So-net無料ブログ作成
検索選択
お稽古・料理 ブログトップ
前の10件 | -

東京ガス料理教室「秋を告げる松花堂弁当」 [お稽古・料理]

◆ごちそうごはん 特別編 秋を告げる松花堂弁当
先日、東京ガスのお料理教室で作った「クグロフ」を紹介しました。
今回参加したのは「松花堂弁当」作りです。
秋に美味しい食材をたっぷりと使用し、一品一品丁寧に作った和の品々を松花堂弁当に美しく盛り付けました。味わい、見た目ともに秋を感じられるメニューと併せ、知っておきたい松花堂弁当のいただき方も一部ご紹介します。料理に手をかけたい少し特別な日、大切な方のおもてなしをしたい日に、秋を告げる松花堂弁当をどうぞ。
14936.jpg14937.jpg
◆ごちそうごはん 特別編 秋を告げる松花堂弁当
・スモークサーモンの磯辺巻き 甘酢蓮根添え
  キュウリを芯に、スモークサーモン、錦紙卵、焼きのりを巻き、甘酢蓮根を添えます
・海老と里芋の炊き合わせ
・いが栗鋳込み
  魚のすり身とパスタでいが栗に見立て、銀杏、さつま芋などを添えます
・揚げ茄子田楽
・鯛の幽庵焼き 巨峰おろし添え
・菊花のおすまし(実習なし)
・葛きり 抹茶蜜
  出来立てがおいしい葛きりを手作り抹茶蜜でいただきます
14938.jpg14939.jpg
14940.jpg14941.jpg
どれも手が込んでいます。グループ調理なので作っていないものもあるのですが、「特別な日」で無い限り、この作業は出来ません(^^;
スタッフの方が、下準備をなさっているので時間内に調理、試食が出来た次第です。
講師の先生は「一つずつでも作ってくださいね」と言われたので、ちょこちょこ実践したいと思います。お正月だったら、こういうのも良いかもしれませんね。
▼試食
14942.jpg14943.jpg
14944.jpg14945.jpg
14946.jpg松花堂弁当の一角には型押しした飯が入っているものが多いのですが今回は別添え。菊花入りのおすましも用意して下さいました。どれも美味しい~(*´∀`)
葛切りは各自作りました。以前何度か作ったので手早く出来ましたが・・・試食までに時間があり、その間冷蔵庫で保管されていたので、せっかくの出来立て葛切りが白濁してて残念でした。
透明な内に食べたかったけど…これは仕方ないですね(^^;自宅でリトライ!
また今回のレシピで、大根おろしの葡萄添えが私の中では斬新でした。フルーツを料理に取り入れたレシピも増えてきましたね。これを機に挑戦してみたいと思います。

先生、スタッフの方々、ご一緒した皆様ありがとうございました。
興味を持たれた方が東京ガスの料理教室で検索し、最寄りの教室へお申込下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サラダカフェ料理講習会・3 [お稽古・料理]

14342.jpgケンコーマヨネーズ・サラダカフェ主催の第41回 Salad Cafe サラダ料理講習会『​暑さを乗り切る!見た目も楽しいサラダ料理特集』に参加しました。
6月開催の第39回に続き、3回目の受講になります。
第37回第39回の様子はこちら。
講師は前回に続き、サラダカフェ(株)代表取締役社長の河村昌紀氏。
以下の4種のデモを披露してくださいました。
【講習内容:暑さを乗り切る!見た目も楽しいサラダ料理特集】
①カラフル野菜のアコーディオンポテト
②鶏肉とシャキシャキ野菜の冷やしレモンそうめん
③2種の手作りディップソース&スティック野菜
④ひんやりすいかシャーベット
▼カラフル野菜のアコーディオンポテト
14770.jpgじゃがいもに切り込みを入れ、その間にカラフルな野菜やベーコンを挟みます。その上にクリームチーズ、にんにくバター、ピザチーズ、パルメザンチーズを乗せてオーブンで焼き上げます。焼き上げた後で塩・胡椒、パセリを散らして完成です。
スウェーデンの国民食ハッセルバックポテトを参考に考案して下さったそうです。
▼鶏肉とシャキシャキ野菜の冷やしレモンそうめん
14771.jpg鶏胸肉の下茹でのポイントから教えて頂きました。
茹で汁に調味し冷やした後で素麺に掛けて頂きます。レモンは薄切りにして冷凍すると苦味が和らぎ皮ごと食べられるそうですよ。
自宅では醤油味、胡麻味などで食べていたので、レモン風味の鶏がらスープは新鮮でした。赤いものはクコの実です。これはデモのみでした。
▼2種の手作りディップソース&スティック野菜
14772.jpg野菜は好みの大きさ、長さにカットしています。
ソースの一つ目は、マヨネーズにクリームチーズ、マーマレードを加えたチーズマーマレードソース
もう一つは、マヨネーズに裂きイカ、ラッキョウ、味噌を加えた和風タルタルソースです。
どちらも材料を混ぜるだけと簡単です。あ、裂きイカは更に細かく裂きました。
▼ひんやりすいかシャーベット
14773.jpg緑の部分は、摩り下ろした胡瓜をゼラチンで固めています。赤い部分はスイカを潰して凍らせシャーベット状にしたものを盛り付けています。黒い種はチョコレートです。見た目も涼やか可愛いデザートになりました。これは時間の関係上、既に固まった胡瓜部分の上にシャーベット状になったすいかを盛り付け種を飾る部分だけ実習しました。
▼試食
14774.jpg14775.jpg
14776.jpg14777.jpg
14779.jpg14778.jpg
実習した、カラフル野菜のアコーディオンポテト2種の手作りディップソース&スティック野菜ひんやりすいかのシャーベットの他に、デモを拝見した鶏肉とシャキシャキ野菜の冷やしレモンそうめんと、桃のヨーグルトフルーツスープを頂きました。
このスープのレシピは来月大阪での第42回(内容は一緒)の講習会が終わった後、HPで公開されるそうです。とても美味しかったですよ(*´∀`)
ポテトは丸ごと持ち帰り家で温め直して夕食に頂きました。ホクホクとても美味しかったです。素麺は、とてもサッパリした味で、レモンは丸ごと食べてしまいました(笑)
生野菜に付けたディップソースは、少し甘めで美味しかったです。いつも胡麻、山葵、醤油のワンパターンだったので、ぜひ家でも作りたいです。
シャーベットは、見た目も可愛く仄かな甘みで美味しかったです。

▼お土産
14356.jpg14357.jpg
13926.jpg13927.jpg
前回同様、お皿と丼のセットを頂きました。もう1つは4冊あるレシピ本とドレッシングの詰め合わせの5種類の中から選ぶことが出来ました。私はドレッシングの詰め合わせを。以前頂いた物は使ってしまったし、とても美味しかったのです!
お土産を頂くのは嬉しいけど、重くて重くて~(><)寄り道出来ずに直帰しました。

今回も楽しく美味しいお昼のひと時を過ごすことが出来ました。
サラダカフェのスタッフの皆様、ご一緒した皆様もありがとうございました。
今回の講習会の会費は3000円。大阪と東京で隔月講習会が開催されています。
夏休みだったので親子でご参加の方も複数いらっしゃいました。
お子様にはスタッフが付きっきりでお手伝いして下さっていましたよ。
興味を持たれた方はサラダカフェでご確認ください。
サラダカフェは、デパ地下にてサラダやお惣菜の店舗展開をしているので、お近くのお店を探して行ってみてくださいね。詳細はHPで検索してください~(*´∀`)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クオカスタジオのレッスン・枝豆とチーズのフランスパン [お稽古・料理]

◆ちょっぴりスパイシー!枝豆とチーズのフランスパン
クオカスタジオ自由が丘にてパンのレッスンを受けました。
旬の素材を使ったフランスパン。枝豆とチーズがたっぷりでビールのおつまみにも最適!生地はフランスパンのようなシンプルな配合で、豆の甘みとチーズの塩気が引き立ちます。生地捏ねは捏ねすぎないのがポイント。生地が完成したら具材を入れるものと入れないものに分けて発酵させます。成形は枝豆のような形に作るコツが詰まっているのでポイントをよく聞いて作ってください。見た目も枝豆!凝った成形も楽しみましょう。
14369.jpg14370.jpg
14371.jpg昔、手捏ねのフランスパンは習っていました。
しかし普段捏ねは機械任せなので、久しぶりの手捏ねに加え柔らかい生地に苦戦しました(^^;
生地は鞘の部分と実の部分に分け、実の部分に枝豆とチーズ、胡椒を加えています。
実の部分は小さく丸め、プレーンの鞘生地で覆って枝豆に似せるように心掛けました(笑)
14373.jpg14372.jpg
14374.jpg鞘の部分はパリッ、中はシットリの食感が楽しめました。が、焼きたてを袋に詰め持ち帰ると、かなり柔らかくなっていました。それなそれで柔い食感のパンが好きな私としては好みだったのですが(笑)家で焼き直しをしました。かなり表面がバリッとしてくれました。中はふんわり、シットリ!美味しかったです。
あまり捏ねない生地らしいので、機械よりも手捏ねで頑張って!と先生は仰っていました。あ~(;´Д`)
美味しかったし、そんなに時間も掛からなかったので手捏ねで頑張ってみようかな?
ずんだ餡やウグイス餡を入れたスイーツ系に仕上げても美味しいでしょうね(*´∀`)
トマトとチーズでプチトマトパンにアレンジしても面白いかも?
と、イメージは膨らみますが、手捏ね・・・やっぱり機械に頑張ってもらおう(笑)
先生、御指導ありがとうございました。御一緒した皆様、お疲れさまでした。

レッスンに興味を持たれた方はクオカスタジオ自由が丘でお探し下さい。
菓子、和菓子、パンなど初心者向けのレッスンからあります。
因みにこのレッスンは6~8月開催予定です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サラダカフェ料理講習会・2 [お稽古・料理]

ケンコーマヨネーズ・サラダカフェ主催の第39回 Salad Cafe サラダ料理講習会『​お家で楽しむ!バル風サラダ料理特集』に参加しました。
4月に続き、2回目の受講になります。前回の様子はこちら
14342.jpg14343.jpg
講師は前回に続き、サラダカフェ(株)代表取締役社長の河村昌紀氏。
以下の4種6品のデモを披露してくださいました。
【講習内容:お家で楽しむ!バル風サラダ料理特集】
①マセドニアサラダ
②ピンチョス3種盛り
 ・マスタードポテト&ローストビーフのパプリカソース
 ・生ハムとチーズのきゅうりリボン
 ・塩サバのリエット
③きびなごのエスカベッシュ
④にんじんパエリア
▼マセドニアサラダ
14344.jpgスペインのフルーツサラダで、オレンジ果汁とブランデーが特徴だそうです。試食もあるので私はブランデーは入れませんでした(^^;
お酒がお好きな方は、大人なフルーツサラダになるでしょうね。
今回オレンジ、バナナ、キウイ、ぶどう、ブルーベリーを使いました。
▼マスタードポテト&ローストビーフのパプリカソース
14345.jpgマヨネーズやマスタード等で味付けしたポテトを俵型にまとめサラダ菜で包み、更にローストビーフで巻いただけです。
みじん切りしたパプリカに調味してパプリカソースを作り、彩良く添えています。


▼生ハムとチーズのきゅうりリボン
14346.jpg俵型にまとめたクリームチーズを生ハムで包み、スライサーで薄く削いだキュウリを巻き、端を折ってリボン状にしプチトマトを乗せてピンで刺します。キュウリが1枚で足りなければ、もう1枚を折ってリボン状にして重ねます。
生ハムの塩気があるので調味はしていません。

▼塩サバのリエット
14347.jpg焼いた塩サバを解しクリームチーズ、調味料を加えてペースト状にし、バゲットに乗せています。飾りにブラックオリーブ、チャイブを乗せ、オリーブオイルを掛けて頂きます。
豚肉やサーモンはよく聞きますが、サバのリエットは初めて聞いたかも!お手軽、安価に出来るように塩サバを使ったそうです。
▼きびなごのエスカペッシュ
14348.jpg揚げたきびなごを香味野菜と酢で漬け込んだスペイン風南蛮漬けです。香味野菜は、パプリカ、玉葱、セロリ、人参が用意されていました。とっても細く刻まれて(ジュリエンヌ)いました。リンゴ酢とレモン果汁で酸味を付けた漬け汁が美味しい!
実家に居た頃きびなごのお刺身作りで腹開きにしていました。関東では最近見ないので懐かしかったです。
▼にんじんパエリア
14349.jpgサフランの替わりに摩り下ろした人参を使った色鮮やかなパエリアです。実習は無くデモのみでした。
専用のパエリアパンが無くてもフライパンで手軽に作れるレシピでした。大きな有頭エビが惜しげもなく投入され歓声が上がっていました(笑)
サフランの替わりにターメリックで作った事はありましたが人参とは驚き!綺麗な色でした。
▼試食
14350.jpg14351.jpg
14352.jpg14353.jpg
材料は殆どが切られた状態で用紙されていたので包丁を使ったのは極僅か。計量して用意された調味料や材料を混ぜ合わせるだけの実習でした。一部組み立てたりもしましたが。
どれも美味しく、簡単に出来ました。しかし下準備は大変そうです(^^;
一番作りたいのはサバのリエットです。簡単だしサバ好きだし(笑)
他にもエスカペッシュも簡単で美味しかったです(*´∀`)
14354.jpg14355.jpg
こちらの2品は実習は無く、試食用にご用意して頂きました。
人参のパエリアは、甘くとっても美味しかったです。彩も良いし簡単だし家でも作りたいですね。こんな立派な海老は使えませんが(笑)ガスパチョも美味しかったです。
▼お土産
14356.jpg14357.jpg
14358.jpg前回はカレー皿の様に大きめのボウルでしたが、今回は少し小さめのお皿と丼のセットでした。
そしてもう一つは、ドレッシングの3本セットかレシピ本4種の中から一つを選ぶ事が出来ました。
前回ドレッシングを選んだので今回はレシピ本「デパ地下人気お総菜 おうちで完コピレシピ」を選びました。後日紹介しますね。

今回も楽しく美味しいお昼のひと時を過ごすことが出来ました。
サラダカフェのスタッフの皆様、ご一緒した皆様もありがとうございました。
今回の講習会の会費は3000円。大阪と東京で隔月講習会が開催されています。
男性参加者も複数人いらっしゃいましたよ。
興味を持たれた方はサラダカフェでご確認ください。
サラダカフェは、デパ地下にてサラダやお惣菜の店舗展開をしているので、お近くのお店を探して行ってみてくださいね。と、お礼に宣伝してみる(*´∀`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

腸内フローラを整える料理 [お稽古・料理]

◆腸内フローラを整える、初夏の美人生活~スーパーフードも簡単レシピで実践~
キッチンのお道具などで皆様ご存知の「貝印」。
秋葉原にキッチンスタジオ「KaiHouse」があり、そこで開催されたイベント腸内フローラを整える、初夏の美人生活~スーパーフードも簡単レシピで実践~に参加しました。
14188.jpg講師は美養フードクリエイター岩田麻奈未さん。
美肌・美腸レシピを得意とされ、著書や各メディアへの出演など御活躍されています。
今回腸内フローラを整えて美肌や美しい体をつくるための、食材やレシピを教えて頂きました。
身近な食材から、もち麦、ケール、ヘンプシードやチアシードといったスーパーフードを盛り込んだものまで、簡単で続けやすいお料理の数々でした。デモのみで実習はありません。
雑穀は昔から取り入れていたものの、最近巷を賑わせているスーパーフードなどは利用方法がよく分からなかったので興味津々で参加しました。
14189.jpg14190.jpg
14191.jpg大きくて素敵なキッチンスタジオでした。
ここの調理器具もエルメ同様Mieleでした。
※本日のメニュー
・トマトとチアシードのジュレ
・もち麦タブレ
・サーモンの豆腐タルタルソース添え
・アボガドとオリーブのチョコレートムース
14192.jpg14193.jpg
デモの前に、町内フローラやスーパーフードとあ何ぞや?と、簡単なレクチャーもあり勉強になりました。
本日使用した雑穀やスーパーフードの殆どは成城石井などで入手できるそう。一部はお取り寄せなど。私は帰宅時にKALDIで買ってしまった(笑)
▼もち麦タブレ
14194.jpg茹でたもち麦にカラフルな野菜を合わせオリーブオイル、レモンと塩のみで味付けしています。
シンプルですが飽きのこない美味しい味でした。
なんとみどり色はケール!「不味いっ!」では無いですね(笑)最近は食べやすいソフトケールなど出回っているそうです。そしてヘンプシード(麻の実)なるスーパーフードも投入。初めて知る名前でした。
▼サーモンのプレゼと豆腐で作るタルタルソース
14195.jpgサーモンは下地を付けて蒸しただけ。焼くだけでなく、こういう食べ方も偶には良いですね。
絹ごし豆腐で作ったタルタルソースは絶品!これだけでも食べられる~!
水気を切る為の便利なシートもあるそうで紹介して頂きました。いや~世の中、痒い所に手が届く商品の多いこと!便利ですねぇ~(;´Д`)
▼アボガドとオリーブのチョコレートムース
14196.jpg聞かなければ、アボカドを使っているとは絶対(多分)分かりません!カカオパウダーで作った濃厚なチョコレートムースでした。
今回ブッラックオリーブをトッピングしていますが、岩塩でも美味しいのだそう。タルトのフィリングにも使えバナナを合わせると美味しいそうです。
材料を混ぜるだけなのでぜひ作りたいです。
▼トマトとチアシードのジュレ
14197.jpgミキサーにかけたトマトにチアシードを入れて吸水させた簡単な一品です。
普段よく使っているスーパーフードなのですが、吸水させたものをヨーグルトに混ぜたり、そのまま食べたり(笑)ワンパターンな食べ方でした。なのでトマト果汁に吸水させるとは目から鱗。お~明日から直ぐにも実践したいです。
▼試食
14198.jpg14199.jpg
14200.jpg14201.jpg
14202.jpg画像はありませんが、食後にはコーヒーも出ました。会費は4000円でしたが内容盛り沢山。先生の知識が半端なくて、質問がある毎に詳しく解説して下さりレジメが文字だらけに。
試食も前菜、メイン、デザートとボリュームもあり、大満足のセミナーでした。
器の盛り付け方も工夫が必要だと実感しました。
▼お土産
14203.jpgお土産も頂きました。
炭酸ドリンクに使うと炭酸が抜けにくくなるキャップだそうです。普段炭酸入り飲料飲まないし、飲んでも小瓶で飲み切るのであまり使わないかな?
でも何かの時の為に、ありがたく頂戴します。

今まで漠然とスーパーフードや雑穀は「体に良い」という認識でしたが、今回のイベントで「実践する」へと一歩前進したようです。
先生の著書には2週間分のレシピが掲載されているそうで、読んでみたいと思います。
本日は素敵なお話とデモをありがとうございました。
KaiHouseのスタッフの皆様も色々お世話になり、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バーミキュラ ライスポットのイベント [お稽古・料理]

14133.jpg入手まで数か月待ちの魔法のお鍋「バーミキュラ」。
数年前から愛用しています。そのバーミキュラから、炊飯鍋ライスポットが発売されました。ご飯だけでなく料理にも使えるIHヒーター付きのお鍋です。
もう何年も炊飯器を買い替えたい~と思いつつ、溢れる情報に翻弄されて決めかねていました。
その間に玄米用(白米も炊けます)の土鍋を買ったりはしたのですが(^^; 今回炊飯探しの参考にするため、
『ライスポットのデモンストレーション&トークイベント』に参加しました。
14134.jpg講師は料理研究家の黒田民子先生。
バーミキュラのレシピ本も出していらっしゃいますし、ライスポットも発売直後からお使いだそうです。
・生米から作るリゾット
・ローストビーフ・グレービーソース
・新玉ねぎのポタージュ
この3品をデモンストレーションして頂きました。
▼生米から作るリゾット
14137.jpg14138.jpg
材料を鍋に投入し、ボタンを設定して押すだけ。炊き上がった後、塩胡椒、粉チーズで調味しています。
▼ローストビーフ・グレービーソース
14139.jpg14140.jpg
肉嫌いの私はローストビーフを作ったことも無ければ作る予定もないのですが(笑)
鍋でお肉に焼き目を付けた後、グレービーソースの材料を投入し一緒にスイッチポンです。保温温度設定が30℃~95℃まで1℃毎に設定可能なため、低温調理や発酵促進にも使えるそうなのです。
なので今回のローストビーフも中まで火が通り過ぎない温度設定で調理しています。
▼新玉ねぎのポタージュ
14135.jpg14136.jpg
普通のバーミキュラのお鍋でも作れる水を入れずに新玉葱の水分だけで煮るスープ。
玉葱から水分が出た後、牛乳、塩胡椒、オリーブオイルなどで調味しています。
▼白米炊飯、なめ茸
14141.jpg14142.jpg
コシヒカリの白米とご飯のお供、なめ茸も用意して下さっていました。
『目指したのは 世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器』がキャッチフレーズなのですが炊き上がりを見ると、あんまり美味しそうな艶感じゃなかった。室内光源のせい?
▼本日のデモの完成品と試食
14143.jpg14144.jpg
素材の味を活かし、簡単に豪華な料理が出来るデモンストレーションでした。
ですが各料理毎に鍋が要る訳で(^^;
ライスポットは税抜き79800円。替えの鍋の単品は税抜き29800円。
このお値段に見合うほど、白米は美味しい!とは思えませんでした。白米の「美味しい」は、米の銘柄、硬さの好みなど千差万別ですからね。普通のバーミキュラ鍋で炊いたのと大差ない?まだ違いがよく判りませんでした。
せっかくのデモンストレーションだったのに、すみません。
ただ調理については無水料理はスゴイです!寧ろ2個目のバーミキュラ鍋が欲しくなりました。まだ使っていないル・クルーゼ鍋が沢山あるというのにぃ~。゚(゚´Д`゚)゚。
既に鍋を持っていたり、炊飯器を持っている方には考える値段、機能ですが、これから新しい生活を始める新婚さんにはピッタリではないでしょうか?お薦めです。
私自身としては、まだ魅力が理解できませんでしたが、お料理は美味しかったです。ご馳走様でした。黒田先生、スタッフの皆様お世話になり、ありがとうございました。

▼KOHLERショールームにて
14145.jpg14146.jpg
今回会場は、新橋にある鋳物ホーロー製のシンクなどを製作する米国の水廻りメーカー「KOHLER(コーラー)」」のショールームでした。
あ~海外のホテルで見たことがある~!スタイリッシュな水廻り品の数々でした。
カクカクの水栓はちょっとアレでしたがカーブを描いた水栓は美しかったです。シャワールームもお洒落でホテル気分に浸れます。
こんな水廻りにリフォームしたい!日本の狭いマンションでは無理かな~(;´Д`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

UCC・石川シェフによる『食』 セミナー [お稽古・料理]

◆UCCコーヒーアカデミー特別セミナー◆
世界食べ歩紀行 コーヒーmeets 『食』 セミナー(東京)
5月22日13時00分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
コーヒーアカデミー中平講師と世界を旅する巷で話題の出張料理人、food-trip代表のシェフ・アマチュアカメラマンの石川進之介氏によるコラボレーション演出でした。
14049.jpg14059.jpg
講師の石川進之介氏。低音ボイスが素敵な気さくでおしゃべり上手(もちろんお料理も!)な方でした。TVなどでもご活躍で、各種イベントや商品開発も精力的に活動されているそうです。詳細はfood-trip公式HPオンラインプロフィールをご覧ください。
14060.jpg14061.jpjg
上の2点はUCCの公式HPからの画像。左の画像、右側がUCCの中平講師。
右が今回教えて頂くお料理です。

◎food-trip MENU
① マスカルポーネチーズと生ハムの白和え
② ゴーダーチーズとケイパーベリー・ベーコンのピンチョス
③ トリュフ玉のような「あんこ玉」
14050.jpg14051.jpg
14052.jpg14053.jpg
2班に分かれて調理実習をしました。
マスカルポーネチーズに刻んだ生ハムとイチジクを入れ、クネル型にして盛り付けます。甘くて美味しいです。スプーン2本でのクネル型は久しぶりだったのですっかり手つきを忘れていました(笑)
ピンチョスでは「ケイパーベリー」なるものを初めて見ました。あのスモークサーモンのお供のケッパーは蕾。これは果実なのだそうです。流通量も少なく蕾より高価だそうです。3種を一気に口に含むと複雑な味に(*´∀`)b
こし餡の中にマカダミアナッツを忍ばせ、ココアを塗しています。一見「洋」に見えて食べると「和」なサプライズデザートです。
14054.jpgUCCの中平講師が、上記の3品に合う珈琲を厳選してくださいました。
①ケニア産:ングルエリ
②インドネシア産:トゥルーブルー
③ブラジル産:タデウ
単独で飲んでも美味しいですが、食事と合わせると・・・あら~味が円やかに変わるぅ~♪試しに違う珈琲で合わせると、酸味や雑味を強く感じたりと違う味わいになるのです。
流石!厳選されただけのことはあります!
最近では珈琲もワインの様に扱われていますが、まさしく食事毎に珈琲も替える時代が来たのかもしれません。私も食事(和食)に珈琲なんですが、安物の珈琲でお茶代わり。そこまで深く味わいを気にしていませんでした。
下戸の私には、ワインより珈琲とお食事との関係が興味深いです。
14055.jpg14056.jpg
お土産を頂きました。石川シェ監修のパスタソースだそうです。
それと北九州の筍の里、合馬(おうま)の天然水だそうです。カリウムの含有率が高く美容に良いと言われる成分「シリカ」や「サルフェート」も含まれているそうです。
そんな水源があったとは!?初耳でした、へぇ~。
14057.jpg14058.jpg
それと左のカードは、food-trip提携店やイベントで特典が受けられるものだそうです。そしてシェフお勧めの京都の塩。袋入りは完売してしまったので、タブレットを購入しました。塩は結構好きで色々集めていますもの、嬉しい~(*´∀`)

次回、秋にも第2回目を開催予定だそうです。夜開催の希望が多かったそうなので夕方開催が濃厚です。興味を持たれた方はUCCの特別セミナーをチェックしてくださいね。
石川シェフ、中平講師、サポートの赤羽根さん、ありがとうございました。
UCCのスタッフの皆様、今回もお世話になりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サラダカフェ料理講習会 [お稽古・料理]

13914.jpgケンコーマヨネーズ・サラダカフェ主催の料理講習会『お家で作れる!フォトジェニックなサラダ料理特集』に参加しました。
ケンコーマヨネーズは業務用調味料メーカーなので一般消費者にはあまり馴染はありませんよね。ですが今回お話を伺ったところサラダや総菜の店を17店舗も展開していらっしゃったそうです。3月には新宿伊勢丹に。そして今月25日は横浜そごうにオープンするそうなので、ぜひ行ってみたいと思います。
商品を試食させて頂きました。美味しかったです(*´∀`)
さて今回の講習会の講師は代表取締役社長の河村昌紀氏でした。
調理師・調理技能士・西洋料理専門調理師だそうで、お手並みも鮮やかにアッという間に4品のデモが済みました。
【講習内容】
①りんごとキャラメルのガトーインビジブル
②たっぷり野菜と2種ハムのアートウィッチ[レジスタードトレードマーク]
③サーモンとアスパラのタルタルソースサラダ
④半熟卵の巣ごもりサラダ
▼りんごとキャラメルのガトーインビジブル
13918.jpg最近フランスで流行っているらしい断面の層が透明なケーキ。最近レシピ本が出ているのも見ました。
林檎を薄く櫛切りにしてアパレイユと混ぜ、カットしたキャラメルと胡桃と共に型に敷き詰めて焼いています。お味は・・・林檎の味が決めてなので、美味しくない林檎の時は酸味を加えるか、ジャムやソースを添えた方がよさそうですね。
▼たっぷり野菜と2種ハムのアートウィッチ[レジスタードトレードマーク]
13917.jpgこちらも今流行りの断面萌えなサンドイッチです。
材料は全て用意されていたので、パンに重ねて包装紙に包むだけ!と言う簡単な作業でした。一つ一つ準備していたら結構時間が掛かりそうでした。
以前テリーヌを作っていた時に断面を想像しながら組み立てていたので楽しかったです。飾り巻寿司にも通じるものがありますね。ただ、食べ辛いわ~(;;)
▼サーモンとアスパラのタルタルソースサラダ
13916.jpgセルクルの内側に薄くスライスしたキュウリを貼り付け、その中に角切りサーモンを混ぜたタルタルソースを詰めています。その上に海老やベビーリーフを飾り最後にセルクルは抜きます。フランス料理ではズッキーニを使ったり、中にクスクスのサラダを詰めたりしましたね。胡瓜はスライスし難そう。スタッフの方のお話では準備大変だったそうです。
▼半熟卵の巣ごもりサラダ
13915.jpgチーズで作った器にサラダを盛り付け半熟卵を乗せています。仕上げはシーザードレッシングを。これはデモのみで実習はありませんでした。ポイントとしては盛り付けの彩はバランス良く!う~ん思い返すと自宅では野菜の種類が少なく色もワンパターンな気がします。毎日のことなので、つい手抜きしがちでした。
久しぶりのトロトロの半熟卵まいう~(;´Д`)
13919.jpg13929.jpg
こちらが本日の試食と実習で作った「りんごとキャラメルのガトーインビジブル」です。試食分は御用意くださり、作った物は持ち帰りました。また実習しなかった「半熟卵の巣ごもりサラダ」と「具だくさんスープ」も用意してくださいました。
13920.jpg13921.jpg
13922.jpg13923.jpg
どれもとても美味しかったです。このボリュームですから、サンドイッチの半分とインビジブルケーキは持ち帰りました。
13924.jpg13925.jpg
13926.jpg13927.jpg
お土産を頂きました。サラダカフェオリジナルのお皿と、ケンコーマヨネーズのドレッシングの詰め合わせです。ドレッシングの他にレシピ本4種類の中から1冊を選ぶこともできましたが、ドレッシングを選びました。レシピ本は本屋さんでも買えますからね。

今日はお天気にも恵まれ楽しく美味しいお昼のひと時を過ごすことが出来ました。
サラダカフェのスタッフの皆様、ご一緒した皆様もありがとうございました。

13928.jpg持ち帰ったサンドイッチを数時間後に食べました。
野菜からの水分でパンが湿気り厚みが薄くなっていました(笑)食べやすくなったけどパンの食感はいまいちに(^^;
やはりサンドイッチは、早めに食べるに限りますね。
今回の講習会の会費は3000円。30名ほどの参加で、お子様と御一緒や御夫婦で参加された方もいらっしゃいました。大阪と東京で隔月講習会が開催されているそうです。
興味を持たれた方はサラダカフェでご確認ください。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ネスカフェ Smart Life トークショー [お稽古・料理]

▼開始後は撮影禁止だったので、始まる前にステージを撮りました
10456.jpg本時お昼の 時から開催された、『ネスカフェ Smart Life トークショー ~美味しくて、ちょっとお得なトークショー~』に参加しました。
ネスカフェから届くメルマガで参加募集があり、抽選で当選したようなのです。
2月末にネスカフェ原宿が装いも新たにグランドオープンしたそうで、今回のイベントもこちらで開催されました。原宿に行くのは久しぶりだったのですが、迷わずに辿り着けました(^^;

さてイベントの内容は・・・
家庭でワンコインで作れる、シェフクオリティのワンプレートランチレシピ実演レクチャー。ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタによる、家庭でカフェのクオリティが楽しめるコーヒー体験
松本明子さん、AKINAさん、愛加あゆさん、チャンカワイさんと、イタリアンの巨匠、落合務さんをスペシャルゲストとしてお迎えしたトークショーでした。
イメージしていたものとは違い、マスコミ向けに用意されたトークショーに「一般人が招待された」的な位置づけでした。ま~それでも落合シェフの料理を拝見できたので、それだけでも大変ありがたかったです。
落合シェフのワンプレートランチ実演では、鶏のトマトクリーム煮、空豆のリゾット、グリーンサラダの3品が披露されました。
▼鶏のトマトクリーム煮
10457.jpg10458.jpg
嬉しい事に、試食させて頂きました。が、鶏のトマトクリーム煮が・・・
肉が苦手な私には衝撃が!しかし残すわけにもいかず少しだったので完食しました。
トマトクリームソースは絶品でした。パンがあれば、拭き取りたいくらいに(笑)
食後は、ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタで淹れたコーヒーの試飲でした。
ゲストの方々は、口々に「美味しい~」「良い香り~」と絶賛されていたのですが、普段から豆を挽いて淹れて飲んでいる者の感想は、「えっ、え~」という感じでした(笑)
クンクンしても、ちっとも珈琲の良い香りがしない、味もう~ん・・・(´・ω・`)

ま~ネスカフェゴールドブレンドはインスタントコーヒー。
そう言えば、ネスレは珈琲業界に喧嘩を売って(笑)インスタントコーヒーではなく『レギュラーソリュブル(可溶性)コーヒー』という名称に替えたのでしたね。
インスタントコーヒーは:コーヒー抽出液を乾燥させて粉末にしたもの。
レギュラーソリュブルコーヒーは:コーヒー抽出液に微粉砕したコーヒー豆の粉を混ぜて乾燥させたもの。
この製法に変えたことで、淹れたての香りと味わいを実現したのだそうです。
この名称を使用する事でネスレ日本は、全日本コーヒー公正取引協議会、全日本コーヒー協会、日本インスタントコーヒー協会、日本珈琲輸入協会の4団体を退会することを発表しました。ま~一消費者にとっては、業界云々より、美味しいものが手軽に飲める方が重要な訳でして(^^;

レギュラーコーヒーに比べれば、味も香りもまだまだだと思います。
ですが、マシンを使うことにより「エスプレッソタイプコーヒー」「ブラックコーヒー」「ブラックコーヒー(マグサイズ)」「カプチーノ」「カフェラテ」の5種類がボタン一つで楽しめます。クレマが立ち美味しそうに感じますし、1杯20円のコストはお得と感じるかも?ネスプレッソは85円~なので。
味の好みや、予算は其々なので、選択肢が広がるのは良い事だと思います。
これから色々支出を抑えようとすれば、嗜好品も削らなくちゃいけませんからね。

退出時に、お土産を頂きました。
お土産がある事は告知されていたのですが・・・まさか・・・
10454.jpg10455.jpg
会場でも使用されていた、「ネスカフェバリスタ TAMA」とコーヒーのセットを頂きました。まさかマシンが丸ごととは・・・!
これから予定もあったのですが、この荷物を持っては行けないので断りを入れて自宅へ帰りました。嬉しいを通り越して正直~(;´Д`)
我が家には既に通常のコーヒーメーカー、ネスプレッソマシンの2台があり、3台目のコーヒーマシンは・・・夫に叱られそうです。
まだ箱に入ったままなので、開けた時には味のご報告などしたいと思います。

ネスレ日本のスタッフの皆様、今日はありがとうございました。
カフェのスイーツに興味津々なので、何れ立ち寄りたいと思います。
同席した皆様も、ありがとうございました。

伊勢丹<うおがし銘茶>日本茶飲みくらべ [お稽古・料理]

<うおがし銘茶>色・香り・苦味 日本茶飲みくらべ
~きいろい日本茶いかがでしょうか~
数種のお茶と、それぞれに合うお菓子やお茶請け、お酒をご提案します。会場を区切り、それぞれのお茶に合った世界観を演出。飲み終わると、次のブースへと移動する体験型のセミナーです。お茶に精通した<うおがし銘茶>スタッフがお茶をいれながら、お客さまの目の前でお茶の新しいいただき方を説明します。合わせる食材は地下食品フロアでお買いあげいただけるものです。
10103.jpg上記の趣旨の基、伊勢丹新宿店にて「うおがし銘茶」主催の『日本茶飲みくらべ』が開催されました。
事前にネットで申し込み、先着順(11:00~、13:00~、14:30~、16:00~、18:00~各回24名:1人1080円)で受講できました。
会場へ入ると、趣向の異なった4つのブースが設けられていました。
▼産地別飲みくらべ
10104.jpg鹿児島産の「一楽」(右)と静岡産の「にゅう。」(左)を飲み比べます。「一楽」は、高級煎茶の部類で旨味とコクがあります。対する「にゅう。」は、玄米茶のように香ばしいお茶です。
お茶に合うお菓子も用意され、「一楽」には賚果 源吉兆庵の「春の餅」、「にゅう。」には王様堂本店の「燻製おかき ひじきじゃこ」でした。
▼茶きっといこうぜ~上質な苦みをお伝えします~
10105.jpg10106.jpg
まずは、先の講座で使った「一楽」の茶葉を細かくし、珈琲用のエスプレッソマシンで抽出します。普通に淹れた物と違い、グッと濃く、苦い味になっています。しかしエグ味などは無く、これはこれでなかなか良いかも?!お茶請けには「トーキョーチョコレート」の『島塩とキャラメルのチョコレート』が選ばれました。
10107.jpg10108.jpg10109.jpg
次にボルドーの「シャトーピエライユ」が・・・お茶の講座なのにワイン?
旨味と渋み・・・共通するものがあります。そして次に「一楽」を水出しにした物を頂きました。玉露ほどの甘さはありませんが、とってもまろやかで甘い味です。
注がれたお茶のボトルは・・・お店で販売されている「水出し用の茶器」です。注ぎ口近くに茶漉しが付いているので、茶葉を入れたまま“ワインのように”カッコよくグラスに注ぐ事が出来ます。・・・帰りに買ってしまいました~(^^;
▼お茶のカンタンな極意
10110.jpg私も時々利用している「しゃん」を使って、「お茶のカンタンな淹れ方」を習いました。
本店は築地ですから、「早く」お茶を出さなければならず、お湯を冷まさずに直ぐ注ぐ事が出来るように工夫されているそうです。今まで習った、お茶の淹れ方とは違います!いや~目から鱗でした(笑)
興味のある方は、HPをご覧ください。
▼お茶屋のお茶漬け
10111.jpg10112.jpg
最後のブースでは、なんと!お茶漬けを頂きました!
画像左は、ティーパックの「お茶当番」を使い、「京つけもの 大安」の『お茶漬け 壬生菜』に春らしい桜の花の塩漬けをのせたもの。画像右は、焙じ茶の「はいから」を使い、「つきじ宮川本廛」のうなぎと木の芽を乗せたものです。
どちらもアッサリとした味で、サラサラと食べられます(*´∀`)<色も綺麗~
普段あまりお茶漬けを食べないので、とっても新鮮でした。
10113.jpg10114.jpg
参加の記念に、お茶の淹れ方レッスンで使った「湯冷まし」を頂きました。
それに加え、受講証明の4つのスタンプが押されたチケットを持って店舗へ行くと、「一楽」の5g入り試供品まで頂く事ができました。
これだけの内容で1080円なのですから、ちょっと申し訳ない気持ちです~(;´Д`)
だから・・・という訳ではありませんが、「一楽」を購入して帰りました。
水出し用のボトルも買ったし、もう少し暖かくなったら試してみたいと思います。もちろんその前に、本日習った「カンタン」なお茶の淹れ方も試してみたいと思います。

講師の先生方、スタッフの皆様、本日はお世話になりました。
ご一緒した皆様も、ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - お稽古・料理 ブログトップ
メッセージを送る