのフワフワで、すっごく美味しかったです! これは、ぜひ作ってみたいと思います。
パンオフロマージュブランは、生地にフロマージュブランを混ぜたもの。ほんのりヨーグルトっぽい香りがしました。 私は、クープの入れ方が下手で、ちっとも美味しそうに焼けませんでした(´;ω;`)
赤ワインのパンは、赤ワインも入れますが、ライ麦と全粒粉も入っています。ほんのり赤ワインの香りがする~ヽ(*´∀`)ノという事なのですが・・・、下戸の私には分かりませんでした。
ルヴァンは、先にも書きましたが今回は成形のみ。なのに持ち帰ると、主人はコレが一番美味しい!と言うのです。どうせ、私は捏ねていませんよヽ(`Д´)ノ
ド素人(主人)でも、プロの仕事は分かるのですね~。・゚・(ノД`)・゚・。
前の10件 | - お稽古・料理 ブログトップ
メッセージを送る