So-net無料ブログ作成
検索選択

ペギーポーションさんの桜のシュガーアート製作デモ [お稽古・お菓子]

◆ペギー・ポーション氏による桜のシュガーアート製作デモンストレーション
14907.jpg14908.jpg
只今日本橋三越で「英国展」が開催されています。
そのイベントの一環で、シュガーアートの第一人者ペギー・ポーションさんのデモを拝見する事が出来ました。A、B2パターンに分かれ運良く両方受講する事が出来ました。
今回はフラワーペーストを使った桜のデモンストレーションです。
14909.jpg14910.jpg
14911.jpg14912.jpg
14913.jpg14914.jpg
14915.jpgワイヤーを使って桜の蕊から作ります。解説を聞いていると昔パーパーフラワーを作っていた時のやり方と同じようで懐かしくなりました。花弁や葉はペーストに色を着けて型で抜き、シリコン製の型を使ってリアルに筋などを付けた後で色を施します。
蕾、花、葉夫々のパーツが出来たら、一枝になるようにテープで巻いて固定し仕上げます。
▼購入本
14860.jpgこちらの2冊が、前回訪れた時に購入した本です。
運悪く、私の前に購入した方まではサインが頂けたのですが、私の時は休憩中だとかでサインを頂く事が出来ませんでした。それならば今日買えば良かった。
どうしてこうタイングが悪いのでしょう~(;;)
全員にサインが書かれた色紙を配られたのですが、やっぱり本にサインの方が良いぞ!

ポーションさん、日本橋三越のスタッフの皆様、ありがとうございました(*´∀`)ノ
毎年英国展は日本橋三越で開催されているみたい。また来年も来たいです。
nice!(0)  コメント(0) 

ティーコージー [雑貨]

14864.jpg14865.jpg
只今日本橋三越で開催中の「英国展」。
ブラブラ物色中に可愛いもの発見!鶏のティーコージーが。絵柄が沢山あって選ぶのに迷いました。最初は鶏と卵のパターンのキッチュな絵柄に目を奪われたものの、結局は無難な花柄に落ち着きました。可愛いけどキッチンで浮くのはちょっと(^^;
私のティーポットは小さいので、こんなに大きいのもどうかと思いましたが、鶏デザインは捨てきれませんでした。丈夫なキルティング製で長持ちしそうです。
一緒に紅茶も購入したので、秋の夜長のお伴にしたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

ハリケーン「イルマ」 [日常]

14851.jpg先日カリブ海の島々を襲い、甚大な被害も齎したハリケーン「イルマ」。一時最も強いカテゴリー5まで発達したものの、一旦カテゴリー3まで勢力を落としました。
しかし再びカテゴリー4に発達し、今度は進路を北寄りに変えてキューバから米国フロリダへと近付いています。
日本時間19時の中心気圧は929hPa、最大風速は約60m/sで北西に時速13kmで進んでいます。
今後はハリケーンの北上に伴い、マイアミ周辺で瞬間的に35m/s、フロリダ半島西岸では瞬間的に60m/sを超えるような暴風が予想されます。総雨量は、フロリダ半島南部の多い所で400mm前後、フロリダ半島の広範囲で150~250mmに達する見込みだそうです。

米国はついこの前、ハリケーン「ハービー」の影響で大洪水が起きたばかり。
台風よりもハリケーンは勢力が強いので想像つきません(^^;
昨秋、マイアミを出航しカリブ海の島々を巡り、フロリダ半島のキーウエストへも行きました。キーウエストの猫ちゃんたち、そして周辺住民の皆様どうぞご無事で。
nice!(0)  コメント(0) 

UCC・美味しい日本茶とコーヒーを楽しもう 第2弾! [お稽古・お菓子]

◆美味しい日本茶とコーヒーを楽しもう!!第2弾
 ~手もみ茶や焙煎工程からくる味わいを学んでみよう~
9月10日10時00分~開催されたUCCコーヒーアカデミーのセミナーに参加しました。
14866.jpgセミナーを通じ、ご家庭でも美味しい日本茶や、コーヒーを楽しんで頂けることを目指します。現在、多くの場面で日本茶が注目されています。2013年12月に和食がユネスコ無形文化遺産に登録された事から、和食には欠かせない日本茶が、コーヒーと同様に海外からの注目を集めています。製法や規格などの基礎的な内容から、日本茶やコーヒーの美味しい淹れ方をポイントを踏まえ実習していただきます。
講師は前回に続き、全国手もみ技術競技大会チャンピオンで根本園6代目の根本茶師と、ハンドドリップ日本チャンピオン、UCCの土井氏でした。
14867.jpg14868.jpg
14869.jpgまずは、茶葉と茶葉を蒸したもの。手揉み作業途中のもの、完成品のサンプルを見せて下さいました。この茶葉は10日間ほど日除けをした被せ茶だそうです。
青臭い蒸されただけの葉が、水分を飛ばしながら揉まれる事で段々と色、香りを変化させ、形も針のように整ってきます。茶葉は天候により30~60秒蒸すそうですが、この「蒸し」で味が決まるそうです。
▼手揉み茶の試飲
14870.jpg14871.jpg
14872.jpg14873.jpg
14874.jpg小ぶりの湯飲みに茶葉を入れ、香りを立たせる為に90℃位のお湯を数滴茶葉に掛けます。この時香りを嗅ぐと、お茶の良い香りが楽しめます。1煎目は水を掛け(茶葉3gに対し水30ml)5~10分ほど掛けてゆっくり茶葉が開くのを待ちます。2煎目、3煎目を飲むなら茶葉が開き切る前に頂きます。2煎目は60℃、3煎目は80℃のお湯が適温とされています。
水出しは玉露の様に甘く濃厚な味わい。2、3煎目も美味しく味わえました。
茶葉は食べる事も出来ます。
14875.jpgお茶も珈琲の様に焙煎をして仕上げます。珈琲用のロースターでは量的に無理なので、焙烙を使って茶葉の焙煎を見せて頂きました。炒る度に香ばしい良い香りが辺りを漂います(*´∀`)
参加者も焙烙を回して焙煎体験をしました。
なので、ちょっと焙煎しすぎる結果に(笑)
水色が緑から黄色に変化しています。
▼焙煎前
14876.jpg14877.jpg
▼焙煎後
14878.jpg14879.jpg
▼お洒落なティードリッパーで水出し茶
14880.jpg14881.jpg
14882.jpg14883.jpg
2時間ほど掛けて氷水で冷茶を準備して下さっていました。
茶器は本来は紅茶用なのかな?ハリオのティードリッパーラルゴです。
前々から興味があったので実物を見て益々欲しくなりました。物欲が~(;´Д`)つ➉
ボタンを押すと、下に置いたサーバーにダーッとお茶が落ちる仕組み。
14884.jpg14885.jpg
今回お茶の話、体験ばかりで、このまま終わってしまうのか?と思ったら!最後に2つの珈琲の飲み比べがありました。
この2つは何方も同じベトナム産のアラビカ豆。ただ焙煎の温度、時間が違うのだそうです。2人の焙煎師がイメージする珈琲の味を、どっちが好みか?で挙手しました(笑)
元々私は深煎りが好きだったのですが、このUCCのセミナーで酸味系のもの、浅炒りのものを飲む内に・・・酸っぱいのが苦手じゃなくなったかも?不思議だ~(;´Д`)
焙煎は只決まった温度、時間を守ってするのではなく、焙煎師の「想い」が加わっているのだと改めて知る機会となりました。奥が深いわ~(*´∀`)
今回も貴重な体験、お話をありがとうございました。
▼お土産
14886.jpg14890.jpg
お土産に根本園の煎茶を頂きました。
可愛いお洒落なパッケージに30gの小分け。ちょっとずつ色々飲みたい女子向けかな?パッケージ毎に香り、色、濃さの表示が書いてあるので、好みの物を選びやすいです。
▼お買い物
14887.jpg14888.jpg
14889.jpg前回、茶器を販売して欲しいと要望があったそうで、蓋無しの急須を用意して下さっていました。以前本で、この急須で氷水出し茶を淹れてあったのを見て欲しかったもの。茶濾し部分も取り外しが出来洗える優れものだそうです。なので購入(笑)2000円也。
また今回試飲させて頂いた手揉み茶も小分けで販売されていたので2つ購入しました。5g500円也。
自宅でプチ贅沢!貴重な手揉み茶を堪能させて頂きます。

11月末~12月頃に第3弾が予定されているそうです。詳細は未定とのこと。
都合が合えば、また参加させて頂きたいです。
nice!(0)  コメント(0) 

ウォーカーの焼きたてショートブレッド [お菓子]

只今日本橋三越で開催されている「英国展」。
会場内をブラブラしていると、良い匂いと共に長蛇の列が!
行列を見ると訳が分からずとも並んでみたくなる習性(笑)列が動くにつれて焼きたてクッキー(ショートブレッド)だと分かりました。会場内で焼いているのです。
14847.jpg14848.jpg14849.jpg
太い棒状のクッキーを薄くカットして天板に並べ焼いています。
スマホ翳したら、お兄さんが手を振って笑顔を返してくれました。
このブランドウォーカーの4代目さんらしいです(*´∀`)
14857.jpg14858.jpg
14859.jpg一箱3枚入りで648円也。
少々割高ではありますが、焼きた立てってなかなか食べる機会が無いので購入してしまいました。小さく見えますが、直径7cm、厚みは7mm前後で結構ボリュームがあります。昨今のバター多めのクッキー慣れているせいか、ややバター不足の感はありましたが美味しかったです。御馳走様でした。
nice!(0)  コメント(0) 

ユイミコさん新刊本出版記念スペシャルデモ [お稽古・お菓子]

14850.jpg14852.jpg
大人気和菓子ユニット、ユイミコさんの新刊『ユイミコ謹製抜き型付き 初めての和菓子』発売を記念して、自由が丘クオカでデモンストレーションが開催されました。
立ち見なら、どなたでも無料で見る事が出来ましたし、着席の場合(限定20名)は、本代1620円のみで見る事が出来ました。型付きのレシピ本にも興味があったので、私は着席で拝見しました。年齢的に足腰が(笑)
14853.jpg14854.jpg
14855.jpg14856.jpg
今回のデモは、著書の中のレースの羊羹でした。
薄く敷いた羊羹を型で抜き容器の側面に貼り付けているのですが、見栄え良くとっても可愛かったです。型で抜いた羊羹は飾りとして使えます。
デモでは本に書いてないテクニックも紹介してくださいました。
本には他にも色々可愛いレシピが掲載されています。その紹介はまだ後日!
そしてこのレシピ本の肝はユイミコ謹製抜き型です。
これから和菓子を始めよう!と言う方にはお薦めです。ステンレスや真鍮の型に比べてプラスチックの型はとてもリーズナブルなのです。
私は持っている型もあったのですが、このお値段ならと購入しました。
同梱されている型は桜の花びら金魚モミジの6種です。
組み立てれば6個の型を収納できる厚紙付きです。
この型抜きは、和菓子だけでなく、洋菓子にも応用できますから嬉しいですね。
終了後には、本に両氏のサインを頂きました(*´∀`)
そしてこのデモ、日本テレビの取材が入っていました。オンエアいつだろう?
帰ろうとしたら、日テレの報道局の方からインタビューを頼まれたのですが、顔、名前が出るそうなのでお断りしてしまいました。TV局の方ごめんなさい。
実はもう随分前に、やっぱり日テレのインタビューに出た事があるのよ。
私ですらそのオンエアを見ていなかったのに、複数の方から「TVに出てたでしょ」って言われて。ニュースの中のほんの一瞬のインタビューなのに!いや~世の中って狭い!って思いました(笑)それ以来モブ以外はお断りを。

ユイミコさん、クオカスタッフの皆様ありがとうございました。
この型、レシピ本を使って作ってみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

今日は「重陽の節句」 [季節の行事]

本日9月9日は五節句の一つ重陽の節句です。
14846.jpg中国では奇数が演技の良い「陽」の数字と考えられており、その中でも一番大きな数字である9が「重なる」九月九日を「重陽の節句」として祝うようになりました。別名「菊の節句」と言われるのは、旧暦の九月九日は、新暦の菊が咲く頃の十月に当たり、菊の花びらを酒に浮かべて飲んだり、邪気を払い長命を願う習慣があったからだと言われています。
因みに、節句とは・・・ 下記の5つです。
・人日(1月7日)
・上巳(3月3日)
・端午(5月5日)
・七夕(7月7日)
・重陽(9月9日)
他に比べると知名度は低いのですが、最近では9日が近くなるとスーパーに食用菊が置かれたり、菊に因んだ和菓子が置かれたりと、徐々に浸透しているように思います。
お酒メーカーさん、菊の生産者さんと組んで商業化してみては?
余計なお世話でしたね(笑)

和菓子では、この頃になると菊の生菓子が登場します。
特に「着せ綿」というお菓子。以下の事柄に因んだお菓子になります。
菊の着せ綿とは、重陽の節句に行われる宮中の習慣で、重陽の季語でもあるそうです。
平安時代の貴族の習慣で、重陽の日に菊の花に植物染料で染めた黄色の真綿を被せ、明くる早朝に朝露を含んだ綿を菊より外し、その綿で体を拭えば菊の薬効により無病であるといのです。
近世になると、白菊には黄色い綿、黄菊には赤い綿、赤菊には白い綿を使い、色を変えた小さな綿で蕊を作る、という風に、色々と細かい決まりもできてきたようです。
何れも古くは京都・上方地域の一部に残った風習でしたが、昨今では見られません。
今では医学が発達し、菊の薬効に頼らなくても良くなりましたが優雅ですね。
nice!(0)  コメント(0) 

太陽フレア「Xクラス」 [サイエンス]

14829.jpg太陽表面の爆発現象「フレア」が6日夜観測され、太陽から放出された電気を帯びた大量の粒子が8日午前9時頃から地球に到着し始めたそうです。
昨夜辺りからGPSなどに影響が出るかも?と注意を呼びかけていましたね。
6日の爆発は最大級で、エックス線は通常の1000倍だったそうです。
フレアの規模を示す5段階の等級では最大級の「Xクラス」で、2006年12月以来とのこと。当初、8日午後3時から9日午前0時頃にかけて太陽からの粒子が地球に到達するとの見通しを、情報通信研究機構は示していましたが、今回の爆発規模は想定以上に大きかったようで地球への到着が約6時間早まったそうです。
現時点では大きなトラブルの報告はないものの、今後2~2日程度は影響が出る可能性があるそうです。またNASAによると、今回のものより規模は小さいもののXクラスのフレアを7日も観測したそうです。

先日来から、某国が敵国上空で核弾頭を破裂させ電磁パルス(EMP)攻撃をする!と嘯いていましたが、実際問題として太陽フレア対策としても早急に対応する必要があると思うのです。日本の対応は遅れていると聞きます。
過去の事例としては、1989年にカナダで大規模な停電が起こっています。
電気だけでなく電子制御されているもの全てに影響が出て、それが大規模で起こるって事ですよね?先進国ほど影響が大きいのでしょうね。
いやはや、ベテルギウスのガンマ線バーストも怖いけど、身近な太陽の爆発(フレア)も怖い。人間ごときにはどうすることも出来ない自然の節理なんですね(´・ω・`)
ノウイング、また見たくなっちゃった。
nice!(0)  コメント(0) 

ペギーポーションさんのアイシングクッキーデモ [お稽古・お菓子]

◆ペギー・ポーション氏による3種のアイシングクッキー製作デモンストレーション
只今日本橋三越で「英国展」が開催されています。
そのイベントの一環で、シュガーアートの第一人者ペギー・ポーションさんのデモを拝見する事が出来ました。たまたまHPを覗いて知ったので本当にラッキーでした。
ポーションさんは素敵な笑顔で、丁寧に教えて下さいました。
14832.jpg14833.jpg
14834.jpg14835.jpg
テーブルには色々なお道具が。シュガーアートは詳しくないので興味津々です。
14836.jpg14837.jpg
ロイヤルアイシングの作り方、色の混ぜ方から教えて頂きました。
14838.jpg14839.jpg
シリコンの型にシュガーペーストを詰めて作るお花。クッキーに貼り付けます。
14840.jpg14841.jpg
本日のデモで作って頂いた作品。一番大きな蝶は10cm以上はありそうな大きさです。
14842.jpg14843.jpg
ドットや雫など模様を作る色々なテクニックも教えて頂きました。
14844.jpg14845.jpg
シュガーペーストで作った花は、筆に色粉を付けて細部まで彩色して仕上げます。
14831.jpg
この本は、もう随分昔にアマゾンで購入したもの。
表紙のあまりの美しさにポチリました。
当時も今もシュガーアートには疎く、このイベントに申し込んだ後、本の著者がポーションさんだと知りました(^^;
今回2冊の本も販売されていました。アマゾンで買った方が安いのかな~と思いつつも、買ってしまいました。シリコンの型も。本はサインを頂けず残念でした(;;)
クッキーの型はちょっとお高め。悩み中です。後日ケーキのデモにも参加の予定なので、それまでに決心を(笑)

ポーションさん、日本橋三越のスタッフの皆様、ありがとうございました(*´∀`)ノ
シュガークッキー作ってみたい!と思えました。難しそうだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

今日は「白露」 [季節の行事]

14973.jpg今日は、二十四節気の一つ「白露」です。
夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから「白露」と名付けられました。この日から中秋となり、この時期の満月は“中秋の名月”と言われます。
今年の中秋の名月は10月4日です。
朝、夕は若干過ごし易くなりましたが日中は相変わらず蒸し暑いですね。
外から帰ると、もう汗だくです~(;´Д`)
それでも夜になると草叢から虫の音が響き、季節の移り変わりを感じます。
日中の蝉の声もツクツクホウシに変わりました(笑)
体は外気の暑さ寒さについていけませんが自然はゆっくり季節の間を移ろっています。
心地よい秋が長い事を祈るばかりです。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る