So-net無料ブログ作成

スペイン・マジョルカ(マヨルカ)島 [観光]

先日ウィンブルドンテニス2011の決勝の様子をご紹介しました。
その時に、決勝で敗れたラファエル・ナダルがマジョルカ島の出身で、私は以前この島を観光で訪れた事があると書きました。ナダルは、東部の町マナコルの出身だそうです。
2005年の事なのですが、画像を引っ張り出してみました。
▼パルマ・デ・マヨルカ大聖堂
5088.jpg5089.jpg
船でパルマ湾に入ってくると、徐々にパルマの町が近づくにつれ、町の中心に小さな塔が多い大建築物が見えてきます。 それが「ラ・セオ」こと、大聖堂です。
マヨルカを征服したハイメ1世によって1230年建築が開始され、完成したのは16世紀です。ゴシック様式の内部は天井が非常に高く、特に中央部分は高さ44メートルという壮大なスケールです。前方を見上げると、巨大なバラ窓(直径11メートル)が明りを受けてカラフルな彩りを見せて輝いています。中央祭壇では、バルセロナに多くの傑作を残したガウディのデザインによる、珍しい鉄製の天がい飾りに注目です。
MSCリリカに乗って、パルマ湾に寄港したので、スペイン観光局の解説の通りに大聖堂が見えてきました。
5090.jpg5091.jpg5092.jpg
画像中央のステンドグラス下に、ガウディのデザインによる、鉄製の天蓋飾りがあります。
この時は、現地在住の日本人ガイドさんだったので、色々お話が聞けてよかったです(*´∀`)
他にも色々撮影していますが、デジカメの性能が悪く、トホホな色調に・・・
今のカメラだったら、もっと綺麗に撮影できたのになぁ~と、ちょっと残念です。
この大聖堂は、スペイン国内で3番目に大きな大聖堂なのだそうです。
▼闘牛場
5093.jpg5094.jpg
オフシーズンだったので、無人の闘牛場の見学です。
マタドール(闘牛士)の衣装は美しいし、牛捌きも見ものですが・・・殺すのはちょっと(^^;
オフシーズンでよかったかも・・・です。
▼ベルベル城
5095.jpg5096.jpg
ベルベル城は、ハイメ2世王の居城です。城は丘の頂上にあり、ゴシック様式です。
見晴らしがよいという意味の「ベルベル」の名前通り、丘の上に建ち、眼下にパルマの街と湾を見下ろす素晴らしい眺望です。城は円型で、建物の中央をくり抜くような丸庭が印象的です。この城は夜にはライトアップされ、市内や海からは暗闇に浮び上って見えます。
こちらへ到着したら、滞在時間が「5分しかありません」と言われましたヽ(゚Д゚;)ノ
なので城内を観光する事が出来ず残念でした~(´・ω・`)
どうでもいい特産品の人工真珠店で時間を費やしたので、ツアーに参加した方々(私も含めて)は、ガイドさんに文句言いまくりでした(笑)
5分しかなかったので、近くをウロウロしていたウサギさんをパチリ(笑)

まだまだ見どころは沢山ある観光の島。それがマジョルカ(マヨルカ)島です。
表記が「マジョルカ」「マヨルカ」「マリョルカ」だったり、ややこしいです~(^^;
他に、結核療養の目的でマヨルカに滞在したショパンの記念館があったりもします。
駆け足の観光でしたが、また行ってみたい島ですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0