So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

生産者が教えるシリーズ!(9) [お稽古]

博多阪急で定期的に開催されている「阪急うまか研究所」のセミナー。
今回参加したのは、生産者さんを招いて食についてのお話や調理方法を教えて頂くセミナーの第9回目でした(私は1回2回4回5回6回7回8回に参加致しました)
今回の内容は『セロリの美味しい食べ方。セロリズッペンを活用した煮込み料理を教えます』でした。
講師のお一人目は、みやま市瀬高町でセロリズッペン研究会を主催されている、森弘子さん。
セロリの生産者さんではないのですが、地元瀬高町のセロリを使った加工品を研究・販売されている方なのです。
そしてもう一人の講師は、毎回生産者さんと受講者の橋渡しをして下さり、試食を作って下さる株式会社トータルオフィス・タナカの田中美智子さんです。

▼今朝獲れたばかりのセロリ       ▼セロリズッペン
5891.jpg5892.jpg
5893.jpg「ズッペン」とは、ドイツ語でスープを意味します。
セロリズッペンは、「セロリ」をベースに「エノキ茸」「エリンギ」「しめじ」「玉葱」「紫玉葱」「人参」の7種類の野菜を乾燥させた『スープの素』なのです!
セロリ多めの「セロリズッペン」、茸多めの「きのこズッペン」、玉葱多めの「玉ねぎズッペン」の3種類があります。
この材料は、みやま市の瀬高町(きのこ以外の野菜)と大木町(きのこ3種類)で作られた物ばかりで、収穫後直ぐにカット、乾燥(20時間掛けてゆっくり乾燥させ、栄養素を壊さない様にしているらしい)して商品化しているそうです。
こんな大きなセロリの株を見たのは初めて(笑)この様に素敵な化粧箱もあるそうです。
セロリは苦手な私・・・<何故参加したかは突っ込まないで~(;´Д`)
夫も苦手なので、セロリを買う事はほとんどありません。
ですが、たま~にスープや煮込み料理で少量使う為に何度か購入した事はありました。
その残りは冷蔵庫で干からびて・・・(ごめんなさい^^;)
今回そのセロリを乾燥させた物が商品化されたと知り、必要な時に必要な分だけ使えば、無駄に廃棄しなくて済む!と思い興味を持ったのです。
▼生セロリ                ▼セロリの葉の粉抹
5895.jpg5894.jpg
細かく刻んだセロリは食べた事はありましたが、この大きさの物は「生まれて初めて」食べました(笑)が・・・あれ~~?とってもジューシーでセロリ臭さが無い!拍子抜けしました。
噛むと、物凄く水分が口の中に溢れるのです。
セロリの風味はしますが、ツーンとする臭さは感じません。
私でも食べられる~ヽ(*゚∀゚*)ノ<ビックリ~
瀬高町のセロリの品種は「コーネル種」で、あまりセロリ臭くないそうです。<ナルホド~
瓶に入った粉末状の物は、セロリの葉を粉末加工したものだそうです。
まだ商品化されていないそうですが、試食させて頂くと、風味はするものの臭味は無くトッピングとして活用できそうです。
▼シンプルスープ(ベーコン無し)    (ベーコン有り)
5896.jpg5897.jpg
シンプルスープは、きのこズッペンに水、ベーコン、塩、胡椒だけで作ったスープです。
今回ベーコン有りと無しで食べ比べてみました。
フリーズドライ製法とは違うので、少しコトコト煮込みます。なので野菜の旨味がタップリ出て少量の塩、胡椒でも十分美味しいスープが出来ました。
▼ズッペンご飯              ▼ビーフシチュー
5898.jpg5899.jpg
ズッペンご飯は、お米を炊く時にきのこズッペン、塩、好みで縮緬じゃこ等入れるだけです。
簡単に炊き込みご飯が出来ます(*´∀`)
ビーフシチューは、肉が~~~(lll・ω・`)でした(私は肉嫌い~)スープ自体は美味しかったです。
肉を炒めた後、セロリズッペンと水を入れ肉が柔らかくなるまで煮ます。
その後トマトと好みでシチューの素を入れ味を整えます。今回はシチューのルー無しでした。
今回4種の試食を頂きました。が、生のセロリが一番美味しかったという(笑)
セロリズッペンを使った料理は、この他ミートソースやカレー、クラムチャウダーなど色々使えますし、ちょっと野菜が少ないと思った時に足す事も出来、使い勝手良さそうです。

みやま市瀬高町は、福岡県内で唯一のセロリ生産地。全国3位の出荷高だそうです。
瀬高町は矢部川の下、砂地がセロリの栽培に適していたのだそうです。そんなセロリ栽培の切っ掛けは、戦後長崎(佐世保)周辺に住む米軍関係者向けに始めたのだそうです。
品種は先にも書きましたが、白っぽいコーネル種。臭みが少なく日本人好みで、国内生産量の90%はこれだそうです。
逆にアメリカ人に好まれるのが、茎まで緑色のグリーンセロリでセロリ臭いそうです。
セロリの旬は寒い時期で、11月中旬~6月頃まで出荷されるそうです。

▼お土産
5900.jpg5902.jpg
あの大きなセロリの株を、分けて頂きました。
最盛期になると、1.5~2倍の大きさのセロリも出廻るそうですヽ(゚Д゚;)ノ
頂いたセロリは・・・
今までちょっと憧れていても出来なかった、『生のセロリをガブッと齧る』をやってみました(笑)
このセロリなら出来る!と、思ったので。ジューシーで旨い~~(*´∀`)Ъ
TVのCM?ではマヨネーズを付けたりしていましたが、何も要りません!そのまま生で齧っても十分美味しかったです。実は葉以外はそのままガブガブ食べてしまいました(笑)
▼セロリズッペン3種類
5901.jpg今回お披露目用として、15g入り(350円)の小袋を販売して下さいました。通常販売は、20g入り(450円)と、30g瓶入り(980円)だそうです。
緑のラベルは、セロリ多めの「セロリズッペン」
紫のラベルは、玉葱多めの「玉ねぎズッペン」
オレンジのラベルは、きのこ多めの「きのこズッペン」です。
1袋ずつ購入してみました(*´∀`)

最近、会社のランチ用に魔法瓶にスープを入れて持ってくる人が増えているそうです。
TVでは「家でお湯と具材を投入しておくと、昼食頃には魔法瓶効果でトロトロの美味しいスープが出来る」手間無しスープを紹介していました。それを見て、私も夫に持たせる為に魔法瓶買おうかと思っていた所(笑)<TVの術中に引っかかってる~?
そのスープ用に、このセロリズッペン使えそうです。セロリ苦手の夫、味に気付くかしら?(笑)

興味をもたれた方は・・・
【セロリズッペン研究会】
みやま市瀬高町山門1311番地7
森弘子
TEL:090-7463-8566
までお問い合わせ下さい。
または、道の駅みやまにて販売されているそうですよ。
森さんは、いつかは伊勢丹で販売したいと仰っていました。
伊勢丹新宿店に通っていた頃、地下の特設コーナーには毎回立ち寄っていました。
以前紹介した「武雄のレモングラス」や「国産紅茶」「八女のお茶」もこのコーナーでした。
バイヤーさんが、全国、いえ世界の面白い商品を集めて下さるので楽しみでした。
いつか立ち寄った時、セロリズッペンが販売されていたら嬉しいな~(*´∀`)Ъ

セロリズッペン研究会の森様、トータルオフィス・タナカの田中様、博多阪急スタッフの皆様、今日は素敵なセミナーをありがとうございました。ご一緒した班の皆様もお世話になりました。

2011.11.09 AM10:30-12:00


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0