So-net無料ブログ作成

F1ハンガリーグランプリ [スポーツ]

7月29日、F1第11戦ハンガリーグランプリの決勝が開催されました。
PPは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。そしてポール・トゥ・フィニッシュで、今季2勝目を挙げました。丁度オリンピックでロンドン(イギリス)が盛り上がっている時に、優勝しましたね!とは、インタヴュアーさんの言(笑)ハンガリーの空にもユニオンジャックが舞っていました。
おめでとうございます~(*´∀`)

1位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2位:キミ・ライコネン(ロータス)
3位:ロメ・グロジャン(ロータス)
4位:セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
5位:フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
6位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)
7位:ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)
8位:マーク・ウェバー(レッドブル)
9位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)
10位:ニコ・ロズベルグ(メルセデス)

小林可夢偉は、18位に終わりました。
あれ?確か15位だったのに?と、思ったら・・・残り2周でピットに入り、そのままレース終了を迎えたのだそうです。規定周回数に達していたので完走扱いとなったそうです。前回が良かっただけに、今回も期待した人は多かったと思うのですが、順位が上下するから面白いんですよね~(;´Д`)
今回70周が予定されていましたが、スタートで17番グリッドのミハエル・シューマッハがエンジンストールを起こして一旦ディレイ。そのため70周のレースは再度のフォーメーションラップを経て1周少ない69周でスタートが切られました。これは可夢偉にとって、吉だったのでしょうか?
ゆっくり夏休みを取って、リフレッシュして下さい!

ベッテルは、う~~んもうちょっと頑張って欲しかったけど・・・ま~着実にポイントを重ねてくれています。早く2勝目が見たいぞ!( ゚∀゚)o彡°

11戦までのドライバーズポイントの上位5は・・・
1.【164ポイント】フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
2.【124ポイント】マーク・ウェバー(レッドブル)
3.【122ポイント】セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
4.【117ポイント】ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
5.【116ポイント】キミ・ライコネン(ロータス)

コンストラクターズポイントの上位5は・・・
1.【246ポイント】レッドブル
2.【193ポイント】マクラーレン
3.【192ポイント】ロータス
4.【189ポイント】フェラーリ
5.【106ポイント】メルセデス

残り9戦ですからね、まだまだどのように変わるか分かりません!
次の第12戦決勝は、9月2日のベルギーGP(スパフランコルシャン・サーキット)です。
1ヶ月間の夏休みに入るので、ちょっと間が空きますね(^^;
ま~今は世界中がオリンピック一色なので、ドライバーの皆さんも観戦かな?(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0