So-net無料ブログ作成

「とらや」の生菓子・7月後半  [とらや]

とらやの7月後半の生菓子の紹介です。二子玉川店で購入。
▼向日葵
14549.jpg14550.jpg
◎きんとん製 御膳餡包水羊羹製角芯入 - 平成元年(1989) (486円)
販売期間:7月16日~7月31日
太陽を思わせる「ひまわり」を表しました。太陽を思わせる黄色い大輪の花「ひまわり」。 種の部分を御膳餡で、花びらを黄色のそぼろで表しました。
以前紹介した事もあり夏の定番ですね。餡の中に水羊羹が入る手の込みようで、とっても美味しいです。先日習った練切のものと、同じ向日葵をモチーフにしていても印象が変わりますね。和菓子、奥が深いです。
▼青
14551.jpg14552.jpg
◎求肥製 飴餡入 - 平成10年(1998) (486円)
販売期間:7月16日~7月31日
夏の暑さを忘れさせる清々しい意匠です。新引粉(しんびきこ※)をまぶした求肥生地を砂漠に見立て、中央には青い琥珀製のオアシスを配しました。夏の暑さを忘れさせる清々しい意匠です。平成11年(1999)の歌会始のお題「青」にちなみ考案されました。
※新引粉・・・糯(もち)米の一種。京都ではみじん粉と呼ぶ。
新引粉の食感が面白いです。また青い琥珀製がとっても涼やか。オアシスに見立てているとは、解説を読むまで分かりませんでした(^^;
中の餡が美味しかったです。「飴餡」どうやって作るのだろうか?
▼撫子
14553.jpg14554.jpg
◎粟製 白餡入 -干菓子として元禄10年(1697) (454円)
販売期間:7月16日~7月31日
夏の盛りの撫子をかたどりました。撫子は秋の七草の一つですが、夏の盛りから次々と可憐な花を咲かせます。撫子の花をかたどった瀬戸型に紅色の粟羊羹を流した、涼しげで愛らしいお菓子です。
※粟製・・・寒天を溶かして白双糖(しろざらとう)を混ぜ、煮詰め、粟に見立てた新引粉を加え色を付けたもの。
とても綺麗な色、形のお菓子でした。「粟製」と言うのが馴染み無く?でしたが、予想以上に美味しかったです。老舗のお菓子は奥深いです。
▼島糖菓
14555.jpg14556.jpg
◎葛製 白餡入 - 平成25年(2013) (486円)
販売期間:7月16日~7月31日
コクのある黒砂糖の風味をお楽しみください。沖縄県西表島(いりおもてじま)産の黒砂糖を加えた葛製の生地で、白餡を包みました。黒砂糖は、サトウキビの絞り汁を煮詰めて固めた、自然の風味豊かな素材です。葛と、暑さ負け防止にも好まれてきた黒砂糖との組み合わせをお楽しみください。
一見すると地味ですが、すご~~く美味しかったです。この黒糖が何とも滋味深い。
GWに西表島産の黒糖買ってきたぞ!でも煮詰め具合が職人技なんでしょうねぇ。
良い意味で予想を裏切られた逸品でした。何個でも食べたくなっちゃいます。
▼若葉蔭
14557.jpg◎琥珀製 - 大正 7 年(1918) (519円)
販売期間:7月8日~7月31日
青葉の蔭を金魚が泳ぐさまを表しました。ガラス鉢や池に泳ぐ金魚は、彩りも美しく涼を呼ぶことから、夏の季語となっています。「若葉蔭』は、水面に浮かぶ青葉の蔭を金魚が泳ぐさまを表しています。
以前紹介していますが、あまりの可愛さにリピートです。寧ろ発売を待ってました。手作りの金魚を一つ一つ錦玉羹の中に閉じ込めるのだそうです。なので微妙に金魚に違いがあるのだとか。
味は、ま~錦玉羹ですから何ですが、ビジュアルは最高に可愛いです(*´∀`)v
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・2月後半  [とらや]

とらやの2月後半の生菓子の紹介です。銀座店で購入。
▼仙寿
13617.jpg13618.jpg
◎羊羹製 白餡入 - 明治 40 年(1907) (486円)
販売期間:2月16日~3月3日
桃の節句にちなんだ意匠。中国の伝説では、西王母(せいおうぼ)という仙女の住む園の桃は三千年に一度実り、それを食べると不老長寿を得るといわれています。ゆえに仙果(せんか)といえば桃を意味します。可愛らしい『仙寿』は、女の子の成長を寿(ことほ)ぐ桃の節句にふさわしい意匠です。
とても可愛い桃の形をしています。味は・・・あまり好きではないのですが、この形は買わざるを得ません(笑)
▼姿
13619.jpg13620.jpg
◎きんとん製 小倉餡入 - 平成 8 年(1996) (486円)
販売期間:2月16日~3月3日
女の子の可憐な晴れ着姿を思わせます。平成9年(1997)の歌会始のお題「姿」にちなみ考案されました。紅色のきんとんに着物の帯をかたどった煉切を配したお菓子で、女の子の可憐な晴れ姿を思わせます。
キティちゃんのようなリボン?と思ったら、着物の帯を模ったものだそうです。ピンクのそぼろに黄色が映えて可愛いです。斬新だと思ったら平成の作。それでも20年も前のデザインとは驚きです。餡もとっても美味しいかったです。
▼蛤形
13621.jpg13622.jpg
◎薯蕷製 白餡入 - 安政 3 年(1856) (486円)
販売期間:2月16日~3月3日
雛まつりにゆかりのある蛤をかたどりました。薯蕷饅頭に焼印を押し、蛤をかたどりました。蛤は、かつて「貝合せ」(一対の貝を合わせ取る女性の遊び)に使われ、貝を入れる貝桶は婚礼道具の一つとして、雛飾りの調度品にもなっています。また、蛤のお吸い物は雛まつりの食べ物ともされています。
薯蕷饅頭で貝の形を作るのも難しそう!蛤に見えてしまうから不思議です。模様の焼き印は徐々に大きさが変化しています。流石職人さんですね。味は美味しかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・1月前半 [とらや]

とらやの1月前半の生菓子の紹介です。今回は伊勢丹新宿店で購入。
▼若菜餅
13131.jpg13132.jpg
◎きんとん製 求肥包御膳餡入 - 延享 3 年(1746) (454円)
古の行事を偲ばせるお菓子。かつては正月7日に邪気を祓い、無病息災を願って若菜を摘み、羹(あつもの:汁物)にして食べる習慣がありました。この習慣は今日でも七草粥として受け継がれています。『若菜餅』は、古の行事を偲ばせるお菓子です。
数年前にも新年のお菓子として販売されていました。きんとんは美味しいです。また中は御膳餡を求肥で包むという手の込みようです。派手な色ではありませんが、新年から心が満たされる至福の一品でした。
▼まる笑み
13129.jpg13130.jpg
◎薯蕷製 白餡入 - 平成28年(2016) (486円)
愛らしい、ひよこの顔を表わしました。白い薯蕷饅頭に黄色い円を描き、目とくちばしの焼印を押して、ひよこの顔を表わしました。思わず笑みがこぼれるような愛らしさで、新しい年に幸せをもたらしてくれそうです。
他店では鶏の焼き印だったのに!ヒヨコですね、斬新です(笑)ショーケースに整然と並んでいる姿は、見ていて本当に笑みがこぼれました。ただ餡は・・・普通に漉し餡、又は粒餡が好みでした。しかしヒヨコ繋がりで黄身餡でもよかったかも?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・8月前半 [とらや]

とらやの8月前半の生菓子の紹介です。今回は銀座店で購入。
▼松葉牡丹
12651.jpg12652.jpg
◎御膳餡包水羊羹製角芯入 - 昭和60年(1985) (486円)
色鮮やかに咲く小花を表わしました。「松葉牡丹」の名は、葉が細長く松の葉のようで、色鮮やかに咲く小花が牡丹に似ているところから付けられたといわれています。『松葉牡丹』は、緑のそぼろを葉に、紅琥珀糖を咲き誇る小花に見立てています。
紅色の琥珀羹が何とも可愛い!
水羊羹が餡に包まれ、そぼろもシットリとして美味しいきんとんでした。
▼びーどろ玉
12654.jpg◎琥珀製 - 平成21年(2009) (519円)
色とりどりのビー玉を涼やかに映しだしました。透き通った琥珀羹の中に煉切製のビー玉が浮かぶ遊び心あふれる意匠です。涼感とともにビー玉が持つきらめきを感じさせます。
見た目がとっても涼やかで色とりどりのビー玉が可愛い!味はちょっと物足りませんが夏らしい一品です。
▼西瓜
12653.jpg◎琥珀製 -平成6年(1994) (486円)
西瓜を表わした斬新な意匠。種に見立てた小豆入の紅羊羹を、緑の琥珀羹で縁どった斬新な意匠で西瓜を表わしています。夏の味覚である西瓜の冷たさやみずみずしさが伝わってくるようです。
近頃四角い西瓜もありますが、この斬新なデザインは素晴らしい!羊羹と琥珀羹の両方が楽しめる味です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の企画展の生菓子 [とらや]

東京ミッドタウンでは、近くの新国立美術館で展示中の「ルノワール展」に合わせ『~食べて、見て、まとう。東京ミッドタウンで探すフランス~ おいしいフランス、飾るパリ 色彩豊かなルノワールの名画とともに楽しむフェア 2016年4月27日(水)~8月22日(月)』が開催されています。
そのイベントの一貫でとらやミッドタウン店では、パリ店の25周年と30周年を記念して作った生菓子が期間限定で販売されます。 フランス ブルターニュ地方のゲランドでつくられる塩を餅製の皮に使用した「ゲランドのめぐみ(4月27日~6月30日)」と、万博の成功を祝ってモントルグイユ街に翻る無数の三色旗と市民の賑わうさまを、色鮮やかなそぼろと透き通った琥珀糖で表現した「モントルグイユ通りの賑わい(7月1日~8月22日)」です。
▼ゲランドのめぐみ
12324.jpg12325.jpg
私、この「ゲランドのめぐみ」は、6年前にも購入しておりました。水風船(ヨーヨー)みたいと感想を述べていたような?ブルターニュの塩なのか?近海の塩なのか?(笑)私の舌では違いは分かりませんが、モチモチした食感の生地は美味しかったです。

そして東京ミッドタウン店ギャラリーでは、3月23日(水)より、「豊かな高齢社会」をテーマにした企画展「いつまでも甘くたのしく」が開催されていました。その企画展に合わせお菓子も販売されていたので購入してみました。なんともお菓子のネーミングがユニーク!(笑)
▼ジジイデアの笑み
12320.jpg12321.jpg
▼ババイデアの笑み
12322.jpg12323.jpg
ちょっと小ぶりな今川焼というか、丸い人形焼きと言うのか?カステラ生地に餡が入っています。5月30日まで開催されていますので、興味のある方はお早めにどうぞ。お味は美味しかったですよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「とらや」の生菓子・3月前半 [とらや]

とらやの3月前半の生菓子の紹介です。今回はそごう横浜店で購入。
▼三千歳
12082.jpg12083.jpg
◎羊羹製 白餡入 - 天保11年(1840) (454円)
おめでたい意匠の桃の花をかたどりました。中国の漢の武帝(紀元前2世紀頃)が長生を願っていると、西王母(せいおうぼ)が天上より降り、三千年に一度実を結ぶという仙桃(せんとう)、「三千歳」を与えたという伝説があり、桃は長寿をもたらすおめでたいものとされてきました。『三千歳』は、その桃の花をかたどりました。
春らしい意匠ですが、白餡とこの生地は苦手かも?持ち所が悪くて皿への移動時に割れました、不覚(><)
▼春菊
12084.jpg12085.jpg
◎きんとん製 御膳餡入 - 昭和56年(1981) (486円)
春に咲く可憐な菊を思わせます。菊は秋を代表する花のひとつですが、夏、冬、そして春に咲く品種も多くあります。『春菊』は、「雛菊」や「都忘れ」のような春に咲く可憐な菊を思わせ、紅のそぼろを花弁、黄のそぼろを花芯に見立てた意匠です。春の明るさに満ちた色合いです。
とらやのきんとんのそぼろ、美味しいです~♪加えて餡は美味しいし、二重に包餡されているのが、また美味しいんですよね。ただ時々カピカピしたそぼろに出会います(^^;
▼桃の里
12086.jpg12087.jpg
◎求肥製 白飴餡入 -昭和9年(1920) (486円)
カルメラの食感もお楽しみいただけるお菓子。紅色の求肥に白のカルメラをまぶし、桃源郷のように桃が咲き匂う山里の情景を表現しました。
カルメラという名の表面の飾りが面白い食感です。あの子供の頃縁日で食べたカルメラ焼きと同じ材料の小粒版なのでしょうか?柔らかい求肥製の餡にカリカリのカルメラが良いアクセントになっています。いや~職人さんのアイディアは凄い!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・1月後半 [とらや]

とらやの1月後半の生菓子の紹介です。今回は伊勢丹新宿店で購入。
▼朝
11812.jpg11813.jpg
◎きんとん製 御膳餡入 - 昭和48年(1973) (486円)
朝日を受けて万物が輝くさまを表わしました。昭和49 年(1974)の宮中歌会始のお題「朝」にちなみ考案されました。 黄のそぼろの上に紅のそぼろを配した意匠は、朝日を受けて万物が輝くような情景を思わせます。
花だと紅色のそぼろの上に黄色のそぼろが乗りますが、逆の色使いが面白いですね。
「とらや」のきんとん製では、中の御膳餡がとても美味しくて好きです。
▼福寿草
11814.jpg11815.jpg
◎羊羹製小倉餡入 - 平成12年(2000) (519円)
華やかな黄金色の福寿草を表わしました。福寿草は、開花がちょうど旧暦の新春にあたることから、「元日草」「朔日(ついたち)草」とも呼ばれます。小倉餡を黄と緑を重ねた羊羹製で包みこみ、黄色のそぼろをのせ、華やかな黄金色の福寿草を表現しました。
「とらや」のこのシャープな角の切り取り好きです。機械的な美しさですが、手作りなんでしょうね。本当に綺麗に整って惚れ惚れします。きんとん製や黄身時雨で見掛ける福寿草の意匠も、またちょっと違った印象を受けますね。植木鉢?箱庭?重なった生地が微妙な色のニュアンスを醸し出して美しいです。中の粒餡もgood!
▼木花文庫
11816.jpg11817.jpg
◎薯蕷製白小倉餡入 - 大正3年(1914) (486円)
梅模様の手箱をかたどりました。「木花」とは梅の雅称で、「文庫」とは手箱を意味します。四角形の薯蕷製の表面に結び紐と二輪の梅の焼印を配し、梅模様の手箱を意匠化しています。
変化自在の薯蕷製ですが、中央のリボンで「手箱」に見えてしまうから不思議です。見た目も可愛いのですが・・・この中の白小豆餡がまた美味しいのです。普段手亡豆が多いからそう感じるのでしょうか?この白餡をガッツリ食べたいな~と思いました(笑)
▼若緑
11818.jpg◎薯蕷製 - 干菓子として元禄7年(1694) (454円)
瑞々しい松の若葉を思わせるお菓子。寒さ厳しく花の彩りも少ない季節には、松の緑がことさら鮮やかさを増します。紅・白・緑を3段に配した『若緑』は、瑞々しい松の若葉を思わせます。
シットリした生地で美味しいです。中央は白小豆餡になっていますが、私は粒餡の方が好みかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・12月後半 [とらや]

とらやの12月後半の生菓子の紹介です。今回は銀座店で購入。
いや~年末が近いからなのか?、普段以上に店内はごった返していました(^^;
▼玉手箱
11573.jpg11574.jpg
◎羊羹製 小倉餡入 - 宝永5年(1708) (486円)
玉手箱の「玉」は美称であり、美しい手箱を意味します。四隅を折り、餡を包んだ意匠は古くから伝わるもので、愛らしい手箱を思わせます。
とても綺麗で丁寧な仕事だと思います。機械で作ったかのような綺麗な角と曲線です。職人技ですねぇ。もちろん味も美味しいです。
▼山に遊ぶ ★平成28年の干支「申」にちなんだお菓子
11575.jpg11576.jpg
◎羊羹製 白餡入 - 平成27年(2015) (443円)1月15日まで発売
ニホンザルは、日本固有の猿で、紅い顔と茶色い毛並が特徴です。紅と茶色の二色を茶巾絞りにした『山に遊ぶ』は、山の中で楽し気に遊ぶニホンザルを思わせます。
解説を読むまで、サルの意匠だと気付きませんでした(^^;
言われてみれば、お猿さんの顔?と言うよりお尻に似ている?味は普通でした。
▼見ざる 言わざる 聞かざる ★平成28年の干支「申」にちなんだお菓子11577.jpg11578.jpg
◎桃山製 特製白餡入 - 平成27年(2015) (389円)1月15日まで発売
目、口、耳をそれぞれ塞いだ三匹の猿は「三猿」とよばれ、「他人の欠点や過ちは、見ない、言わない、聞かない、とするのが良い」という教えであるとも言われます。『見ざる 言わざる 聞かざる』は、身を寄せ合う三猿をかたどったお菓子です。
良く見てもちょっと分かりづらく、菓銘を見て「あ~」と納得できる造形です。どちらかと言うと遠くから眺めた方が分かりやすいかも?味は普通の桃山の感じでした。
▼心百花 ★平成28年のお題「人」にちなんだお菓子
11571.jpg11572.jpg
◎求肥製 白餡入 - 平成27年(2015) (486円)1月15日まで発売
「十人十色」という言葉があるように、人それぞれ考えや感性は異なります。『心百花』は、人の心が花の種類のように数多(あまた)あるさまを、色とりどりのカルメラで表わしました。
表面の綺麗な粒々がとても甘いので何だろう?と思ったらカラメルだったのですね。人其々の心の在り様を綺麗な色彩で表現され、和菓子の意匠の奥深さを感じます。
毎年の「お題菓」を各店で見比べると、尚更面白いですよね。
あ、もちろん餡も美味しかったです(*´∀`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・12月前半 [とらや]

とらやの12月前半の生菓子の紹介です。今回は東京ミッドタウン店で購入。
▼幸笑み
11539.jpg11540.jpg
◎餅製 (486円)
瑞々しい餅製で餡を包み表面に目と頬を描いておかめを模った、おめでたい意匠です。
東京ミッドタウンで開催されている企画展「笑う和菓子」に合わせて作られた生菓子。ミッドタウン店でしか手に入らないようです。味は普通のお餅と餡ですが(笑)見ているだけで笑ってしまいます。耳を付けたらムーミン似?
※販売期間:12月2日(水)~2016年3月21日(月)
※12月29日~2016年1月15日/3月1日~3日を除く。
※12月29日~2016年1月15日までは「笑顔饅」が販売されます。
▼焼芋形
11541.jpg11542.jpg
◎羊羹製 芋餡入 - 弘化4年(1847) (486円)
『焼芋形』は、さつま芋を使った餡を羊羹製の生地で包んで表面に焼き目を付け、焼芋そっくりにおつくりしたお菓子です。
芋餡がとっても美味しい!芋そのものの味がします。程良い上品な甘さで見た目も可愛いです。見た目が地味なせいなのか?これだけ結構残っていました。味は美味しいのに!
▼祇園坊
11543.jpg11544.jpg
◎求肥製 飴餡入 - (祇園坊柿形として)天保11年(1840) (486円)
飴餡を求肥で包み、和三盆糖をまぶして、白い粉をふいた干柿をかたどりました。柿の品種名である祇園坊から菓銘がついたとも考えられています。
これすっごく美味しい~~~~~~~~♪私的には久々の大ヒット商品でした。
和三盆糖と飴餡が口の中で一つになった時の味が絶妙!!物凄く甘いんですけど(笑)
これが1840年に商品化されていたとは驚きです。さすが「とらや」。
エスプレッソやお抹茶なら濃茶くらい濃厚な渋み、苦みの飲み物に合います。
来年も販売されるなら、早めに買いに走ります(^^;
▼夕吹雪
11545.jpg◎薯蕷製 - (夕吹雪として)正徳元年(1711) (454円)
真っ白な雪景色は、日本の冬を代表する美しさです。緑色の羊羹を白と黄色の薯蕷製で挟んだ『夕吹雪』の意匠からは、吹きすさぶ風雪の中にも、どこか暮れ残ったほの明るさが感じられます。
薯蕷製の部分の生地も羊羹もしっとりで、食感が統一され美味しいです。300年も昔の職人さんが、吹雪の様をどう感じていたのか興味惹かれる意匠です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「とらや」の生菓子・11月後半 [とらや]

とらやの11月後半の生菓子の紹介です。今回は東京ミッドタウン店で購入。
▼林檎形
11485.jpg11486.jpg
◎羊羹製 白餡入 - 天保11年(1840) (486円)
林檎をかたどった愛らしい意匠。林檎は、中国よりもたらされたといわれています。『林檎形』は、愛らしい果実のみずみずしさ、甘酸っぱさを感じさせます。
今風の形状ですが、1840年に初お目見えというのに驚きです。
もちろん見た目だけで林檎の風味はしません(笑)でもパッと見、姫林檎っぽくも見えるのです。案外脳が勘違いして風味を感じる人がいるかもしれませんね。
▼小倉野・白
11487.jpg11488.jpg
◎求肥角芯入 - 棹菓子として正徳元年(1711) (486円)
小倉山一帯の嵯峨菊を表わしました。古くから、京都嵯峨、小倉山一帯は小倉と呼ばれていました。白小倉餡で求肥を包んだ『小倉野・白』は、嵯峨菊を思わせます。
この白小倉餡が美味しい~~!!中の求肥とのマッチングも絶妙に美味しい!
画像だと分かり難いのですが、ちゃんと菊の形をしているのです。小豆を使った小倉餡も好きですが、白小倉餡も大好きです。来年はもっと早くから買ってリピートしたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る